上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
アメリカのゲイ向けポータル・サイト、EDGE on the Net は、政治やビジネスに関するニュースも掲載されてはいますが、中心となっているのは、全米各地のナイトライフ情報。

写真によるイヴェント・レポートも非常に充実していますが、これもやはり、多くはクラブ・イヴェントのものです。

昨年末には全米各地でニュー・イヤーズ・イヴ関連のクラブ・イヴェントが開催されたようですが、それらの様子も EDGE on the Net ではフォト・アルバム形式で紹介されています。そのフォト・アルバム群を眺めていて、ひときわ強く私の目を惹きつけたのが、今回紹介するサー・ジェット (Sir JET)というシンガーです。

サー・ジェットは、ロサンゼルスを拠点としている、オープンリー・ゲイのシンガーです。昨年末の12月29日に行なわれた Anthem Saturdays というクラブ・イヴェントでのライヴの模様が、EDGE on the Net で紹介されていました。

Sir JET Live At Anthem Saturdays @ MJ's Bar :: December 29, 2012 (EDGE on the Net, 2012.12.31)

このフォト・アルバムを見て私は初めてサー・ジェットのことを知ったのですが、これがなかなかインパクトのあるヴィジュアルでした。

こんな感じ。
Sir JET Live At Anthem Saturdays @ MJ’s Bar


たくましく鍛え上げられた男性の肉体美を誇示しつつ、その男性の肉体美を装飾しているのは、女性用のファッション・アイテムとメイク。

こうしたスタイルのパフォーマーは、トランスヴェスタイトとはまた違いますが、強いて分類するならばドラァグ・クイーンに属します。このスタイルは何もサー・ジェットの専売特許ではなく、有名なところではケヴィン・アヴィアンスや、近年では日本で人気のジョンテ☆モーニングなども、男性のたくましい肉体美の誇示と女性用のグラマラスなファッション・アイテムの融合スタイルの持ち主です。

こうしたスタイルのドラァグ・パフォーマーの多くは、実は黒人のアーティストです。その理由はわかりませんが。

それなので、白人のサー・ジェットは、私には非常に珍しいタイプのアーティストに思えたのです。鍛えられた肉体美を誇る白人ゲイ・シンガーは、大抵は野郎っぽさを強調しているので。

サー・ジェットの経歴について調べてみると、そのステージ・ネームとヴィジュアルが次々と変遷しているところも、興味深い点でした。

... 続きを読む
スポンサーサイト
2013.01.15 Top↑
トム・ジャドソン以前、このブログの『歌うゲイ・ポルノ・スターたち』シリーズでも紹介した、ガス・マトックスこと、トム・ジャドソン(Tom Judson)の新しいインタヴューが、11月11日、Out.com に掲載されました。

Need to Know: Tom Judson (Out.com, 2010.11.11)

トム・ジャドソンは、80年代から90年代にかけては作曲家として映画やテレビに楽曲を提供。00年代に入ると、ヒット・ミュージカル『キャバレー(Cabaret)』や『42nd Street』の全米公演に、端役で出演しました。そして巡業先のミネアポリスのゲイ・バーで、ゲイ・ポルノ監督のシー・シー・ラルーと出会い、43歳でゲイ・ポルノ界に転身。ゲイ・ポルノ・スターのガス・マトックスとして有名になります。

しかし、約2年後にゲイ・ポルノ俳優を引退。昨年(2009年)からは、ヴィンテージのキャンピング・カーで全米各地を巡りながら、自伝的内容のワンマン・ショー『Canned Ham』を上演しています。脚本も楽曲もすべて自作の『Canned Ham』は、少しずつ変貌を遂げながら、現在でもツアー続行中です。

こうしたトム・ジャドソンの経歴は、Queer Music Experience.本編に簡単にまとめてあるので、ぜひそちらも併せてご覧ください。

トム・ジャドソン バイオグラフィー(Queer Music Experience.) ←読んでね。



さて、かつてはゲイ・ポルノ・スターとして著名だったミュージシャンには、トム・ジャドソンの他にも、現在では主にクラブ・シーンで活躍しているコルトン・フォードの名が挙げられます。

コルトン・フォード バイオグラフィー(Queer Music Experience.) ←読んでね。

コルトン・フォードは、ゲイ・ポルノ・スター時代からのファン層を意識してか、そのCDジャケットやミュージック・ヴィデオの中で、現在でも衰えることのない鋼のような肉体美をたびたび披露していますが、トム・ジャドソンも、やはり『Canned Ham』のパブリシティ・フォト(上の画像)で、その見事な肉体美を披露しています。そして『Canned Ham』本編の中でも、ケツ割れサポーター姿の場面があるようです。

この点について、トム・ジャドソンは今回のインタヴューの中で、次のように語っています。

あなたのワンマン・ショーは、実に多くの領域を押さえていますが、ガス・マトックスとしての名声があることで、チケットを購入した多くの人たちは、淫らな一夜を期待――少なくとも予想ぐらいは――していたのではないかと思うのですが?

「プロモートにはポルノ的な側面を確かに利用してはいる。これ以外に効果的な宣伝方法を、僕は知らなかったからね。でも、そうしたセクションは、ほんの20分程度に過ぎない。一連の体験談の一つでしかないんだ。ショーは、次から次へと変貌していく僕の人生を、年代記的に表しているんだよ。」

音楽と笑いとエロだけではなく、非常に感動的な場面もいくつかあります。それについて少し話していただけますか。

「僕は、1996年にパートナーのブルース・バーンバウムをエイズで亡くしている。パフォーマンスの全体が、僕たちの関係に始まって、僕たちの関係で終わっている。だから実際のところ、作品のテーマはブルースなんだ。彼の死がきっかけとなって、僕はさまざまに異なったたくさんの方向性を探求することができたんだからね。」


また、このインタヴューの中では、「何か怖いものはありますか?」との質問に、「ダンスが怖い」と、トムが答えています。ミュージカル俳優としての経歴があるにもかかわらず、ダンスが非常に苦手なのだそうです。

あなたはブロードウェイのステージに立っていたんですよね。踊れない人が起用されるはずはないでしょう。あなたも踊らなければいけなかったのと違いますか?

「『42nd Street』ではリハーサル・ピアニストの役だったし、『キャバレー』ではステップを学んだけれど、全くもってぎこちなかったね。」

少なくとも『Canned Ham』では踊る必要はありませんが、ケツ割れサポーター姿で動き回らなければいけません。あなたのご家族は、それについてどうお考えですか? ショーはご覧になられたんですか?

「妹は大したもんだよ。両親も観に来てくれて、ショーの後でハグしてくれた。でも、絶句してたね。」

それは可笑しいですね!

「僕の家族って、そうなんだよ。僕がポルノに出ることを家族に話したときにも、母からは『これ以上ポルノに詳しくなんてなりたくないわ!』って言われたよ。」

これはまた可笑しい! あなたはポルノに出演したことや――他にもこれまでやってきたことを――後悔したことがありますか?

「後悔なんてないよ。たとえ失敗した出来事であってもね。これまでにやってきたことの全てがあって、僕は今ここにこうしているんだし、それで幸せなんだから。」


ミュージカル俳優からゲイ・ポルノ・スターへの転身という、振幅の激しいその経歴。その全てを糧に、いつでも笑顔のトム・ジャドソン。その後悔しない生き方に、私は魅かれます。

もしも私がアメリカ在住だったら、ゼッタイにこの『Canned Ham』を観に行くんだけどなあ……。

嗚呼、どこでもドアが欲しい! ドラえもーん!(声:小原乃梨子)



※この夏に行なわれた『Canned Ham』プロヴィンスタウン公演にあたっての、
トム・ジャドソンのメッセージ・ヴィデオです。



2010.11.18 Top↑
ここまで続くとは藤嶋自身も予想していなかった、『歌うゲイ・ポルノ・スターたち』シリーズ、まさかの第3弾を、満を持してここにお送りいたします。

ゲイ・ポルノからポップ・ミュージックの世界に活動の場を移したり、あるいはゲイ・ポルノ出演と音楽活動を併行しているアーティストは、あくまでも藤嶋に調べられる範囲内ではありますが、大方は調べ尽くした観があるので、このシリーズはたぶん今回が最終回となりそうな気がします。

ただし、もしもこのブログをご覧になってくださっているみなさんの中で、「他にもこんなゲイ・ポルノ・スターが音楽活動をやっているよ!」という情報をご存知のかたがいらっしゃいましたら、ぜひ藤嶋までタレコミをお願いいたします。情報をいただき次第、このシリーズは復活となります(笑)。

このシリーズの過去のエントリは、以下のとおり。

1)歌うゲイ・ポルノ・スターたち(2007年3月8日)

2)まだまだいるよ! 歌うゲイ・ポルノ・スターたち(2007年4月4日)



さて、今回最初にご紹介するのは、ウェイド・ニコルズ。このかたは既に故人です。

2009.08.09 Top↑
今回は、ゲイ・ポルノ・スターからダンス・ミュージック・アーティストへと転身を遂げて活躍している、コルトン・フォードについて書いていきます。

私がコルトン・フォードを紹介するのは、これが初めてではありません。当ブログの昨年3月8日のエントリ『歌うゲイ・ポルノ・スターたち』の中で、ジェフ・ストライカー、ジェフ・パーマー、ガス・マトックスといったゲイ・ポルノ・スターたちと併せて、コルトン・フォードのことも紹介しています。

※歌うゲイ・ポルノ・スターたち(当ブログの2007年3月8日付のエントリ)
http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/blog-entry-140.html

4月4日には、『まだまだいるよ! 歌うゲイ・ポルノ・スターたち』のタイトルで、音楽活動も併行して行なっている2人の現役ゲイ・ポルノ・スター、ジョニー・ハザードとフレドリック・フォードも紹介しています。

※まだまだいるよ! 歌うゲイ・ポルノ・スターたち(当ブログの2007年4月4日付のエントリ)
http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/blog-entry-149.html

これらのゲイ・ポルノ・スターのうち(コルトン・フォードとガス・マトックスについては既にゲイ・ポルノ界を引退していますが)、音楽活動を最も活発に推し進めているのが、今回改めて紹介するコルトン・フォードなんです。

昨年3月8日のエントリでは、コルトン・フォードのアルバムのリリースについて、「2007年度中にはファースト・アルバムが発売されるようです」と書いていたんですが、昨年の12月11日、ついに待望のファースト・アルバム『Tug of War』が、ダウンロード販売でリリースされました。

来月の19日には、いよいよCDでも『Tug of War』がリリースされる予定です。

そして、つい先日には、『Tug of War』の収録曲「That's Me」のヴィデオ・クリップの公開が開始されました。既に Queer Music Experience.でバイオグラフィーを紹介済みのニューヨーク出身の白人ラッパー、キャズウェルが、この「That's Me」にはフィーチャーされています。

キャズウェル バイオグラフィー(Queer Music Experience.)

で、コルトン・フォードについてあれこれ語り始める前に、まずはその「That's Me」のヴィデオ・クリップを観ていただいたほうが、このブログをご覧の皆様には、より積極的にコルトン・フォードへの興味を持ってもらえるような気がします。

特に野郎系好きなゲイのかたには。

鋼のように鍛え上げられた不惑の男の肉体美が存分に味わえる、すんげーセクシーなヴィデオ・クリップです。
2008.01.07 Top↑
3月8日に書いた、『歌うゲイ・ポルノ・スターたち』では、ゲイ・ポルノ・スターとしての活動とアーティスト活動を併行している俳優や、あるいは、ゲイ・ポルノ・スターを引退した後にアーティスト活動に転向した俳優たちを紹介しました。

今回のエントリは、その第2弾です。

前回のエントリは、こちら。
歌うゲイ・ポルノ・スターたち


2007.04.04 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。