上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
開催から時間が経ってしまったライヴの観覧記が続いています。適確なタイミングで記事にすることができなくて、本当に申し訳ありません!

今回は、昨年12月22日に行なわれた、PADDY & NEW TOYZ のライヴ・パフォーマンスの観覧記です。

この12月22日という日は、ロンドン・パンクの雄、ザ・クラッシュのフロント・マンであったジョー・ストラマーが、2002年に先天性の心臓疾患により、50歳の若さで帰らぬ人となった日です。

ジョー・ストラマー(日本語版 Wikipedia)

ジョー・ストラマーの命日のこの日、吉祥寺のライヴ・ハウス ROCK JOINT GB にて、ジョー・ストラマーのトリビュート・ライヴが開催されました。

そして、このライヴには、藤嶋が以前にこのブログや Queer Music Experience.で紹介させていただいた、パディ・フィールドさん率いる PADDY & NEW TOYZ も、出演されていたのです。

パディ・フィールドさんについては、これまでに藤嶋が書いた記事もぜひ参照していただきたいのですが、本当にスゴいかたなんです!

パディ・フィールド バイオグラフィー (Queer Music Experience.) ←読んでね。

伝説の日本人ドラマー、パディ・フィールド(ブログ版 Queer Music Experience.) ←読んでね。

PADDY & NEW TOYZ は、先ごろ新しいギタリストのかたが加わり、新体制となりました。この12月22日のジョー・ストラマー・トリビュート・ライヴは、新生 PADDY & NEW TOYZ にとって初めてのライヴだったんです。

さらに加えて、パディさんは'70年代後期のロンドン・パンク・シーンの真只中に身を置いていた、ただ1人の日本人ミュージシャンであり、ジョー・ストラマーとも実際に面識のあったかたです。

ゆえに今回のトリビュート・ライヴは、パディさんにとっては二重の意味で大切なライヴでした。そのことは、マネージャーさんが運営なさっているパディさんの公式ブログの中でも綴られています。

ジョー・ストラマーとパディ(PADDY PHIELD RETURNS!, 2010.11.11)



さてさて。

この日の藤嶋の服装はかなーり地味だったので、革ジャン率5割の会場の中ではむしろ浮き上がりまくりで(笑)、隅っこで大人しく観ていようかなー、とも最初は思ったのですが、ようやく生でパディさんの演奏を観られる機会を前に、萎縮している場合じゃねーよ! と気を奮い立たせ、カメラを構えながら前のほうで拝見させていただきました。

... 続きを読む
スポンサーサイト
2011.02.09 Top↑
ボーイ・ジョージが9月13日付で、下の画像のツイートを投稿しました。

ボーイ・ジョージのツイート


このツイートで紹介されているのが、この動画です。

"Madman"
狂った抱擁
(1979)


この曲を演奏しているカドリー・トイズは、1979年に日本で先行デビューした、イギリスのニュー・ウェイヴ系バンドです。そしてカドリー・トイズのドラマーを務めていたパディ・フィールド(Paddy Phield)さんは、1977年に16歳で渡英して、カドリー・トイズやパナッシュといったイギリスのバンドで活躍していたという、伝説の日本人ドラマーです。現在では音楽活動の拠点を日本に置いています。

この「狂った抱擁(Madman)」が収録されているカドリー・トイズの1st アルバム『倒錯のギロチン・シアター(Guillotine Theatre)』は、2007年にDVD付で再発されました。この再発のニュースは、日本のゲイ雑誌『Badi』の2007年10月号にも掲載されましたが、その中でパディ・フィールドさんは「オープンリー・ゲイの日本人ドラマー」として紹介されていました。

ボーイ・ジョージがカドリー・トイズの動画を Twitter で紹介しているのを見て、「そういえばパディ・フィールドさんについては、まだ一度も書いていなかったなー」と思い、パディ・フィールドさんのバイオグラフィーを、ごくごく簡単にではありますが、Queer Music Experience.のほうにまとめてみました。ぜひご覧になってみてください。

パディ・フィールド バイオグラフィー (Queer Music Experience.) ←読んでね。



倒錯のギロチン・シアター  スペシャル・エディション(DVD付)倒錯のギロチン・シアター スペシャル・エディション(DVD付)
(2007/08/08)
カドリー・トイズ

商品詳細を見る




2010.09.13 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。