上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
2013年1月17日(木)は、池袋にあるライヴ・ハウス、鈴ん小屋(りんごや)さんにて行なわれた、鹿嶋敏行さんの企画ライヴ、"Serious Playground"に足を運んでまいりました。

会場の鈴ん小屋さんは、まるで日本料理屋さんのような内装の、和風ライヴ・ハウスです(実際に有機創作料理をいただくこともできます)。受付には玉砂利が敷かれていて、床はつやつやの板敷き。当然、土足は厳禁。入口で靴を脱いで中に上がります。出演者のみなさんも全員、靴下や裸足でパフォーマンスをなさいます。

あ、そうそう、受付でドリンクチケットとして渡されたのが、なんと本物のどんぐりでした。こういう遊び心も素敵な鈴ん小屋さんです。

※鈴ん小屋さんのサイトは、こちら

さて、今回の"Serious Playground"なんですが、このライヴは鹿嶋さんが鈴ん小屋さんからツーマン・ライヴをすすめられ、そこから企画がスタートしたのだそうです。最終的にはツーマンではなく、鹿嶋さんが「大好きな音楽仲間」と絶賛するアーティストさんが3組も出演されるイヴェントとなりました。

タイトルの"Serious Playground"は、鹿嶋さんの敬愛するローラ・ニーロの曲のタイトルから採られています。日本語にすると「真剣な遊び場」。今回の3組のアーティストさんとの共演、そしてそこから生まれるケミストリーが、鹿嶋さんには楽しくて楽しくて仕方がないのですが、だからといって馴れ合いになってはいけないという、つまりこれは、楽しい真剣勝負。まさしく"Serious Playground"なのです。

そして、これは私がまったく個人的に感じたことなのですが、この"Serious Playground"は、鹿嶋敏行版の『ソラニワ』でもあったのではないかと、そんな気がしました。

音楽性やパフォーマンスのスタイルはさまざまでありながら、そこに集った出演者たちの根底には、共通した何かがあり、その何かが響き合って、とても温かい時間と空間が生まれる――かつて鹿嶋さんが出演された『ソラニワ vol.3』(2010年11月23日開催)は、そんなライヴ・イヴェントでありました。

『ソラニワ vol.3』観覧記(2011年2月1日掲載)

今回の"Serious Playground"に出演なさった4組のみなさんも、やはり根底の部分では何かが共通しているという感触を、私は受けました。それをあえて言葉にするならば、この4組のみなさんは、世の主流に流されたりおもねったりすることなく、固有の表現世界を築き上げていて、しかもそれでいて排他的には決してならずに、いつでも扉を開いていて、どんなお客さんをも受け入れ、うたの力で温かく歓待するという、その懐の広さ、受容力の大きさこそが、根底の部分で共通していたように思うのです。

単に固有の表現世界を持っているだけでなく、その世界にオーディエンスをいざない、うたの力を媒介にして、そこにいる全員が存在を許される、誰にでも居場所がちゃんとある空間を作り出してしまう――それが、"Serious Playground"に出演なさった4組のみなさんに共通する特性であったと、私はそう思います。

うたの力が作り出す、誰もが等しく受け容れられる、遊び場。

sola さんがオーガナイズした場合に、それは『ソラニワ』と呼ばれ、鹿嶋さんの場合には"Serious Playground"と呼ばれる。

『ソラニワ』と"Serious Playground"のあいだには、同じ種類の優しさがあると、私は感じました。



今回の"Serious Playground"に集った4組のアーティストのみなさんの顔触れはというと、鹿嶋さんのほかには、アコースティック・ギターの弾き語りスタイルのヒラヲユミさん、アフリカの民俗音楽に他ジャンルの要素を加味している3ピース・バンドの Zawadi Band さん。

そしてもう1組が、とんちピクルスさんです。

... 続きを読む
スポンサーサイト
2013.01.19 Top↑
4月17日には、二子玉川にある美味しい中国茶と食料雑貨のお店、Lasah にて、この会場では二度めとなる、鹿嶋敏行(かじま・としゆき)さんのワンマン・ライヴが行なわれました。サポートは前回と同じく、メジャー・シーンでも活躍なさっている、ギタリストの久保田浩之さんです。

前回の Lasah でのライヴは、おふたりにとっては5年ぶりの共演でした。今回はそれほど長くは間が開いていないこともあり、前回以上におふたりのミュージシャンとしての呼吸はピッタリだったと思います。

今回撮影したライヴの写真をパソコンでチェックしているときに気づいたことなのですが、前回の Lasah でのワンマンを撮影したときには、鹿嶋さんのお姿と久保田さんのお姿を別々に撮影したもののほうが、圧倒的に数が多かったんですね。ところが今回は、鹿嶋さんと久保田さんのおふたりの姿を1つのフレームに収めている写真のほうが、数が多かったんです。

これというのは、鹿嶋さんと久保田さんが前回以上にひとつのチームとして緊密に結びついていらっしゃる雰囲気を私は無意識のうちに感じ取っていたから、おふたりが1つのフレームに収まっている構図を、より多く選択していたのだな、と思いました。

鹿嶋敏行さんと久保田浩之さん1 鹿嶋敏行さんと久保田浩之さん2


そして今回の Lasah ライヴも、前回と同様、実に多彩なジャンルの曲が取り上げられていましたが、それについて私はこのブログの中で次のように記しました。
2011.05.23 Top↑
12月29日に開催された sola さんのワンマン・カフェ・ライヴ『そらさんいんらさ』に引き続き、年が明けた2011年1月9日には、今度は鹿嶋敏行さんが、同じく二子玉川にあるお茶と食料雑貨のお店、Lasah を会場に、ワンマン・ライヴを開催なさいました。

久保田浩之さん1今回の鹿嶋さんのライヴで伴奏を務められたのは、メジャー・シーンでも活躍されているギタリスト、久保田浩之さんです。鹿嶋さんとは古くからの音楽仲間でいらっしゃいます。

そして、鹿嶋さんとの共演は、ほぼ5年ぶりなんだそうです。

藤嶋がこれまでに観てきた鹿嶋さんのライヴは、実はすべて、ピアノ伴奏でした。だから、ギター伴奏による鹿嶋さんの歌を生で聴くのは、今回が初めて。

加えて、これまでに観てきた鹿嶋さんのライヴは、たとえば第1回LGBT音楽祭であったり、すこたんソーシャルサービスさん主催のワンマン・ライヴであったりと、LGBTというテーマを強く意識した選曲になっていました。

対して、今回のライヴでの鹿嶋さんには、「遊び」が感じられました。パフォーマンスの面からも、選曲の面からも。

とってもリラックスした、打ち解けた雰囲気のライヴだったんです。

この日の鹿嶋さんは、5年ぶりとなる久保田さんとの共演を、心から楽しんでいる様子でした。同じミュージシャンとして単に信頼を寄せているだけではなく、ギタリストとしての久保田さんに、鹿嶋さんは心底から惚れ込んでいるのだという、そんな鹿嶋さんの「愛」が、あふれ出していました。

鹿嶋敏行さん1 鹿嶋敏行さん2
鹿嶋敏行さん3 鹿嶋敏行さん4


さらに今回のライヴは、藤嶋がこれまでに観てきた中で、最も多彩なジャンルに及んでいたものでした。
2011.02.11 Top↑
先月(2010年3月)23日付のエントリで告知した、鹿嶋敏行さんの単独ライヴ『自分らしく生きる』のレポート記事を、Gay Life Japan にて連載させていただいている「藤嶋隆樹のゲイミュージックワールド」のほうで書きました。

ぜひ読んでくださーい!

第10回 鹿嶋敏行ライブ「自分らしく生きる」 観覧記
http://www.gaylife.co.jp/scene/gaymusic/2157.html

鹿嶋敏行ライブ「自分らしく生きる」


2011年1月2日 追記:
鹿嶋敏行ライブ「自分らしく生きる」 観覧記は、Queer Music Experience.本編に転載いたしました。そちらでお読みいただけます。

鹿嶋敏行ライブ「自分らしく生きる」 観覧記(Queer Music Experience.)


2010.04.07 Top↑
私は以前、Gay Life Japan のほうで第1回LGBT音楽祭のレポート記事を書かせていただきました。

第1回LGBT音楽祭 観覧記 (Gay Life Japan, 2009.09.13)

この第1回LGBT音楽祭のステージで、「Seasons of Love」や「ヨイトマケの唄」など、心に響く感動的な歌声を聴かせてくださった、トランスジェンダーのシンガー、鹿嶋敏行さんが、来たる3月27日(土)、すこたんソーシャルサービスさんの主催で、初のソロ・ライヴを行います!

すこたんソーシャルサービス presents
鹿嶋敏行ライブ 「自分らしく生きる」


日時:3月27日(土)
開場:午後2時 開演:午後2時30分
場所:豊島区民センター5階 音楽室
   (東京都豊島区/池袋駅から徒歩5分)
カンパ:2500円(学生の方は1900円~)前売り200円引き
主催:すこたんソーシャルサービス


このイヴェントはゲイ・オンリーではなく、どなたでも参加できるミックス・イヴェントです。終演後には鹿嶋さんも交えて、参加者同士の交流会もあるそうです。(ドリンク付き)

チケットの申し込み方法など、詳しい情報は、ぜひ下のバナーをクリック!

すこたんソーシャルサービス presents 鹿嶋敏行ライブ


鹿嶋さんの MySpace では、鹿嶋さんのデモ音源の試聴が可能です。
「鹿嶋敏行さんって、どんな歌を歌っているの?」
と思われたかたは、ぜひこちらで試聴なさってください。
http://www.myspace.com/kajimarlkingdom


そして、鹿嶋さんがこのソロ・ライヴの開催に当たって、すこたんソーシャルサービスさんのサイトに寄稿された言葉を、ここでも引用させていただきます。

「私が一人の歌い手として表現をするとき、私のセクシュアリティーは決して私の音楽に無縁ではありません。それどころか、常々私はこの、生まれ持った私自身のセクシュアリティーをなにかしらのかたちで音楽に昇華してみたいとさえ思っていました。今回のイベントがその完成形であるとは言えないかもしれません。しかし、すこたんソーシャルサービスのみなさんと作り上げるこのひとときは、間違いなく私の音楽にとって大きなステップになるはずなのです。願わくば、みなさんにとっても有意義な、音楽に満ちたひとときとなりますように!」


当日は私こと藤嶋もお伺いさせていただきます。このブログをご覧になってくださっているみなさんも、鹿嶋さんの優しい歌声に包まれるひとときを、ぜひ一緒に過ごしてみませんか?


2010.03.23 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。