上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
ミッツ・マングローブ ミニライヴ&握手会フライヤー4月4日は俗に「オカマの日」などと言われていますが、現在テレビ界で大活躍をなさっているドラァグ・クイーン、ミッツ・マングローブさんの歌手デビュー・シングル「若いってすばらしい」の発売記念ミニライヴ&握手会が、この「オカマの日」に、タワーレコード新宿店7Fイベントスペースを会場に開催されました。

このインストア・ライヴの模様は、翌日にマス・メディアが一斉に報じています。

ミッツ・マングローブ、デビュー曲を披露(サンケイスポーツ、2011.04.05)

ミッツ、初のライブはミカン箱の上(デイリースポーツ、2011.04.05)

ミッツ・マングローブ、インストアイベントにも「不謹慎…」と恐縮(ORICON STYLE、2011.04.05)

私もこのミニ・ライヴに足を運んでいたのですが、人気絶頂のミッツさんだけあって、すごい数の取材陣が押しかけていました。インストア・ライヴというよりも、もはやマス・メディア向けの記者会見という雰囲気。

もちろん、ファンのかたもたくさんいらっしゃっていました。ところが、早い時間から被りつきを陣取っていらっしゃった背の高い男性のお客さんが、テレビカメラの邪魔になるからと、場所を移動させられたり、やはりテレビカメラの邪魔になるからと、お客さんには腰を下ろすことが要求されたりと、ファンのかたよりも取材陣のほうが明らかに優遇されていて、ファン向けの握手会も併せて開催されてはいたものの、実質的にはマス・メディアを対象としたイヴェントであったように感じました。

あくまでも一般のファンに向けて開催されたイヴェントなのであれば、主催・運営側は、集まったファンのかたたちに楽しんでもらうことを、まず第一に考えていただきたかったですね。そして、マス・メディアのかたたち、特に映像メディアのかたたちは、お客さんがたに対してもっと謙虚な姿勢で、取材活動を行なっていただきたかった。映像メディアのかたたちの、自分たちが優遇されることは当たり前と感じている不遜さが、正直、鼻につきました。

そうした不満は残ったものの、それらはミッツさんのあずかり知らぬことであって、ミッツさんのステージそのものは、とっても素晴らしかったです。

とにかく歌が巧い!

しかも、ミッツさんは単に歌が巧いだけのかたではないのです。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2011.04.23 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。