上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
オープンリー・ゲイのキーボーディスト/ギタリストであるロスタム・バトマングリ (Rostam Batmanglij)を擁するアフロ・ポップ・バンド、ヴァンパイア・ウィークエンド (Vampire Weekend)が、今年の春にニュー・アルバムをリリースするそうです。音楽ポータル・サイト BARKS が1月8日付で報じています。

ヴァンパイア・ウィークエンド、2013年春に新作アルバムをリリース(BARKS ニュース、2013.01.08)

2010年にリリースされた前作『コントラ (Contra)』は、『Billboard』誌の Top200で見事に No.1を記録しました。昨年リリースされたアダム・ランバートのセカンド・アルバム『トレスパッシング (Trespassing)』が同チャートで No.1を記録した際に、オープンリー・ゲイのアーティストの作品が初めて全米 No.1を記録したとして話題になりましたが、これはあくまでもソロ・アーティストの話であって、対象の範囲を拡大してオープンリー・ゲイのメンバーのいるバンドまでも含めると、ヴァンパイア・ウィークエンドのロスタム・バトマングリも、全米 No.1ヒットを有するオープンリー・ゲイのアーティストの一人となります。

その意味では、ロスタム・バトマングリは現在アダム・ランバートと並んで、最も大衆的な成功をも収めているオープンリー・ゲイのアーティストです。ニュー・アルバムもおそらく大ヒットすることと思います。リリースが今から楽しみです。

コントラコントラ
(2010/01/13)
ヴァンパイア・ウィークエンド

商品詳細を見る




さて、BARKS ニュースの記事の中には、ヴァンパイア・ウィークエンドが「最近、米 TV 番組『ジミー・キンメル・ライブ』で新曲『アンビリーバーズ』を披露したばかり」との記載がありますが、その模様は既に YouTube にて視聴が可能になっています。

その映像を観てビックリしたのですが、メンバーが全員ドクロを模した白塗りメイクをしていて、一瞬「ゴールデンボンバーか?」と錯覚しそうになりました。ヴァンパイア・ウィークエンド一流のユニークなパフォーマンスは健在です。

というわけで、ヴァンパイア・ウィークエンドの新曲「Unbelievers」のスタジオ・ライヴをご覧ください。



"Unbelievers"
(2012, Live)




スポンサーサイト
2013.01.09 Top↑
自分でも気づかないうちに、CDのネット通販やダウンロード販売を当たり前のこととし過ぎていて、CDショップに実際に足を運ぶ機会が、すっかり少なくなっていました。

いかん。いかんわ。

自分の欲しい商品だけを即座に見つけてこられるのが、ネット・ショッピングの良いところではあるんだけど、これといった目当てもなくウィンドウ・ショッピングをしている最中に思わぬ掘り出し物に出会う、という素敵なめぐり合わせは減ります。

どんなCDが平積みになっているのか。どんなCDにポップ広告が付いているのか。そうした店頭の様子を眺めることによって、世間一般の流行とか全体的な動向も実は把握ができたりするんだけど、ネット通販やダウンロード販売への依存が高まってからは、そうした外部の動向に、すっかり疎くなってしまいました。

流行りモノを押さえておかなくちゃダメ! みたいな強迫観念は、特にはないんです。もともと音楽以外の流行りモノについては最初から凄まじく疎いし、それがコンプレックスになったこともないの。でも、音楽については今までは敏感に反応できていたのに、今ではすっかり疎くなっちまって。

これってさー、なんだか自分が劣化したみたいじゃない?

それはちょっとイヤだなー、と。

それを思い知らされたのが、先月(2月)22日のエントリで紹介したアポテケの存在に、自分では長いあいだ気づけなかった、という事実。

LGBTミュージックについてのサイトやブログを運営していながら、アポテケのようにゲイ・プライドにあふれた日本人アーティストの存在に気づけなかったっつーのは、これはもう、藤嶋のアンテナが劣化したとしか思えないじゃありませんか。

いかん。いかんわ。

そんなわけで、もっと最新の情報にも気を配らなくちゃ! と焦る中で見つけたのが、以下のリンクの記事。

Vampire Weekend Keyboardist Rostam Batmanglij Confirms He's Gay, Talks Love Songs. (AfterElton.com, 2010.02.22)

この記事は、アメリカのアフロ・ポップ・バンド、ヴァンパイア・ウィークエンドのキーボーディスト/ギタリストのロスタム・バトマングリが、アメリカのゲイ雑誌『Out』のインタヴューで、自身の性的指向について語った、というニュースです。

といっても、ここで初めてカミングアウトしたわけではなくて、ゲイであることは以前からオープンにしていたみたい。

この記事を読むまで、藤嶋はヴァンパイア・ウィークエンドの名前を知りませんでした。そこで彼らについて調べてみたところ……。

2010.03.12 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。