上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
今回のエントリのタイトルは、早見優の「夏色のナンシー」に引っかけたつもりなんですが、思った以上にスベった感が濃厚です。

まあ、いいや。本題。

3月31日に、シガー・ロスのフロントマン、ヨンシーの初のソロ・アルバム『Go』が、日本で先行リリースされました。さっそくアタイも購入したよ!

ヨンシー バイオグラフィー (Queer Music Experience.) ←読んでね。

この『Go』というアルバム、とにかくドラム演奏のインパクトがスゴいです。日本盤のライナー・ノーツによると、ヨンシーが「人間ドラムマシーン」と形容したという、サムリ・コスミネンというドラマー/パーカッショニストの前衛的なドラム・プレイが、むしろ電子音では実現不可能な種類の躍動感を生み出してます。先行シングルの「Go Do」のヴィデオ・クリップの中では、ヨンシーがスーツケースをバシバシと叩いてますが、実際にこの曲のドラムは、サムリ・コスミネンがスーツケースを叩いたり蹴ったりして録音されたものなんだそうです。すげー。

この「Go Do」や、「Animal Arithmetic」「Around Us」といった収録曲は、人工的な電子音が鳴っていないにもかかわらず、サムリ・コスミネンの刻む強烈なビートがあることで、ほぼダンス・ミュージックに近い領域にまで針を振り切ってるんですよね。日本盤ライナー・ノーツの中で執筆者の新谷洋子さんはこのアルバムを「ジャンル無用の華々しく壮大なアンセム集」と評していますが、まさにアンセムです。

このアルバムを聴いて、同じアイスランド出身のビョークのファースト・ソロ・アルバムを初めて聴いたときの衝撃を思い出しました。もちろん音楽性は全然違うんだけど、二人ともバンド時の前衛色はそのままに、ダンス・ミュージック的なビートを取り込むことによって、より以上の大衆性を結果的に獲得している、という。

たぶん、ヨンシーはこのアルバムによって、シガー・ロス以上にポピュラーな存在になるよ。

そのほか、シガー・ロスのアルバムとの大きな違いとして挙げられるのは、全9曲のうち7曲までが、英語で歌われていること。この点について、日本盤ライナー・ノーツに掲載されているインタヴューで、ヨンシーは次のように語っています。

「ほら、アメリカ人のアレックスと暮らしているから、アイスランドでもいつも英語を話している僕にとって、今回英語で歌うことはごく自然な選択だった」

そして、次のようにも言っています。

「何を歌っているか理解されちゃうわけだからものすごく無防備な気分がするけど、それはきっといいことなんだと思う」

これまでのシガー・ロスの作品は、アイスランド語で歌われているほかに、ホープランド語という言語も多く用いられています。このホープランド語というのはシガー・ロスが新たに造り出した言語ですが、実質的にはスキャットのような唱法の一種です。したがって、文法や意味などは存在せず、それ自体はコミュニケーション・ツールとしての機能を持っていません。グラミー賞にもノミネートされた2002年の『( )』はホープランド語のみで歌われているアルバムですが、このようにコミュニケーション機能を持たない言語によって歌われた曲というのは、一種のディスコミュニケーションの表象だという気が、私はするんですよね。リスナーからの理解を単純に拒絶しているというよりも、言語の音声的な側面だけを取り出すことによって、音楽を通じてのコミュニケーションを意図的に韜晦させている、というか。

しかし、『Go』でのヨンシーは、英語で歌うことによって、より広範なリスナーとのあいだにコミュニケーションを発生させています。日本盤ライナー・ノーツの執筆者の新谷洋子さんも、「かつては言葉=音/声=楽器と見做していたというのに、あのマジカルなヴォーカルを前面に押し出して積極的なコミュニケーションに乗り出している」と評していらっしゃいます。

思うに、ヨンシーがホープランド語のディスコミュニケーションの世界から、『Go』のコミュニケーションの世界に足を踏み入れたのは、ボーイフレンドのアレックスの存在が大きいと思うんですよね。アレックスの存在が、コミュニケーションの素晴らしさをヨンシーに教えてくれた。そして、愛する人とのコミュニケーション言語が英語だったから、ヨンシーは英歌詞がメインのアルバムを作った。

――そういった感じの、私生活の充足からもたらされる創作意欲が、このアルバムにはみなぎっています。

各収録曲のテーマ自体は「希望」と「怖れ」の二極に分化しているんだけど、言語によるコミュニケーションがシガー・ロスよりも前面に出ているぶん、「怖れ」がテーマの楽曲も内省的であるよりは対話的で、アルバム全体としてはタイトル通りに突き抜けた、前向きな作品です。

繰り返すけど、ヨンシーはこのアルバムで、シガー・ロス以上にポピュラーな存在になるよ。

"Go Do"
ゴー・ドゥー
(2010)
Jonsi - Go
※この動画はブログに埋め込みができない設定になっているので、
上のキャプチャ画像をクリックして、
YouTube にジャンプしてください。

ゴーゴー
(2010/03/31)
ヨンシー

商品詳細を見る


スポンサーサイト
2010.04.05 Top↑
環境音楽、あるいはミニマル・ミュージックといったジャンルには、あまり馴染みがないせいで、恥ずかしながら藤嶋、シガー・ロスというバンドの名前を、これまで全く知らずにいました。

私がシガー・ロスのことを知ったのは、このブログを数年前からご覧になってくださっているという、フロリーさんというかたからいただいたメールがきっかけです。

そこで藤嶋、自分でもシガー・ロスについていろいろと調べてみたんですが、彼らは2000年に初来日公演を敢行して以来、何度も日本でライヴを行なっているんですねー。レディオヘッドの来日公演にオープニング・アクトとして出演したり、2005年にはフジロックフェスティバルにも出演していたり、実は何かと日本に縁のあるバンドだったんですね。これまでに発表した7枚のアルバムもすべて日本で紹介されており、うち3枚が現在では EMI Music Japan から発売されています。

EMI Music Japan シガー・ロス日本版オフィシャルサイト
http://www.emimusic.jp/intl/sigurros/


国際的な評価も既に高いようで、音楽通のかたであれば疾うの昔にチェックしていたであろうシガー・ロスなんですが、藤嶋の場合、フロリーさんからメールをいただかなければ、藤嶋のアンテナの感度だけではシガー・ロスの存在をキャッチするのは難しかっただろうと思います。でも、フロリーさんのおかげで、藤嶋のアンテナの範囲が、また一つ拡がりました。

読者のかたからの情報提供は、本当にありがたいです。どうもありがとうございました!



さて、シガー・ロスのプロフィールについて簡単にご紹介します。
2009.07.21 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。