上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
全米では4月9日から公開される映画『ザ・ランナウェイズ』の話題が、日本の eiga.com でも紹介されました。

下着姿のダコタ・ファニングが熱唱!衝撃的なPV「チェリー・ボム」が公開 (eiga.com, 2010.03.12)

この『ザ・ランナウェイズ』は、1975年に女性のみで結成されたアメリカのハード・ロック・バンド、ザ・ランナウェイズのリード・ヴォーカルだったシェリー・カーリーの自伝を映画化したものです。

ランナウェイズは、本国アメリカよりも、ここ日本で、より大きな人気を獲得したバンドです。1977年の来日公演の模様もライヴ・アルバム化されています。

"Cherry Bomb"
悩殺爆弾
(1976)


Live in JapanLive in Japan
(2004/01/13)
The Runaways

商品詳細を見る


そして、今回の映画のプロデューサーは、ランナウェイズのオリジナル・メンバーであったジョーン・ジェットが務めています。

リズム・ギターを担当していたジョーンは、1977年にシェリー・カーリーがランナウェイズを脱退してからは、リード・ヴォーカルも兼任しました。そして1979年のバンド解散後は、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツを結成して、1982年にシングル「I Love Rock 'n Roll」を発表。この曲は全米で7週連続 No.1を記録する大ヒットとなっています。

そのジョーン・ジェットは、上記の eiga.com の記事の中で「レズビアンであるボーカル&ギターのジョーン・ジェット」と紹介されています。

実際、今日ではジョーン・ジェットはレズビアンであると一般的にも認識されています。たとえば音楽出版社から2004年に刊行されたムック本『ウーマン・イン・ロッククロニクル――40人&400枚で知る女性とロックの20世紀』に掲載されている、レズビアン・アーティストについてのコラムの中でも、やはりジョーン・ジェットの名前が挙げられています。

が、しかし。

ジョーン・ジェットは、自分の性的指向について、実は明言していないんです。

Wikipedia のジョーン・ジェットの記事を見てみると、ページ下部にある関連カテゴリ一覧には、LGBTに関するカテゴリは、いっさい含まれていません。これはおそらく、彼女が自身の性的指向について明言をしていないのを受けてのことだと思います。

それゆえ、ジョーン・ジェットをオープンリー・レズビアンとカテゴライズするのは、本来ならば非常に乱暴で危うい行為ではあります。

が、いろいろと調べていくうちに、カミングアウトという命題に対するジョーンのアーティストとしての立ち位置には一種独特な、興味深いものがあることがわかったので、それらの情報を整理して、あえて Queer Music Experience.にバイオグラフィーとして新しくアップロードしてみました。

ジョーン・ジェット バイオグラフィー (Queer Music Experience.) ←読んでね。



さて、ここで話を元に戻しますと、ジョーン・ジェットが自らプロデューサーも務めた映画『ザ・ランナウェイズ』は、当然のことながら、本国アメリカのゲイ&バイ女子向けエンタテインメント・ニュース・サイト AfterEllen.com でも、話題になっています。こちらの記事では、『Spin』誌に掲載されたシェリー・カーリーのインタヴューの内容が紹介されています。

ダコタ・ファニングによって演じられたシェリー・カーリーその人は、『ザ・ランナウェイズ』の試写を観て、いったい何を感じたのでしょうか――?

... 続きを読む
スポンサーサイト
2010.03.15 Top↑
アメリカのゲイ&バイ男子向けエンタテインメント・ニュース・サイト、AfterElton.com にて、今年度版の『The 50 Best Gay Movies』が発表されました。

The 50 Best Gay Movies(2009)(AfterElton.com)

この『The 50 Best Gay Movies』は、ユーザーの投票によって決定されるもので、昨年度に初めて実施され、その投票結果は、ゲイ向けニュース・サイトだけでなく、映画関連の日本語ニュース・サイトでも紹介されたので、ご記憶のかたも多いのではないかと思います。

※昨年度の投票結果はこちら

今年度の Top 50は、新たに11作品がリストに加わりました。その11作品のうち、最も上位にランキングされたのは、もちろん『MILK』。また、昨年度の東京国際レズビアン&ゲイ映画祭のオープニング作品であった『シェイクスピアと僕の夢』も、Top 10に食い込む健闘を見せています。

替わりに、アン・リー監督の『ウエディング・バンケット』や、ジュリー・アンドリュース主演の『ビクター/ビクトリア』、ユアン・マクレガー主演の『ベルベット・ゴールドマイン』、ペドロ・アルモドバル監督の『バッド・エデュケーション』が、リストから姿を消しました。

ちなみに、ゲイ映画として非常に有名でありながら、昨年度も今年度もリストに名前が登場してこないのが、ルキノ・ヴィスコンティ監督の『ベニスに死す』や、ルパート・エヴェレット主演の『アナザー・カントリー』。どうやら耽美系の映画は、映画史的には評価が高くとも、映画好きのゲイのあいだでは、あまり人気がないようです。

このリストは、主にアメリカ国内のユーザーからの投票で決定されているはずなので、日本では公開されていない作品も、非常に多く含まれています。これは、日本の配給会社が海外のゲイ映画を差別的に扱っているからではなく、日本にも販売網をもつアメリカの大手配給会社がゲイ・テーマの作品を制作する例がまだまだ少ない、ということによるものではないかと思います。日本未公開のゲイ映画の多くは、インディペンデント映画なんですね。それと、このリストには劇場用映画だけではなくTV映画も多く含まれています。

しかし、そうした日本未公開のゲイ映画も、ネット通販を利用すれば、DVDが購入できます。もちろんリージョンは異なりますが、最近はリージョン・フリーのDVDプレーヤーもかなり安価で販売されているので、興味のあるかたは、ぜひご覧になってみてください。

また、一部の作品は、YouTube などのような動画サイトに全篇がアップロードされていることもあります。合法か違法かで言えば、それはもちろん違法なんですが、正直なところ、私にはありがたかったです。昨年度も今年度も Top 10にランクされている『Latter Days』や『Trick』を、私は DailyMotion で観たんですが、どちらも素晴らしい作品でした。現在でもアップロードされているかどうかはわかりませんが、興味のあるかたは調べてみてください。



さて、今年度の Top 50 Gay Movies の傾向なんですが、公開年度の新旧には関わりなく、既に一定の評価を得ている高名な作品は、その多くが順位を落としています。替わりに比較的近年の作品が評価を上げているのが今年度の傾向のように思います。

その一方で、『モーリス』や『トーチソング・トリロジー』といった80年代の作品が、多少は順位を落としながらも、依然として上位にランキングされているのは嬉しいですね。

さて、それではリストの中身を以下に紹介していきますが、昨年度の順位も併せて紹介しています。また、日本でも劇場公開されたりソフト化されている作品については、邦題と原題の両方を表記しています。


2009.09.15 Top↑
ゲイがテーマのイギリスのテレビドラマ『Queer As Folk』。そのアメリカ版の主人公の一人、マイケルは、スーパーヒーローマニアという設定です。

正確には、マニアではなくフェチ。

スーパーヒーローフェチ。

アメリカのスーパーヒーローは、スーパーマンバットマン、あるいはスパイダーマンのように、

全身タイツ姿が主流。

つまりは、「全身タイツ姿で闘うヒーローに性的興奮を覚える」、っつーことです。

実は、日本のスーパーヒーローも、ウルトラマン登場よりも前の時代は、ほとんどが全身タイツでした。


2007.01.01 Top↑
今月は、全米各地でゲイ・プライド・イヴェントが開催されています。先週は、ニューヨークでゲイ・プライド・パレードが行なわれました。

ゲイ・プライド・イヴェントというと、パレードか、あるいは野外でのライヴ・イヴェントを想起される方も多いかと思いますが、ゲイ映画祭も、ゲイ・プライド・イヴェントの1つです。

今月の1日から11日にかけて、ニューヨークで開催された、NewFestというLGBT映画祭では、『Coffee Date』という作品が上映されました。

この作品には、'80年代後半に全米のトップ・アイドルとして大活躍した、デビー・ギブソン(現、デボラ・ギブソン)が出演しています。


2006.06.29 Top↑
昨年の夏に新宿で開催された、ゲイ&レズビアンの実力派インディー・アーティストたちによるライヴ・イヴェント、Rainbow Music Expoに、私ことQ.M.E.管理人は、GOLDEN ROSEのバック・ダンサーとして、出演しました。

Rainbow Music Expoでのライヴに備え、当時のGOLDEN ROSEチームは、群馬県某所で合宿を行ないました。その合宿で、ジュリー・アンドリュース主演のミュージカル映画『ビクター/ビクトリア』のDVDを、GOLDEN ROSEチームのプロデューサーが上演してくれました。

別にライヴの参考資料というわけではなく、ただ単にプロデューサーが「面白いからみんなで観よう」と上演してくれたんですが、本当に面白いミュージカル映画でした。

ただ、DVDの上映が始まったのは、確か深夜の2時とか3時過ぎで、途中で眠気に耐え切れなくなった藤嶋は、結末を観ないまま床に就いてしまったのでした。

合宿から帰ってからは、映画の結末が気になりつつも、ライヴの準備が忙しく、そのうち『ビクター/ビクトリア』のことはすっかり忘れてしまいました。


今年に入ってから、藤嶋は大学の授業を通じて、ミュージカルの歴史について学び始めました。実はミュージカルというジャンル自体に大きな関心があったわけではなかったのですが、大学生活も4年目となると、興味のある授業は大方受講し尽くしてしまっていたので、自分の関心外の授業も受講せざるを得なかったのです。

ミュージカルの授業では、参考資料として、さまざまなミュージカル映画の映像が上映されます。それらを観ているうちに、ミュージカルに大きな関心のなかった藤嶋は、すっかりミュージカル映画が大好きになってしまいました。今ではその授業が毎週毎週楽しみで仕方ありません。

そして、自分でもミュージカル映画のDVDを次々と購入して楽しんでいるのですが、件の『ビクター/ビクトリア』のDVDも、690円という超低価格で売られていたので、迷わず購入して、結末まで鑑賞しました。

以下からは、『ビクター/ビクトリア』の内容についての記述になります。結末を知りたい方、もしくは知っている方のみ続きをお読みください。


2006.05.28 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。