上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
先日、仕事帰りに TOWER RECORDS 新宿店にフラっと立ち寄り、洋雑誌コーナーでイギリスのメジャー・ゲイ雑誌『attitude』の今月号(JUNE 2008)をチェックしてみた。

表紙を飾っているのは、サム・スパロー(Sam Sparro)。

……って、誰よ?

サム・スパローの名前を全く知らなかった藤嶋、さっそくページを繰って、インタヴューにざっと目を走らせてみました。

ふむふむ。なるほど。

このインタヴューによると、サム・スパローはロサンゼルス出身(正確にはシドニー生まれのロス育ち)のソウル・シンガー。

先の4月から5月にかけて、ファースト・シングル「Black & Gold」が全英のシングル・チャートで最高2位を記録した、2008年期待の新人。

『attitude』2008年6月号表紙
今月の『attitude』誌の表紙。
ちょっとヒュー・グラントに似てるかも。




んでもって彼は、オープンリー・ゲイなんだそうです。



おお!

これはもっと詳しく彼のことを知らなければ!



てなわけで。

手にした『attitude』誌をそのままレジへと持っていき、続いて洋楽CD売場でサム・スパローのデビュー・アルバム『Sam Sparro』を、試聴もせずに速攻で購入した藤嶋。

そして、そのアルバムを聴きながら電車で帰宅。

(ちなみに、藤嶋がふだん愛用している携帯音楽プレーヤーは、iPod ではなく CD WALKMAN。これの利点は、今回のように外出先で衝動買いしたCDを、すぐにその場で聴けちゃうところですね。)



TOWER RECORDS 新宿店のPOP広告では、「ヴォーカルはソウルなんだけど、サウンドはダフト・パンク」という主旨のことが強調されていたサム・スパロー。

まさにその通りの音でした。

もしもダフト・パンクが男性ソウル・シンガーをプロデュースしたならば、きっとこんな感じの曲になるであろう、とダフト・パンクを知っている人なら誰もがそう思う作品です。来月にシングル・カットが予定されている「21st Century Life」なんかは、もろにダフト・パンクなサウンドです。

で、全英で最高2位を記録したばかりのデビュー・シングル「Black & Gold」なんですが、メロディそのものがキャッチーというよりも、そのリズムとかアレンジのほうが不思議と耳に残ります。何度か繰り返して聴くうちにスルメのように味が出てくるというタイプの曲です。実際、この曲はいきなりドカンと大ブレイクしたのではなくて、昨年のうちにリリースされていたものが、時間をかけてジワリジワリとヒット・チャートを上り詰めていったようです。

というわけで、サム・スパローの大ヒット・デビュー・シングル、「Black & Gold」のヴィデオ・クリップをどうぞ。

"Black & Gold"
ブラック・アンド・ゴールド
(2008)




買ったばかりの『Sam Sparro』を聴きながら帰宅した藤嶋は、さらにインターネットでもサム・スパローについての情報を調べてみました。

... 続きを読む
スポンサーサイト
2008.06.11 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。