上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
美味しいお茶と食料雑貨のお店、二子玉川の Lasah では、今月はタガワマコトさんの作品展『さわりたい光』が開催されています。

『さわりたい光』1 『さわりたい光』2
『さわりたい光』3


そして2月20日、タガワさんの作品展とのコラボ企画として、(ともし)さんのワンマン・ライヴが、同じく Lasah を会場に行なわれました。

藤嶋が灯さんのライヴを観るのは、2009年9月6日の Living Together Lounge 以来。もちろん、それ以降も灯さんはずっと継続的にライヴで歌い続けてきています。だからこそ、と言いますか、灯さんのライヴ出演と藤嶋の予定が噛み合わなくても、「大丈夫、また次の機会があるさっ」などと悠長なことを考えているうちに、こんなにも間が開いてしまいました……。ひー。ごめんなさいごめんなさい。



今回のライヴの撮影では、演奏中の灯さんの姿は、すべてセピア・カラーで撮ってみました。灯さんにはセピアが似合うような気がしたので。

灯1 灯2
灯3


この日の灯さんは、オープニングの1曲を除いては、トレードマークの帽子を被らずにパフォーマンス。どうしてかというと、緊張のせいで、ものすごく汗をかいていたから(笑)。Lasah のオーナーさんの話によると、演奏中の灯さんは、後ろから見ていてもわかるくらい、大量に汗が出ていたんだそうな(笑)。

緊張の原因の1つは、マイクがなかったからだそうです。灯さん曰く、自分の前にマイクが置いてあると、それがお客さんとのあいだの壁(と、灯さんは表現していたんだけど、ニュアンスとしては緩衝材といったほうが正確かな?)になってくれて、緊張が和らぐのだそうです。

でも、今回はマイクがないので、お客さんとのあいだの壁がなくて、すごく緊張する、と。

この灯さんのMCって、実は灯さんの歌の世界の性質も同時に説明しているような気が、藤嶋は、しました。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2011.02.22 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。