上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
数年前、このブログではアジアン・クイアー・ミュージックについて集中的に書いた時期がありましたが、私は基本的に、アジア諸国のLGBT事情、およびエンタテインメント情報について、それほど詳しいわけではありません。

※当ブログのカテゴリ「アジアン・クイアー・ミュージック」は、こちら

そういうわけで、ゲイ・コミック作家の田亀源五郎先生が1月24日付でツイートなさった内容を読んだとき、俳優のアンソニー・ウォンがゲイであることをカミング・アウトしていたのかと最初は勘違いしたのですが、そうではなく、話題になっていたのは歌手のほうのアンソニー・ウォンでした。私と同じ勘違いをしてしまったかたは、他に何人もいらっしゃったようです(笑)。

田亀先生の件のツイートが、こちら。
田亀先生の1月24日付のツイート


田亀先生は海外のゲイ関連のニュースも積極的にたくさんツイートしていらっしゃるので、そうした方面に関心のあるかたは、Twitter で田亀先生をフォローされることをおすすめします。

さて、件のツイートで名前が出てきているアンソニー・ウォン(黄耀明)は、1980年代に活躍した香港のポップ・ユニット、達明一派(タッミンペア)のヴォーカリストです。昨年(2012年)4月23日に行なわれたデビュー25周年記念コンサートの中で、ゲイであることをカミング・アウトしました。

デビュー25年目で同性愛を告白!耽美系歌手のアンソニー・ウォン―香港(Record China、2012.04.25)

【華流】達明一派アンソニー、25周年コンサートでカミングアウト(サーチナ、2012.04.26)

達明一派のメンバーは、ヴォーカルのアンソニー・ウォンと、ギターのタッツ・ラウ(劉以達)の二人。結成は1985年。UK ポップスからの影響を受けた音楽性とグラム・ロック的な耽美なヴィジュアルで人気を博しましたが、1990年には方向性の違いから解散。以降のアンソニー・ウォンはソロ・アーティストとして活躍を続けていますが、1996年と2003年、そして昨年(2012年)にも、達明一派は再結成を行なっています。

そのデビュー25周年記念コンサート『達明兜兜転転演演唱唱会』は4日間に渡って行なわれたのですが、最終日の23日のステージで、アンソニーは「忘記他是[女也]」「禁色」の2曲を歌った後、突如として自分がゲイであることをカミング・アウトしたのだそうです。

そのときのアンソニーのMCの具体的な内容が、下にリンクさせていただくブログ『華流 チャイナ日和 (又名:華流的一天)』さんの中で紹介されています。それをここにも引用させていただきます。

... 続きを読む
スポンサーサイト
2013.01.24 Top↑
かれこれ5~6年前の話になるんだけど、当時 genetic LOAD PROJECT のヴォーカリストからソロ・アーティストに転じた前後の NAOYUKI くんから、「台湾からもファン・メールをすごくよくもらう」という話を聞いたことがありました。

台湾が大好きという日本のゲイのかたたちは多いし、日本が大好きという台湾のゲイのかたたちも多くいらっしゃって、そうした交流の中で、日本のゲイ・インディーズの音源とか情報が、草の根的に台湾に輸出されているんじゃないかなー、と藤嶋は思ってます。

日本のゲイ・インディーズの黎明期を支えた、いくつかのユニットの名前でググってみると、中国語のサイトが現在でも結構ヒットしてきます。

たとえば、こことか。

ネット上からパチってきたであろう、genetic LOAD PROJECT と GALEborderless の画像が満載。

新宿 HEAD POWER の2階席から撮影されたであろうライヴの画像なんかもあるので、たぶん実際にライヴに足を運ばれていたかたが書かれているんだろうとは思いますが。

あるいはこことかね。

藤嶋は中国語が全然わからないんですが、そんな藤嶋でも、このページに記載されている春日亮二のプロフィールが最新のものであるということぐらいはわかります。



そうなんです。

日本のゲイ・インディーズを支持してくださっている中国のかたたちって、ちゃんと最新の情報もしっかりチェックしてくださってるんですよ。

上にリンクを張った2つのエントリが投稿されたのは、いずれも2007年。

決して古い記事ではありません。

genetic LOAD PROJECT が解散したのは2002年3月。GALE が解散したのは2003年1月。そして borderless が解散したのは2005年6月。いずれのユニットも、解散してからそれなりの年数が経っていることを考えると、台湾のファンのかたたちからの支持は非常に根強いんだなあ、と感じます。

ただ、中には無断で mp3 音源をアップロードしちゃってる人もいたりして、それはさすがに困るんですけどねー。

自分は著作権についてエラそうなことが言える人間ではありませんが、いくらなんでも音源や映像を無断でアップロードすることまではしてませんからね。

そうそう、藤嶋が Queer Music Experience.に掲載している GOLDEN ROSE のバイオグラフィーのほぼ全文を、そのままコピペして使用している中国語ブログも見つけました。

自分がこのブログや Queer Music Experience.で書いている文章というのは、音楽という他者の創作物の上に成り立っている、言ってみれば一種の二次創作なので、声高に著作権を主張することはしていませんが、ほぼ全文をコピペ使用するのであれば、せめて元記事である Queer Music Experience.へのリンクぐらい張ってくれ、って感じです。



えーっと、閑話休題。

日本のゲイ・インディーズを紹介している中国語のブログをいくつかチェックして、面白いなーと思ったのは、

「髭・短髪・ガチムチ系のアーティストばかりが支持されている」という点です。

まあ、もともと日本のゲイ・インディーズは、髭・短髪・ガチムチ系のアーティストさんの比率が最初から高いんですけど。

でも、そうではないアーティストさんだってちゃんといるし、支持も評価も得ています。

ところが。

日本のゲイ・インディーズについて書かれている中国語ブログを見ると、髭・短髪・ガチムチではないアーティストさんたちの存在って、見事にスルーされているんですよ。

この偏り具合は何? 何なの?

……って思ってたんですが、どうやらそれなりの理由があるっぽいです。

えっとですね、genetic LOAD PROJECT について紹介しているブログのドメインを見てみると、「cnbear.net」となっているんですよ。

cnbear、つまり、チャイナ・ベア。

ということは、ですね。

日本のゲイ・インディーズは、中国のゲイ・コミュニティから注目されているというよりも、「中国のベア・コミュニティから注目されている」と言ったほうが、たぶん正確なのではないか、と。

そんな気がします。

中国にも、アメリカと同じように、ベア・コミュニティがあるんです。熊系に特化した出会い系ポータルサイトだってあります。



で、ですね。

中国のベア・コミュニティが、日本の髭・短髪・ガチムチ系のゲイ・インディーズ・アーティストを支持しているのは、そうしたアーティストが自国である中国にはいないからではないか、と私は勝手に想像してたんですよ。

というのもですね、私が海外のLGBTアーティストの音楽も好んで聴いている理由の1つには、日本のゲイ・インディーズにはない要素を、海外のLGBTミュージック・シーンに求めているという側面もあったりするので。

ところが。

いましたよ。

中国産のゲイ・インディーズ・アーティストが。

その名も、BEAR.CHINA

この動画は、既にいくつかの日本のゲイ・ブログで紹介されているので、観たことがあるという人もいらっしゃるかも。

まあ、ご覧になってみてください。

“愛 因為在心中”
(2006)


ちなみに、この「愛 因為在心中」という曲は、BEAR.CHINA のオリジナルではありません。

日本でも人気のある台湾のアーティスト、王力宏(ワン・リーホン)のカヴァーです。

カヴァーっていうか、たぶん、王力宏のオリジナルのオケを、そのまま使ってます。

なので、私は BEAR.CHINA のことを「中国産のゲイ・インディーズ」と仰々しく紹介しましたが、実は継続的に活動しているインディー・ユニットではなく、熊系ポータル・サイトとの連動による、イヴェント的な性質の企画モノではなかろうか、と推し量っています。音源も存在しているわけではなく、たぶんこの動画のみなんじゃないかな。なにしろ、オリジナルのオケをそのまま使ってるわけだから。

まあ、自分は中国語が読めるわけではないし、中国のゲイ事情に詳しいわけでもないので、BEAR.CHINA について自分がここで書いていることは、どれも単なる憶測です。

誰か BEAR.CHINA について詳しいことをご存知のかたがいらっしゃいましたら、情報提供をお願いいたします。m(_ _)m



ちなみに、王力宏のオリジナル・ヴァージョンですが、こちらは2005年のアルバム『蓋世英雄』(邦題「ヒーローズ・オブ・アース」、日本発売は2006年)に収録されています。

これから紹介するヴィデオ・クリップを観ていただければわかるとおり、この曲は王力宏が前面に立った曲ではありません。

レコーディングに参加しているのは、王力宏のファンのかたたちだそうです。

「愛が心にあるからこそ」というタイトルのとおり、愛こそが人々の共感を可能にし、繋いでいくのだというこの曲のメッセージを、BEAR.CHINA は、ベア・コミュニティの連帯という、ゲイ・プライド・ソングの文脈に置き換えて歌ったのではないでしょうか。

“愛 因為在心中”
(2005)




以上、久方ぶりのアジアンLGBTミュージックの話題でした。



2008.10.25 Top↑
今回は、香港のフォーク・シンガーソングライター、林一峰(チェット・ラム)について書きます。

私が林一峰の名前を知ったのは、昨年10月26日のエントリに brue さんからいただいたコメントがきっかけです。

そのエントリを書いた当時は、アジアのLGBTアーティストといえばレスリー・チャンぐらいしか名前が思いつかなかったので、他にもLGBTのアーティストがいたら情報提供をお願いしますと書いたところ、brue さんが教えてくださったのが、林一峰でした。

林一峰の詳しいプロフィールを、Wikipedia の記事などで調べてみました。以下にそれを簡単にまとめてみます。



2007.05.27 Top↑
アジアのLGBTアーティスト・シリーズ、さて今回は。

中国では初めてとなる、オープンリーのレズビアン・シンガー、QiaoQiao を紹介します。

ていうか、この名前をカナ表記にする場合には、いったいどう書いたらいいの?

キャオキャオ?

――なんだか、カナ表記の仕方がよくわからないので、とりあえずここでは、参照元の英文記事にしたがって、QiaoQiao と表記することにします。

日本の人に親しみをもってもらうためには、本当はカナ表記にしたほうが望ましいんですけどねー。

QiaoQiao の最も適切なカナ表記をご存知のかたがいらっしゃいましたら、ぜひとも私めにご教授ください。



で。

私がこの QiaoQiao のことを知ったのは、先月4日付の、以下のリンクの記事が最初でした。


2007.05.23 Top↑
以前から書こう書こうと思いつつ先送りにしていた、アジアのLGBTアーティストについての話題を、これから順次放出していきます。

まずは上海のジャズ・シンガー、CoCo の話題からです。

CoCoについては、既に昨年10月26日のエントリで紹介しています。

COCOの話(乙女塾に非ず)

この上記のリンク先のエントリで紹介したインタヴューを読んでからというもの、CoCo が実際に歌っている映像を観てみたいなーと、ずっと思ってたんですが。

いやー、ようやく見つかりましたよ。

2007.05.22 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。