上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
ボーイ・ジョージのオフィシャル・サイト『100% Boy』にて、カルチャー・クラブの再結成が、11月15日、正式に発表されました。オーストラリアのシドニーで毎年大晦日に開催されているニュー・イヤーズ・イヴのイヴェントに、ジャミロクワイやペット・ショップ・ボーイズと共に、ライヴ出演をするそうです。

CULTURE CLUB IS BACK it's official! (www.boygeorgeuk.com, 2011.11.15)

カルチャー・クラブの再結成は、今回が3度目となります。前回の2006年の再結成では、ボーイ・ジョージとギタリストのロイ・ヘイが不参加でしたが、今回はオリジナル・メンバーの4人全員が顔をそろえています。

このニュー・イヤーズ・イヴでは、新曲も披露される予定だそうです。4人は現在スタジオで新曲を製作中で、来年には新作アルバムのリリースもあるようです。


※カルチャー・クラブ再結成を報じる、最新のインタヴュー映像です。

http://au.tv.yahoo.com/sunrise/video/-/watch/27254839


さて、前回の2006年の再結成時に、ボーイ・ジョージに代わる新ヴォーカリストとして、オーディションによって選ばれたサム・ブッチャーのその後が、私は気になって仕方ありません。

当時の再結成では、マネージャーのトニー・ゴードンが、「人々が聴きたいと思っているのはカルチャー・クラブの音楽であって、ボーイ・ジョージではない」という声明を発表して、「ボーイ・ジョージのそっくりさんではない歌手を求む」という新ヴォーカリスト募集の広告を出したのですが、最終的に選ばれたのは、やはりボーイ・ジョージと同様にフェミニンなイメージの、サム・ブッチャーでした。

サム・ブッチャー


この新生カルチャー・クラブは、2006年7月25日に、ロンドンの Too2Much というクラブで、プレス向けにお披露目ギグを敢行。そして同年12月からは全英ツアーを行なう予定とされていましたが、トニー・ゴードンからの正式な中止の発表もないまま、ツアーの計画は立ち消えとなっていました。つまり、サム・ブッチャーがカルチャー・クラブのヴォーカリストとしてライヴを行なったのは、実質上、お披露目ギグのみ。しかも、そのお披露目ギグでのサムのパフォーマンスを、ボーイ・ジョージは酷評しました。


※そのお披露目ギグのライヴ映像が、こちら。

http://youtu.be/ziWg8ib099M


新ヴォーカリストとしての活躍の場をろくに与えられないまま、表舞台から消えてしまったサム・ブッチャー。もともとサムは、「自分はボーイ・ジョージと交替したのではなく、ジョージが再結成に加わらないときにだけ役に就く」と発言していたので、ボーイ・ジョージが参加する今回の再結成にサムの姿がないのは、驚くに値することではないのかもしれませんが、そうなると、バンドの顔であったボーイ・ジョージを抜きにしてまでほとんど無理やりのように行なわれたあの2度目の再結成は、いったいなんだったのでしょうか。

来年にリリースされるという、オリジナル・メンバー4人による新作も非常に楽しみなのですが、サム・ブッチャーにも何らかの形で再びスポットが当たることを、私は密かに期待していたりします。


スポンサーサイト
2011.11.20 Top↑
9月17日付のエントリでは、カルチャー・クラブの新ヴォーカリストのサムが、ボーイ・ジョージから「頑張って」と励ましの言葉をもらった、というサムの談話を紹介しています。

ところが。

昨日(10月13日)付のGay.com UKの記事によれば、ボーイ・ジョージはサムのことをコテンパンに批判したそうです。

I Do Really Want To Hurt You (Gay.com UK)



2006.10.14 Top↑
カルチャー・クラブの新ヴォーカリスト、サムのお披露目ギグの映像が、9月4日、YouTubeにアップロードされていた、という事実に、先日ようやく気がつきました。

以前このブログで、カルチャー・クラブの再結成について最初に書いた、6月22日の時点では、

「ボーイ・ジョージのいないカルチャー・クラブなんぞ、あり得ーん!」

という気持ちのほうが強かったんですが、今現在は、実はそれほど強い抵抗感はありません。

なんつーか、時間の経過に伴って、私の脳ミソが、ボーイ・ジョージの不在という現実を受け入れてしまった、というか。

もちろん、ボーイ・ジョージあってのカルチャークラブであるという思いは今も変わらないわけですが、だからといってサムのことを受け入れられないというわけでもなく、サムはサムで、興味深い存在ではあります。

というわけで、サムのお披露目ギグの映像を観てみました。


2006.09.17 Top↑
いよいよ、カルチャー・クラブの新ヴォーカリストが決定したそうです。

その人の名は、サム・ブッチャー。

29歳。

男性。

7月25日、ロンドンのToo2Muchというクラブで、カルチャー・クラブの新ヴォーカリストお披露目ギグが行なわれたそうです。

New Culture Club singer recruited on website (Yahoo! UK)

このYahoo! UKの記事は、他のニュース・サイトにもそのまま本文が流用されているんですが、ここではサム・ブッチャーが「どのように応募してきたか」を紹介しているだけで、カルチャー・クラブの新ヴォーカリストに選ばれたサムの心境については、何にも触れられていないんですよ。

サム・ブッチャー本人のコメントを掲載している記事はないものか、と引き続き探してみたところ、以下の2つの記事を見つけました。

NEW CULTURE CLUB SINGER ALREADY FEELS LIKE A STAR (PR inside)

NEW CULTURE CLUB SINGER HAS BOY GEORGE'S BLESSING (contactmusic.com)



……というわけで、この2つの記事に掲載されていた、サム・ブッチャーの発言を、以下にまとめてみます。




2006.08.02 Top↑
カルチャー・クラブがボーイ・ジョージ抜きで再結成するというニュースを、私はABC振興会さんの記事で知りました。

この記事の中で、D姐さんはボーイ・ジョージのことを「カルチャー・クラブそのもの」と書いていらっしゃるのですが、私も同じように思っていました。

だから、私はQueer Music Experience.の中では、ボーイ・ジョージとカルチャー・クラブの音楽を別物とは見做さず、同一線上のものとして論じてきました。

そんな私にしてみれば、カルチャー・クラブがボーイ・ジョージ抜きで再結成しても、それはもはやカルチャー・クラブではあり得ない、というのが、このニュースに接したときに抱いた、最初の感想でした。

しかし、それ以上に私は、このニュースに、何か不穏な空気を感じます。



2006.06.22 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。