LGBT の K-Pop アーティストというと、2001年に「Temptation」でデビューした、MtF のトランスジェンダーのシンガー、ハリスと、彼女の成功を受けて2005年にデビューした、韓国初のトランスジェンダーのガール・グループ、レディの例があります。

ハリス バイオグラフィー(Queer Music Experience., 2007.02.06)

レディ バイオグラフィー(Queer Music Experience., 2007.02.06)

そして2017年、いよいよ K-Pop シーンにも、オープンリー・ゲイのアーティストが登場する予定であることが報じられました。

4月7日に、男性向けの美容情報を中心としたニュース・サイト、Very Good Light に、「Meet the first openly gay Kpop star」という見出しの記事が掲載されました。

Meet the first openly gay Kpop star (Very Good Light, 2017.04.07)

この記事によると、マーシャル・バン(Marshall Bang)という、オープンリー・ゲイの R&B シンガーが、今年度中にも K-Pop シーンにデビューする予定なのだそうです。

この Very Good Light の記事には、マーシャル自身による書き下ろしの長大なライフ・ストーリーも、併せて掲載されています。

そして、Very Good Light の記事が出た翌日には、韓国のエンタテインメント・ニュース・サイト Koreaboo も、マーシャル・バンのソロ・デビューと、K-Pop 初のオープンリー・ゲイのアーティストの誕生を報じました。

Koreaboo の記事は、前日の Very Good Light の記事と、2015年8月27日付でソウルのタウン情報サイト TimeOut Seoul のブログに掲載されたインタヴュー記事を参照して書かれたものです。

Marshall Bang soon to be South Korea’s first openly gay K-Pop star (Koreaboo, 2017.04.08)

Interview: Marshall Bang comes out with a bang! (TimeOut Seoul, 2015.08.27)

さらに4月10日には、韓国を始めとするアジア圏やラテン・アメリカ圏のテレビドラマの情報サイト DramaFever も、マーシャル・バンのデビューを報じました。

Meet Marshall Bang, Korea's first-ever openly gay K-pop artist (DramaFever, 2017.04.10)

これらの記事に掲載されていた、マーシャル・バンの経歴について、ごくごく簡単にまとめてみます。

マーシャル・バンは、生まれも育ちも L.A.の、韓国系アメリカ人です。

2012年に、マーシャルは韓国のテレビ局 MBC で放送されているオーディション番組『Star Audition』の第3シーズンに参加。TimeOut Seoul のインタヴュー記事によると、マーシャルは MBC から電話で要請を受けて参加したようです。

残念ながら、マーシャルは16人のファイナリストには選ばれなかったものの、その歌唱力が認められ、レコード会社との契約に成功。今年に入ってからは、マーシャルは MRSHLL の名義で、韓国の DJ Friz の「Resist」や「Release」、Dathan の「Hello Goodbye」といった楽曲に、フィーチャリング・アーティストとして参加しています。

そして、いよいよソロ・アーティストとしてのデビューが決定した、というわけです。

Very Good Light の記事に掲載されているマーシャルの発言によると、マーシャルがオープンリー・ゲイであることについて所属レーベルは非常に支援的であるそうで、マーシャルをサム・スミスのような路線か、あるいはフランク・オーシャンのような路線で売り出すことを考えているそうです。



“Resist”
(DJ Friz feat. MRSHLL)

(2017)




“Hello Goodbye”
(Dathan feat. MRSHLL)

(2017)




4月10日の DramaFever の記事では、韓国の芸能界で初めてゲイであることを2000年にカミング・アウトした、元モデルでタレントのホン・ソクチョンが、カミング・アウトの代償として、その後の3年間は、すべての仕事がキャンセルとなってしまったことにも触れた上で、次のように書いています。


“たとえマーシャル・バンが商業的には成功しなくとも、依然として彼は声明を出していくだろう。我々の知る以上に多くの人々が抑圧を感じていて、疎外されるのを怖れてセクシュアリティを隠さなければいけないような、そのような国にあっては、歯に衣着せぬ芸能人や著名人こそが、すべてを変えられる。もしもマーシャルが大成功を収めてくれれば、さらにすべてはより良くなるだろう。今は2017年、そろそろゲイの K-Pop スターが誕生してもいいころだ。”


マーシャル・バンのデビュー作の具体的なリリース日は、まだ発表されていないようですが、実際に音源がリリースされれば、日本のメディアでも報じられるのではないかと思います。



マーシャル・バンの Twitter のアカウントはこちら。
https://twitter.com/marshallbang



スポンサーサイト
2017.04.15 Top↑
超久々の更新なのに、その内容が宣伝というのもお恥ずかしい話なんですが、でもしっかりと宣伝させていただきますよ!(開き直り)

これまでにも日本のLGBTシーンに多大なる貢献をなさってきた、作家の伏見憲明先生のお店、A Day In The Life(通称アデイ)のウェブマガジン、“アデイonline”が、今月から公開開始となりましたー!

アデイ online | ゲイバー発、LGBTとあなたをつなぐウェブマガジン!
http://aday.online/

で、ですね。

この“アデイonline”で、私こと藤嶋は、LGBTのロック&ポップス史『We Will Rock Q』の連載を担当させていただいております!

気合入れて書いてます! ぜひ読んでください!

『We Will Rock Q』を読んでいただきたいのはもちろんのこと、本体の“アデイonline”自体も、かなり凄いことになってますよー。

何が凄いって、コンテンツの充実ぶりが。

実際に見て、そして読んでいただければ、そのことはすぐにおわかりになっていただけると思います。

まずは、作家の中村うさぎ先生と伏見先生の対談が、いきなりドーン! お二人の鋭い舌鋒が冴えまくります。

そして、連載コンテンツは、古典エッセイストの大塚ひかり先生の『変態の日本史』、そして歌人の枡野浩一先生の【二丁目の一夜の一首】

それから、各曜日を担当なさっているスタッフのみなさんによる連載コラム、“アデイ・コラム”も、これまた個性的です。

アデイというお店は、ミックス・バー(女性のかたや異性愛のかたでも入れるゲイ・バー)なんですが、お客さんだけがミックスなのではなくて、スタッフのみなさんの性別や性的指向も、実にさまざまです。

俗にいう観光バー(女性のかたや異性愛のお客さまがたに楽しんでいただくことを主眼としたゲイ・バー)ともまた違っていて、実にさまざまな性的属性のみなさんが、LGBTをキーワードにして集まってくるお店、という感じ。

お店での話題も本当にさまざまで、二丁目ではタブーとされている(らしい)政治の話題で盛り上がることもあるし、あるいは下ネタで盛り上がるときもある。文化サロン的な雰囲気のときもある。

そんなわけで、アデイでスタッフを務められているみなさんのお書きになるものも、LGBTをキーワードにしつつ、その視点やスタンスは、実に多様なんですよね。

そこがすごく面白いんです。

月曜日を担当していらっしゃるのは、本職の和尚さんで、かつ異性愛男子の、清寛和尚さん。その清寛さんによるコラム『二丁目寺の坊主日記』

火曜日を担当していらっしゃるのは、ゲイ雑誌『G-men』の編集長でいらっしゃった、もちろんゲイ男子のいたるさん。そのいたるさんによるコラム『いたるの部屋』

木曜日を担当していらっしゃるのは、腐女子歴30年という真紀さん(もちろんリアル女子で、本業は主婦でいらっしゃいます)。その真紀さんによるコラム『木曜の腐女子』

ノンケ男子の和尚さんと、『G-men』元編集長と、筋金入りの腐女子主婦。このお三方が、それぞれ連載コラムを担当して、それらが同じ一つのウェブマガジンに掲載されているという、この事実。

これって、ものすごく面白いと思いませんか?

少なくとも私は、ものすごく面白いです。

これぞダイバーシティ! とまで思いますよ、私は。

そして、店長である伏見先生によるコラム『伏見方丈記』や、書評コーナー『本棚のセックス』。さらには、伏見先生が聞き手となって、いまどきのLGBTについて学び直すというコンセプトのインタヴュー・シリーズ『おしえてLGBT!!』

さらには「日本のLGBTを取り巻くアレコレについて無責任に論評する」という、「年齢も職業もジェンダーもセクシュアリティもXな」6名のみなさんによる座談会形式の『うんどう批評』、などなど。

単純に、一読者の立場から見ても、「すげー!」と思いますよ、この多様さと多彩さは。伏見先生ならではのものですよね、これは。



そして、私が担当させていただいている『We Will Rock Q』なんですが。

これは、毎回一人のアーティストにスポットを当てた、LGBTのロック&ポップス史です。

タイトルは、伏見先生にお願いして命名していただきました。めちゃめちゃ気に入ってます。ユーモアがあってキャッチーだし、多様性も反映されてるし。

挿絵を担当してくださっているのは、アデイの日曜担当で、副店長でもいらっしゃる、こうきさんです。こうきさんのイラスト、すごいですよー! こちらもめちゃめちゃお気に入りです。



というわけで、みなさま、ぜひ“アデイonline”のご愛読を、よろしくお願いいたします。



それから、“アデイonline”へのクラウドファンディングも、併せてお願い申し上げます!

https://camp-fire.jp/projects/view/16797

これは私事なんですが、私は『We Will Rock Q』の連載をさせていただく中で、ある一つの大きな目標を決めました。

その大きな目標を達成するためには、“アデイonline”という執筆の場が、私には必要です。

どうか、みなさまのご協力を、何卒よろしくお願いいたします!

2016.12.18 Top↑
こちらのブログではまたもやご無沙汰してしまいました。申し訳ありません。藤嶋です。



さて、この度、Queer Music Experience.本編のほうで、日本の LGBT ミュージシャンの経歴を紹介する『Queer Musicians. - Japanese -』のインデックス・ページを、大幅にリニューアルいたしました。

こんな感じです。
↓↓↓

http://queermusicexperience.web.fc2.com/queer_musicians/japanese_index.html

今回のこのリニューアルは、以前からあった日本の LGBT ミュージシャンのバイオグラフィーのインデックスに、リンク集としての機能も兼ね備えるようにするためのものです。

なんでそんなことを思いついたのかというと。

私は、日本の LGBT ミュージシャンのそれぞれの公式サイトなり関連サイトなりを周回する際に、自分で作成した Queer Music Experience.を基点として使うことが多いんです。

で、そういう使い方をしているうちに、インデックス・ページから各ミュージシャンの公式サイトなり関連サイトなりに直接ジャンプできたほうが、もっと便利だよなー、と思うようになりまして。

それが、今回のリニューアルの動機です。

んでもって、インデックス・ページをリンク集も兼ねたものにするのであれば。

まだ記事を書く準備(リサーチ)が充分にはできていないミュージシャンについても、その公式サイトや関連サイトの URL を載せてしまったほうが、より便利だなー、と。

さらに加えて、私の先代の PC のブラウザのブックマークのバックアップに残っている、ひとむかし前のゲイ・インディーズ・ミュージシャンの公式サイトや関連サイトの URL も、併せて載せておいたほうが、史料としても充実するかなー、と。

リンク集としての機能の充実だけを追及すれば、リンクの切れている URL は無駄で余分で不要なものになるでしょうけれども、別の見方をすれば、リンクの切れた URL というのは、ある事物なり事柄なりの存在と足跡とを示す、立派な「史料」にもなります。

そんな感じで出来上がったのが、この新生インデックス・ページ兼、リンク集です。

名前を掲載しているミュージシャンの数も、一気に激増。

とはいえ。

ここに名前のあるミュージシャンたちの中には、その活動実績が、たとえばCDを一枚リリースしただけ、とか、ゲイ・ライヴ・イヴェントにただ一度出演しただけ、というミュージシャンなども、数多く含まれています。

ていうか、たぶんそういうミュージシャンのほうが、数が多いかも。

その意味で、このインデックス兼リンク集は、「この日本にも、これだけ大勢の LGBT ミュージシャンがいるんですよー」ということを示すものではないです。

だからといって、「日本の LGBT ミュージシャンを漏れなく完全に網羅したもの」というわけでもないです。

このインデックス兼リンク集は、あくまでも、「藤嶋隆樹という一個人が、その存在を把握している日本の LGBT ミュージシャンの一覧」です。

つまり、極めて個人的な性質のコンテンツです。

そもそも、たった一人の力で、この種のリストの決定版を作るなんてことは、どだい不可能な話です。一個人のリサーチ能力とかアンテナの感度なんて、たかが知れている。たとえそれがプロの仕事であったとしても、限界というものは絶対にある。

だから、このインデックス兼リンク集は、永遠に未完成のままです。

未完成だからこそ、今後も随時更新されていきます。

日本のインディー・ゲイ・ミュージシャンに詳しいかたが、このインデックス兼リンク集を見て、「あれ? あのミュージシャン(あるいはバンド)の名前が載ってないぞ?」と感じる場合も、当然あるだろうと思います。が、それはあくまでも、その時点での話であって、名前が載っていないこと自体に深い意味があるわけではありません。

あと、個別のプロフィール記事が作成されているミュージシャンと、そうでないミュージシャンとがありますが、これもやはり、このインデックス兼リンク集は永遠に作成中のコンテンツなのだということであって、扱いに差をつけているわけでは全然ないです。

このインデックス兼リンク集は、未来永劫、未完成のままです。



それから、今回のリニューアルでは、掲載されている情報の鮮度を明らかにしておくために、各ミュージシャンの記事の最終更新日と、リンク切れが発生していないかどうかの確認を行なった最新の年月日も、併せて掲載するようにしました。

既にサイトが閉鎖されてリンクが切れている URL についても、今回のリニューアルにあたっては、今一度、すべてを改めて確認したんです、わざわざ。

するとですねー、意外にも、リンクが復活しているケースが複数あったんですよねー。

活動を休止していたミュージシャン(バンド)が、その活動を再開したことによって、それまで閉鎖されていた公式サイトも、従来の URL のままで再度オープンしていた、というケースが、結構あったりするんですよ。

そんなわけで、現在は閉鎖されているサイトの URL も、定期的にリンク確認を行なっていく予定です。



そして。

今回のリニューアルに併せまして、計47組の LGBT ミュージシャンのプロフィール記事を、一気にまとめて、どーんと公開を開始しました。

といっても、どの記事も内容は非常にシンプルです。中にはワン・センテンスだけの記事もあります。

今回まとめてプロフィール記事を公開させてもらったミュージシャンは、先述したように、その活動が瞬間的なものであったり、あるいは活動期間が短かったりしたミュージシャンが中心となっています。

ゆえに、そのプロフィール記事の内容も、非常にシンプルなものになっています。

中には現在進行形のミュージシャンも一部含まれてはいますが、現在進行形であるがゆえに、やはりシンプルな内容になっています。その内容は追々書き足されていくことになると思います。

というわけで、今回プロフィール記事をアップした、計47組のミュージシャンの名前は、以下の通りです。(五十音順)



@rk(アーク)

相木累

ASHTRAY

ultimate

an-guy (アンガイ)

Whisper Girls

うしろめ隊

GRAND STYLE

KOJI

小秀

斉藤ぷりん

SILENT-ARK

Jiggy Jack

女帝

Swingin' Panda Orchestra

S-rush

solla

ZOL

DAI

Tubby Tricks

Chubby Chaser

DB3

t:head

Tetsuji

とまと

Don-H+Cazz

The Nudes

Next-Generation

HSM TAKA

Hi Re:Turn (ハイ・リターン)

82

Happy Hour

PAN+CIRA (パンチラ)

HIROKI

HIROSHI

Beauty & Beast

Five-Fourteen

フトリギミ

紅桜

BOUZ

Mt.RUSH

みそぢのけんちゃん。

MUSIC KILLER D.T.S.P

メレンゲパンチ

Yoshi

Yoshida

Ryo



これら47組ぶんの記事も含めた今回のリニューアルは、実は本来、Queer Music Experience.開設10周年記念事業として(笑)、一昨年から準備を進めていて、去年のうちに公開しようと思っていたものなんです。

ところが、昨年は父の病気のことがあり、サイトの更新まではとても手が回らない状況だったので、こうして一年遅れの公開となってしまいました。

今回新しくアップしたプロフィール記事のうち、本文の最終更新日が2014年のものになっている記事がいくつかありますが、それは一昨年の段階で既に公開準備が整っていたにもかかわらず、今回のリニューアルに併せてアップロードしようとしていたせいで、公開するのが著しく遅れてしまった記事です。



というわけで、今回のブログ版 Q.M.E.は、Queer Music Experience.本編の更新のお知らせでした。



2016.03.23 Top↑
 昨年1年間はブログの更新をお休みさせていただいていましたが、今回は久しぶりに、海外の LGBT ミュージック関連の話題です。



 イギリスのボーイバンド、ユニオン・J (Union J)のメンバーであるジョージ・シェリー (George Shelley)が、昨日(2016年2月3日)、YouTube を通じて、かつては男性の恋人がいたこともあるのを明らかにしました。イギリスのゲイ・メディアは、その日のうちに一斉にこれを報じました。

George Shelley: “I’ve had girlfriends, but I’ve also had boyfriends”(Gay Times Magazine, 2016.02.03)

UNION J’S GEORGE SHELLEY COMES OUT: ‘I’VE HAD GIRLFRIENDS AND BOYFRIENDS’(Attitude.co.uk, 2016.02.03)

Union J singer comes out: I’ve had boyfriends and I’ve also had girlfriends (PinkNews.co.uk, 2016.02.03)

ジョージ・シェリー(ユニオン・J)
(画像は Attitude.co.uk の記事より)


 件の動画が、こちら。

2016.02.04 Top↑
 長らくご無沙汰しておりました。藤嶋です。

 1年以上もの長きに渡り、このブログおよびサイトの更新を、一方的にお休みさせていただいておりましたが、もしも万が一、更新を楽しみに待っておられたというかたがいらっしゃいましたら、ここに深くお詫びを申し上げます。誠に申し訳ありませんでした。



 前にもこのブログで少しだけ触れたことがありましたが、実は私の父が一昨年にがんと診断され、抗がん剤治療を続けておりました。昨年の春以降は、しかし病状がいよいよ悪化し、私も精神的に余裕が持てなくなってきてしまい、サイトやブログの運営も手つかずとなっておりました。

 そして、昨年9月に、父は亡くなりました。

 がんと診断された時点で、既に余命宣告を受けていた父ですが、終活の類は全くやろうとはしませんでした。そのため、葬儀と埋葬が済んでからも、相続やら何やらで混乱が続きました。

 年が明け、やや落ち着きを感じられるようになってきたので、少しずつですがサイトおよびブログの更新を再開しようと思います。

 とはいえ、実は父が亡くなったこと以外にも私の身辺にはいろいろと変化があったので(というか、今もその真っ最中なので)、はたしてどのくらいのペースで続けていけるのか、私にも先は見えないのですが、まずは再開の旨だけ、ここにご報告させていただきます。

 はなはだ頼りない私ですが、気長に見守っていただけると幸いです。よろしくお願い申し上げます。



2016.01.18 Top↑