上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
1月30日は、おなじみ二子玉川のお茶と食料雑貨のお店 Lasah にて、2010年12月29日の sola さん、そして1月9日の鹿嶋敏行さんに引き続き、今度はゲイ・ミュージシャンの Yosuke さんが、ワンマン・カフェ・ライヴを行われました。

sola さんと鹿嶋さんのおふたりのライヴをそれぞれ拝見したことによって、「Lasah でのライヴはこんな感じ」というイメージが、藤嶋の中では出来上がりつつありました。

が。

そうしたイメージが固定観念化してしまうのをまるで阻むかのように、Yosuke さんの Lasah ライヴは、それはそれはもう、非常~にシュールな音空間でした。

今回の Yosuke さんの演奏スタイルは、鍵盤の弾き語り。使用楽器はキーボードのほか、もう一つ、なんとトイピアノを併用。

この日の Yosuke さんのMCによると、現在岐阜県岐阜市を中心にピアノ・パフォーマー/ピアニストとして活躍なさっている宇野正志さんがトイピアノで「トルコ行進曲」を演奏されている動画を YouTube でご覧になったのをきっかけに、トイピアノへの情熱が生じたのだそうです。

その動画がこちら。


単なるおもちゃとしてではなく、楽器としてのトイピアノの魅力を新たに発掘してみたいという思いから、今回キーボードとトイピアノの併用を思いついた Yosuke さん。

しかし、なんと楽器は、すべて床に直置き。

と、いうことは。

Yosuke さん自身も、床の上に直に腰を下ろして演奏することになります。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2011.02.11 Top↑
毎年夏に開催されている、セクシュアルマイノリティによるアートの祭典、Rainbow Arts。今年は7月24日から31日までの一週間、新宿駅から徒歩5分のところにある全労済ホール スペース・ゼロにて、作品の展示が行なわれました。

その最終日の7月31日に、ゲイ・ミュージシャンの Yosuke さんが、Rainbow Arts の展覧会の中で、ライヴ・パフォーマンスを行ないました。Yosuke さんのライヴは、5月15日に開催された INSIDE OUT the LIVE 2010 以来となります。

※INSIDE OUT the LIVE 2010については、Gay Life Japan 内の『藤嶋隆樹のゲイミュージックワールド』にてレポート記事を掲載しているので、ぜひそちらも参照してください。→第11回 INSIDE OUT the LIVE 2010 観覧記


Rainbow Arts 2010 Yosuke ライヴ その1


Yosuke さんは、2001年の夏に、自作曲「CARNIVAL」が東京レズビアン&ゲイ・パレード2001の公式テーマ・ソングに選ばれ、日本のゲイ・インディーズ・シーンに初登場。当時の最年少アーティストとして、ゲイ・メディアからも脚光を浴びました。

そんな Yosuke さんが目指しているのは、「アートと音楽の融合」。

2010.08.01 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。