FC2ブログ

まえけん♂トランス.pj/東京チャランス

2006年8月23日、まえけん♂トランス.pjのニュー・シングル「東京チャランス」がリリースされました。

リリース当日、前田健さんが『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」に出演しているのを見たら、「あ、買わなきゃ」と思って、その日のうちに購入しました。

自分はコギャル文化とは縁がないので、コギャル文化の観点から見たまえけん♂トランス.pjの評価は、よくわからないんですが、自分がこのニュー・シングルを聴いて思ったのは、「もしも前田健さんが、これからも CD のリリースを続けていくのであれば、次の3作目こそが勝負になるのでは?」ということでした。

前田健さんは、歌とダンスを武器としている歌まね芸人さんなので、まえけん♂トランス.pjの性質は、単なる企画ものの領域を、もはや超えていると思うんですよね。

女性ボーカルの曲を元キーで歌ったり、コレオグラファーとしても活動しているまえけんさんが CD をリリースする場合、そこでセールス・ポイントになってくるのは、まえけんさんのパフォーマンスのスキルの高さです。

だからこそ、まえけん♂トランス.pjの新作には、企画ものとしての内容の面白さよりも、職業歌手の場合と同じように、新作ならではの新しい切り口を求めてしまうんです、私は。

「東京チャランス」の構成は、前作「恋のブチアゲ♂天国」とまったく同じなんですよ。

タイトル・トラックはトランスのカバー・バージョンのメドレー。トラック2はショート・コント、トラック3はメドレーのうちの1曲のフル・コーラス・バージョン、そして4と5がカラオケ。

この構成が少しも変化していないことに、自分は正直、物足りなさを感じました。

ただ、もしもまえけん♂トランス.pjが、ターゲットを完全にコギャルだけに絞り込んでいるのであれば、コギャルからは大好評だった前作の構成を全面的に踏襲した「東京チャランス」は、たぶん同じように歓迎されるのではないかと思います。

でも、冒頭でも述べたように、自分はコギャル文化に縁のない人間なので、もしも3作目をリリースする予定があるのであれば、次はもう少し冒険してほしいなー、と思いました。そのころまでには、コギャル文化の流行も変化しているだろうし。

なんだか批判的なことばかりを書いてしまいましたが、それでもじゅうぶん楽しく聴いています。

コギャルたちの、いかにもダルそうな「ハイハイハイハイ、ハハハハイ、ハハイ」という合いの手とか、まえけんさんの地声による「後ろに下がってくださーい!」が、結構笑えます。

“東京チャランス”
(2006)

スポンサーサイト



まえけん♂トランス.pjの第2弾シングル発売

まえけん♂トランス.pjのシングル第2弾は、もともとは2006年5月31日に発売を予定していました。この時点でのタイトルは「TOY BOY」。第1弾「恋のブチアゲ♂天国」と同様、トランスのメドレーで、当時リヴァイヴァル・ヒットしていたジンギスカンの「めざせモスクワ」のカヴァーがメイン、と報じられていました。

しかし、残念ながら発売は延期。

前田健さんの公式サイトを見ると、掲示板上で前田健さん本人が「いつ発売されるのか僕もわかりません」とコメントしていたことがあったので、ひょっとしたらお蔵入り? などと気を揉んでいたのですが、昨日(7月25日)、第2弾シングルは8月23日に発売されるということが、正式に発表されました。

今年の夏は浴衣が熱いのよ!まえけんが第2弾シングルを発売 (サンケイスポーツ)




続きを読む

まえけんと竹山の、カミングアウトを巡る会話

自分はパソコンの操作に高度に長けているわけではないので、GyaOで配信されている動画を保存する方法があるのかどうか、よくわかっていないんですが。

以前にも少し書いたんですが、GyaOで配信されている『カンニングの恋愛中毒』に、前田健がゲスト出演したときの、前田健と竹山のトークが、自分には非常に面白かったんですよ。

で、自分は、そのやりとりを文字に起こして、テキスト保存していたんですよね。動画ファイルを保存できるかどうか試行錯誤するよりも、文字に起こしちゃったほうが、自分の場合は手っ取り早かったので。

で、今回は、そのやりとりの一部を、勝手に放出してみようかなー、と。

ちなみに、トークの中でフォントが強調されている部分は、実際にオンエアされた映像の中で、テロップ化されていた箇所です。




続きを読む

海外から見た前田健

最近は、まえけんウォッチャーになりつつある、Q.M.E.管理人です。

自分は社会人学生をやっているので、テレビを観る時間が、人と比べて少ないんですよね。だから、自分が知っている前田健についての知識は、実はインターネットのニュースで報じられている範囲内に限られていた。実際の映像を目にする機会はほとんどなかったし、ライブに足を運んだこともなかった。

そのように世間一般の流行り廃りにはいたって疎い自分なので、前田健の映像を観たのは、パソコンテレビGyaOのバラエティーChで放映されていた、『カンニングの恋愛中毒』が最初だった。第28回に、前田健がゲスト出演していた。

理想のタイプはカンニング竹山、と公言する前田健が、その当人を相手に、竹山のどういう部分に魅力を感じているかとか、あるいはマスコミが報じたカミングアウトの話とか、そういった話題が語られていた。

もちろん、この番組はバラエティーだから、視聴者を笑わせることを第一としたやりとりだったと思うし、自分も大笑いしながら観てたんだけど、まえけん公式サイトで公開されている幾多のエッセイの内容と併せてみると、この番組での前田健は、けっこう本音トークだったように思う。

共感できたんですよね。会話の端々に表れている、本音の部分に。

その上で、お笑い芸人としての前田健も、自分の笑いのツボにピタリとハマった。

こうして、遅ればせながらファンになった自分は、もっと前田健の映像を観てみたいと思い、「maeda ken」「maeken」をキーワードに、例のYouTubeを検索してみた。

そうしたら。

まー、出てきましたよ。いくつもいくつも。前田健のテレビ出演時の映像が。



続きを読む