上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
といんちピクルスショー フライヤー10月31日は、西麻布にある Rainy Day Bookstore & Cafe にて行なわれた、とんちピクルスさんの5曲入りの新作『RECODAS』のレコ発ライヴ『10" PICKLES SHOW(といんちピクルス ショー)』に足を運んでまいりました。

『RECODAS』は、サニーデイ・サービスの曽我部恵一さん主宰による ROSE RECORDS から10月10日にリリースされた、アナログの10インチ盤です。取り扱いのある JET SET RECORDS や ROSE RECORDS のオンラインショップでは、店頭発売開始前から既にソールド・アウトという人気ぶり。リリースから1ヶ月を経ずして、あとは店頭かライヴ会場での販売分を残すのみとなっています。アナログ盤ゆえの完全限定生産品なので、とんちピクルスさんのファンのかたは、急いでご購入を! アナログ・プレーヤーが手元になくとも、デジタル版のダウンロードに必要なコードも一緒に封入されているので大丈夫ですよー!

会場の Rainy Day Bookstore & Cafe は、雑誌『SWITCH』や『Coyote』のスイッチ・パブリッシングさん直営のブック・カフェです。東京メトロ表参道駅からは徒歩15分、隠れ家的な雰囲気の洒落たカフェやレストランがあちこちに点在している住宅街の中にあります。文学部の学生にはきっとたまらないであろう、知的で落ち着いた雰囲気の、素敵なカフェです。ちなみに、ここで私が注文したドリンクは、とんちピクルスさんも大絶賛という特製のサングリア。飲みやすくて美味しかったです。

Rainy Day Bookstore & Cafe 店内
※今回のライヴは演奏中の写真撮影は不可だったので、
開演前の店内の様子をば。


今回のレコ発ライヴには、ゲストとして ROSE RECORDS の曽我部恵一さんもご出演。そして、曽我部さんととんちさんが出会うきっかけを作った小池アミイゴさんが、PAやDJ、イラストの上映、さらには鍵盤ハーモニカの演奏で自らもゲスト出演なさるなど、八面六臂の大活躍でした。

全体の構成は、最初にとんちさんのステージ。続いて曽我部さんのステージ。そして後半は、とんちさんと曽我部さんのトーク・ショーからスタート。レーベル運営のあれやこれやについて、とんちさんが曽我部さんにインタヴューするという、興味深い内容でした。そして最後は、再びとんちさんのステージ。

ちなみに私は、曽我部さんのパフォーマンスを生で拝見するのは、今回が初めてでした。不勉強ゆえ、曽我部さんの熱心なファンのかたたちからすれば素人めいたことしか書けないのですが、私が受けた印象を素直に言葉にすると、曽我部さんの歌と音楽は、生きていく上での不安というネガティヴな感情を背景にしつつも、しかしリスナーやオーディエンスの不安を煽るような形ではなく、むしろ励ましたり寄り添ったり、前向きな気持ちにしてくれる、そんな印象でした。今回パフォーマンスされた楽曲の中では、特に「おとなになんかならないで」が説明しやすいのですが、幼い我が子への愛情が優しく感動的に歌われているこの曲の背景にあるのは、実は「いつかはこの子も大人になって、自分のもとから離れていってしまうのだろう」という不安、というか寂しさ、なんですよね。だからこそ、とても切ない。また、ラストに歌われた「満員電車は走る」も、先の見えない人生の不安が歌われているのだけれど、リスナーの不安を煽り立てるような曲ではなくて、リスナーの人生を肯定し、寄り添ってくれる、力強い曲です。だからこそ、精神的な拠り所を求めている人の心に、曽我部さんの歌はザクザクと突き刺さってくる。私は今回のライヴを最前列で拝見していたのですが、この「満員電車は走る」の終盤部分の演奏を生で、しかも最前列で観ると、本当に圧倒されます。すごい体験でした。私と一緒にライヴを観ていた曽我部さんのファンの女性のかたは号泣なさってました。みなさんも、オフィシャルのミュージック・ヴィデオをご覧になって、その凄まじさを是非イメージしてみてください。いや、本当に凄かったんですってば。

曽我部恵一BAND「満員電車は走る」【Official Music Video】(YouTube)



さてさて、私のお目当てであった、とんちピクルスさんのステージ。

... 続きを読む
スポンサーサイト
2012.11.04 Top↑
まず最初に、3月11日の東北地方太平洋沖地震と、それに引き続いて発生した各地の大地震で被災されたみなさまに、心よりお見舞いを申し上げます。



今回の東日本大震災では、私はさまざまな偶然が重なり合ったことで、電車に長時間閉じ込められることも、帰宅困難になったりすることもありませんでした。

けれども、地震後の交通網の大混乱には巻き込まれなかった自分でさえ、揺れに見舞われた瞬間のあの恐怖は、ずっと尾を引いていました。当日の夜は、度重なる余震や、引き続き起こった長野北部の巨大地震の恐怖に、一睡も出来ませんでした。

地震発生直後から、私はテレビを通じて地震に関する情報を得ていました。しかし、土曜日以降、テレビを観るのは止めました。

確かに情報は欲しいのだけれど、テレビが執拗に流し続ける、津波が市街地を呑み込んでいく映像に、神経が耐えられなくなりました。

全身のこわばりがいつまで経っても抜けず、呼吸が浅くなっていました。

だから、テレビの代わりにラジオを聴くようになりました。

神奈川県民の私が主に聴いているのは、FM横浜です。たぶん、他のFM局(TOKYO FM とか)でも同じような内容を放送していたのではないかと思うのですが、FMでは、非常時の情報はきちんと放送しつつ、大きな不安と緊張にさらされているリスナーを励ますような曲を、意識して流していました。

特に印象深かったのは、槇原敬之が Des'ree のヒット曲をカヴァーした「YOU GOTTA BE」、ドリームズ・カム・トゥルーの「その先へ」、そして、ジョン・レノンによる「Stand By Me」……。

DJのみなさんがたも、それぞれの言葉で、真摯なメッセージを、不安と緊張をかかえているリスナーのみなさんに向けて、今現在も発信し続けています。

ラジオと音楽の力に励まされて、私は少しずつ普通に呼吸できるようになりました。



そして、13日。日曜日。

この日は、三浦海岸のナツメグ・カフェを会場にして、とんちピクルスさんがライヴを行なうことになっていました。
2011.03.19 Top↑
とんちピクルス はつはるツアー フライヤー福岡在住、ウクレレの弾き語りとオケを用いてのラップという2つのスタイルを縦横に駆使して、全国各地で演奏活動を展開しておられる、とんちピクルスさんが、『はつはるツアー』と題し、1月26日から2月2日までのあいだ、東京都内およびその近郊のさまざまなカフェやバーで、ライヴを行なわれました。

そのうちの1本、1月27日の市川真間 ALMANAC HOUSE でのライヴに、鹿嶋敏行さんが足を運ばれたという話を、ウェブを通じて伺いました。

それを聞いて、藤嶋はとてもうらやましかったんですね。

だって、せっかくとんちピクルスさんが福岡から東京にいらっしゃっていて、精力的に何本もライヴを行なわれているというのに、藤嶋はそのうちの1本も観られていないだなんて、あまりにももったいない!

……と、そのようなことを考えていた2月1日の夕方、とんちピクルスさんが夜の8時半から、下北沢の lete というバーでライヴを行なうという情報を、Twitter で知りました。

これは行かなくては!

予約は入れてないけど、でも行かねばならぬ!

という強い衝動に駆り立てられた藤嶋、そんなわけで、とんちピクルスさんの『はつはるツアー』ライヴ@下北沢 lete に、足を運んでまいりました。



さてさて。

会場の下北沢 lete は、非常にこじんまりとしたライヴ・バーですが、ヨーロッパの田舎の山小屋風というか、納屋のような風情のある、使い込まれた木肌を活かした内装がとっても素敵なお店です。
2011.02.12 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。