上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
デビュー・アルバム『For Your Entertainment』が、日本でも3月10日に発売されたアダム・ランバート。そのプロモーションのために初来日したアダムは、まず15日に、西麻布の eleven というクラブにて開催されたスペシャル・イヴェントに出演。日本での初ライヴを行ないました。

このイヴェントの模様は、Gay Life Japan に後藤純一さんによるレポート記事が掲載されています。生でアダムのライヴを観られただなんて、うらやまし過ぎる……。だって応募者1万人だったんだよ、このイヴェント……。

アダム・ランバート初来日ライブをレポート! (Gay Life Japan, 2010.03.17)

そして民放のテレビ番組への出演は、私の把握しているかぎりでは、16日にフジテレビ系列の『笑っていいとも!』に、17日に日本テレビ系列の『スッキリ!!』に生出演。

『笑っていいとも!』のほうは、海外からのゲストが出演するときにはいつもそうであるように、エンディングのみの登場。出演時間は1分未満。増刊号も似たりよったり。これにどの程度の宣伝効果があるのかはわかりませんが、ファン感情は確実に逆撫でされますね……。

一方、『スッキリ!!』のほうは、これが平日の午前に放送されている情報番組であることを考えたら、めっさ力が入っていたと思います。ちゃんと音楽の話が中心になっていて、充実した内容でした。

... 続きを読む
スポンサーサイト
2010.03.22 Top↑
アダム・ランバートのデビュー・アルバム『For Your Entertainment』の国内盤が、来たる3月10日、いよいよ発売となります。

熱心なファンのかたならば既に輸入盤を購入されているかもしれませんが、私は国内盤の発売を待っていた口です。だってホラ、国内盤だと、ボーナス・トラックとかDVDが付いてくるし。

フォー・ユア・エンターテイメント(初回生産限定盤)(DVD付)フォー・ユア・エンターテイメント(初回生産限定盤)(DVD付)
(2010/03/10)
アダム・ランバート

商品詳細を見る


しかしながら、いいかげん痺れを切らした藤嶋は、国内盤の発売までの間を繋ぐために、アダム・ランバートの裏デビュー・アルバム『Take One』を買っちまったよ!

『Take One』は、いわゆるアーリー・イヤーズ作品です。

つまり、現在では大物となっているアーティストがデビュー前にレコーディングしたデモ音源を、商品化したものです。

この種の商品というのは、こう言ったらアレなんだけれども、要は大物アーティストのネーム・ヴァリューを利用した、インディー・レーベルによる便乗商売の産物です。

――とか何とか、否定的なことを言いながらも。

それが好きなアーティストのデモ音源だったりすると、ちゃっかり、かつ、しっかりと購入しちゃってるあたり、ファンという生き物の、悲しい性(さが)でございます。

アーリー・イヤーズ作品は、大抵の場合は非公認です。『Take One』も、やっぱり非公認です。2005年にアダム・ランバートがデモ・シンガーとしてレコーディングした音源を、Rufftown Records というインディー・レーベルが商品化したものです。

そして、その発売日は、『For Your Entertainment』の本国での発売日の、なんと一週間前。まるでイヤガラセのようなタイミング(笑)。

Take OneTake One
(2009/11/10)
Adam Lambert

商品詳細を見る


正規の商品ではない以上、アーリー・イヤーズ作品の商品性質は、コレクターズ・アイテムです。万人向けのものではありません。

まあ、なにせデモ音源ですからね。正規の作品に比べればクオリティーはグッと下がるし、熱心なファンでもない限り、聴いていて面白味は感じられないと思います。

アダム・ランバートの『Take One』にも、残念ながらそれは当てはまっちゃいます。

Wikipedia にある『Take One』の記事によると、このアルバムの評価は賛否両論である、と断りを入れた上で、allmusic という音楽サイトに掲載されているレヴューを引用していました。

以下、引用部分の日本語訳です。

曲はひどいというほどではないが、印象には残らない。ランバートのパフォーマンスも同様なのだが、それは彼にとって公正な評価ではない。というのも、これらは商業目的の中道ポップスを売りこもうとしてレコーディングされたものであり、何らの閃きも入り込む余地のない、歌詞とメロディのショーケースであることがすべてのものだったからである。その意味で、ランバートは自分の役回りを果たしている。デモ・シンガー以上の何者でもないように聴こえてしまうが、それは実際に彼がデモ・シンガーだったからなのである。


オリジナルの全文は、以下のリンクからどうぞ。
"allmusic ((( Take One > Overview )))"

実際に『Take One』を聴いてみると、確かにこのレヴューに書かれている通りの印象なんですよねー。日本語に訳してしまうと辛口な雰囲気ですが、公正な視点で書かれたレヴューだと思います。

『Take One』収録の楽曲は、'00年代の男性ポップ・ロック・シンガーであれば誰が歌っていてもおかしくないような、まさしく中道のものばかり。最初から中道を狙って作られているせいで、一聴して耳に残る強烈さがかえって欠けてしまっている感じ。

また、それを歌っているアダム・ランバートのヴォーカルも、やはり'00年代の男性ポップ・ロック・シンガーの類型的なヴォーカル・スタイルを、おそらくは意識的になぞっている気配が濃厚です。

とはいえ、他のアーティストのアーリー・イヤーズ作品と比べると、この『Take One』は、トータルで見れば決して悪くはない作品だと、個人的には思います。

確かに、現在のアダム・ランバートの作品と比べると、かなりの薄味です。でも、ここに収録されている楽曲群は、彼のアーティストとしての自己表現ではなく、デモ・シンガーとしての「お仕事」でレコーディングされたものなんだから、そりゃ薄味にもなるでしょうしね。

そもそもアーリー・イヤーズ作品というのは、そのアーティストが大物になったからこそ初めて商品価値が発生しているという類のものであって、裏を返せば、そのアーティストにネーム・ヴァリューがない限り、商品価値は発生していなかった、ということでもあるんですよね。

だから、アーリー・イヤーズ作品をオリジナル・アルバムと同じ基準で引き比べるのは無理がある、っつーか、酷ですよね。コレクターズ・アイテムなんだから。

『Take One』は、あくまでもアダム・ランバートの下積み時代の記録として、そして『For Your Entertainment』の序章として聴くことによって、彼の成し遂げたアメリカン・ドリームが、より身近に、そして劇的に感じられる――そういうアルバムです。



んでもって、アダム・ランバートがホントにスゲーなー、と思うのは、こうしたデモ音源に商品価値を発生させてしまうほどの大物ぶりを、制式アルバムをリリースする前から、彼が既に発揮してしまっているという、その事実ですよね。

『Take One』のチャートでの成績は、ビルボード誌の Top 200で最高76位。同じくビルボード誌のインディー・チャートでは最高6位。このアルバムがアーリー・イヤーズ作品であることを考えたら、かなりの健闘と言えるのでは? だって、アーリー・イヤーズ作品がチャート・インすること自体が珍しいし。



というわけで、いよいよ日本でも制式デビュー・アルバムがリリースされるアダム・ランバート。これを機に、日本での知名度がもっともっとアップしてくれたら嬉しいなあ。

"For Your Entertainment"
(2009)



2010.02.27 Top↑
ここ日本でも FOX JAPAN を通じて放映されている、アメリカの国民的人気オーディション番組、『アメリカン・アイドル』。日本では現在、第8シーズンが放映中ですが、本国アメリカでは既に最終結果が出ています。

この第8シーズンで準優勝したのが、今回のエントリの主役、アダム・ランバート

現在はデビュー・アルバムの製作中だそうですが、アルバムのリリースを待たずして早くも『ローリング・ストーン』誌の表紙を飾ってしまうなど、異例の人気ぶりです。

『Rolling Stone』表紙


アダム・ランバートがここまで支持される理由、それは単に歌が上手いだけではなく、どんな人をもハッとさせずにはおかない、万人から愛される爽やかな笑顔の持ち主であることも大きいと思います。万人から愛されるということは、裏を返せば「当たり障りがない」ということでもあるのですが、アダム・ランバートの場合は、目元を妖しく縁取るアイライナーや、黒いマニキュアといった、グラム・ロック・スターのようなメイクとの併せ技によって、単なる優等生ではない、毒のある個性が演出されています。正統派の美形アイドルのファンからも、個性派のポップ・スターを好む人たちからも等しく支持される、それがアダム・ランバートのずば抜けたスター性の理由だと思います。

アメリカのショー・ビジネス界のゴシップ記事を日本語で紹介している ABC 振興会さんのほうでも、アダム・ランバートについての報道を詳しく追いかけているので、ぜひ参照してみてください。(ABC 振興会さんのおかげで、今回のエントリを書くにあたってのリサーチはかなり楽でした。ありがとうございます)

ABC 振興会さんに掲載されているアダム・ランバートの記事一覧




さて、このアダム・ランバートなんですが、既に『アメリカン・アイドル』の第8シーズン放映中から、ゲイではないかという噂がメディア上に流れ始めていました。彼が男性とフレンチ・キスを交している写真もインターネット上に流出しました。

2009.07.27 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。