上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
 今年度(2014年度)のユーロヴィジョン・ソング・コンテストのオーストリア代表に選ばれている、ドラァグ・クイーンのシンガー、コンチータ・ヴルストを紹介した、当ブログの昨年(2013年)11月14日付の記事に、先日(2月27日)、コメントをいただきました。

 そのコメントの中で教えていただいたのが、昨年度のユーロヴィジョンのアイルランド代表の男性シンガーが、先月(2014年2月)の初めごろにゲイであることを公にした、との情報。

 そこで、早速ネット検索をして調べてみたのですが、これがもう、非常に素晴らしいアーティストだったんですよね。

 というわけで、今回はその男性シンガーについて書いていきたいと思います。

 情報をくださった水石さま、どうもありがとうございました!



 さて、その男性シンガーの名は、ライアン・ドーラン (Ryan Dolan)。北アイルランド出身の、28歳です。

 彼は自作曲「Only Love Survives」で、ユーロヴィジョンのアイルランド予選に優勝。代表の座を勝ち取り、スウェーデンのマルメにて開催された本選に参加しました。

 セミ・ファイナルでは8位入賞を果たし、計26カ国が競い合うファイナルへと進出。しかし残念ながら、最終結果は26カ国中、最下位の26位であったそうです。

 そのファイナルでのパフォーマンス映像を、私も YouTube で実際に観てみたんですが、いったいどうしてこれが高得点を得られなかったのかが、私には全くもって腑に落ちない。

 だってだって、こんなにも格好良く、しかも素晴らしい内容を持った曲とパフォーマンスなのに!

ライアン・ドーラン
(画像は Independent.ie の記事から)


「Only Love Survives」という楽曲は、トライバルな雰囲気のドラムの音が非常に印象に残る、前向きで力強いダンス・ミュージックです。この曲のファイナルでのパフォーマンスは、そうしたトライバルな要素を前面に押し出した内容で、たとえば和太鼓の演奏を観るのが好きだというかたであれば、絶対に「おおーっ!」と気分が高揚する、そういうパフォーマンスだと思います。

 少なくとも、私はものすごくアガりました。

 まあ、まずは観てみてください。

 できれば大きな画面で、重低音の良く効いたスピーカーに接続しての視聴をオススメします。



"Only Love Survives"
(Live on Eurovision Song Contest 2013 Grand Final)




 ……いかがでしたでしょうか? 良かったでしょ? たぶんこうした種類のパフォーマンスは、ヨーロッパよりも日本のかたたちにこそ好まれるような気が、私はします。

 さて、このライアン・ドーランのカミング・アウトについてなんですが、これを報じている記事の内容に拠りますと、それは先月5日の出来事。アイルランドの公共放送局である RTÉ Radio 1の番組に出演、そのインタヴューの中で、彼はゲイであることを公にしたのだそうです。

 参照したのは、以下の2つの記事です。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2014.03.07 Top↑
今回は、以前にも二度ほど話題にしたことのあるスロヴェニアのオープンリー・ゲイ・グループ、セストレの新たなヴィデオ・クリップを紹介します。

といっても新曲ではなく、未発掘だったものを新しく見つけたという意味ですが。

セストレは、2002年のユーロヴィジョン・ソング・コンテストにスロヴェニア代表として参加した、ドラァグ・クイーンのトリオです。彼女たちが歌った「Samo ljubezen」は、ユーロヴィジョンでは初の、ゲイのカミングアウトを題材とした曲でした。24ヵ国中13位という成績を残しています。

私がこれまでに書いてきたセストレ関連のエントリは、以下のリンクを参照してください。

1)歌うゲイ・スッチー(2007年3月18日)

2)LGBT音楽祭としてのユーロヴィジョンの歴史(2007年5月18日)

私が初めてセストレについて書いたとき、私はセストレのプロフィールを調べるにあたって、主に英語版ウィキペディアの記事を参照していたんですが、ユーロヴィジョンに参加した後の彼女たちの実績については、その当時は何も記載されていませんでした。ゆえに、スロヴェニア語のサイトを見ても何が何やら全くわからない私は、「Samo ljubezen」以外にセストレの楽曲を知ることが全くできませんでした。

しかし。

しかーし!

先日ようやく、「Samo ljubezen」以外のセストレの楽曲のヴィデオ・クリップが見つかりましたよ。

わーい。

おそらくは、「Samo ljubezen」に続くセカンド・シングルとしてリリースされたものだと思うんですが、「Samo ljubezen」から短期間で凄まじく洗練が進んでいて、かなりビックリしました。

ゲイ・テイストという面から評価したときに、このヴィデオ・クリップには隙が全くありません。完璧。

んでもって、3人とも、かなりキレイになってます。

キレイで、しかもカッコいいです。

"Latina Bambina"
(2002)


この「Latina Bambina」のヴィデオ・クリップを見つけたあと、ひょっとしたらと思って英語版ウィキペディアのセストレの記事を見てみたら、やっぱりこちらも、内容が追加されていました。それによると、セストレはユーロヴィジョン出演後に、「SOUVENIR」というタイトルのファースト・アルバムをリリースしています。

うおー、すげー欲しい。

でも、amazon.com でも amazon.co.uk でも取り扱いがないんだよなー。残念。

それ以外の追加情報としては、ユーロヴィジョン出演後に、イギリスやフランス、ドイツなどの西側諸国を含む欧州各国でパフォーマンスやテレビ出演を行なったことや、「Samo ljubezen」がゴールド・ディスクを獲得していることなどが新たに記載されていました。

んが、しかし。

やっぱり2002年よりも後のことについては、何も書いてありませんでした。

その後のセストレって、いったいどうしてるんでしょう。

気になります。

誰か教えて。



2008.01.16 Top↑
引き続き、今回もユーロヴィジョンについての話題です。

アメリカのLGBT向けニュース・サイト、365gay.comのトップページに貼りつけてあった、LGBT向けのケーブルTV局、LOGOのニュース映像では、今年度のユーロヴィジョンで優勝した、セルビアのマリヤ・シェリフォヴィッチの凱旋帰国の模様が報じられていました。

キャスターの語る内容によれば、今年度のユーロヴィジョンは、例年以上にゲイ色が強く出た年なんだそうです。優勝したマリヤ・シェリフォヴィッチも、その性的指向について噂になっているようです。

まあ、彼女は見るからにダイクなんですが。

そして、AfterElton.com には、「The Gayest Pop Show on the Planet」と題した、ユーロヴィジョンについてのコラムが掲載されていました。

このコラムが、非常に面白かったんですよ。

2007.05.18 Top↑
さて、久々に他愛のない話題です。

そろそろ今年度のユーロヴィジョン・ソング・コンテストの結果が出たころだよなーと思っていたら、以前に書いたユーロヴィジョン関連のエントリに、最新のコメントをいただいたので、旬を外さないうちに、今年度のユーロヴィジョンの最終結果について書いてしまいます。

参考までに、このブログでこれまでに書いてきた、今年度のユーロヴィジョンについての話題は、以下の通りです。

1)今宵、私はあなたのドラマ・クイーン(2月13日)
 ※デンマーク代表のドラァグ・シンガー、DQを紹介しています。

2)英国版「おどるポンポコリン」(3月20日)
 ※イギリス代表のゲイ・フレンドリーなポップ・グループ、スクーチを紹介しています。

3)今年のユーロヴィジョンはドラァグのガチンコ対決か(3月24日)
 ※ウクライナ代表のドラァグ・シンガーソングライター、ヴェルカ・セルデュシュカを紹介しています。



今年度のユーロヴィジョン・ソング・コンテストは、フィンランドのヘルシンキで開催されました。まず、5月10日にセミファイナルが行なわれ、2日後の5月12日に、ファイナルが行なわれました。

2007.05.14 Top↑
しつこくユーロヴィジョンの話題が続きます。

以前の記事は、以下を参照してください。

1)今宵、私はあなたのドラマ・クイーン(2月13日)

2)歌うゲイ・スッチー(3月18日)

3)英国版「おどるポンポコリン」(3月20日)



さて。

5月に開催される今年のユーロヴィジョン・ソング・コンテストには、デンマーク代表のDQのほかにも、ドラァグ・クイーンのアーティストが出場するそうです。

ウクライナ代表の、ヴェルカ・セルデュシュカです。

どうやら、ドラァグ・クイーン同士のガチンコ対決が見られることになりそうです。



2007.03.24 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。