上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
『Fragiler』ジャケット新宿二丁目の ALAMAS CAFE のDJブースから、毎月第四金曜日の22時より公開放送されている、ゲイ雑誌『Badi』の公式 USTREAM 番組『Badi チャンネル』のテーマ・ソング「KnocK」を歌われている、シンガー・ソングライターの Men⇔Dy (メンディー) さんの2枚目のアルバム『Fragiler』(フラジャイラー)が、2月3日より発売開始となりました。

同日には、やはり同じく ALAMAS CAFE のDJブースから、こちらは毎月第一日曜日に公開放送されている、Men⇔Dy さんがメイン・パーソナリティーの USTREAM 番組『ジェンダラスナイト』にて、『Fragiler』の全曲紹介がありました。

『ジェンダラスナイト』は録画放送もされているので、このブログをお読みになってくださっているみなさまも、ぜひ下のURLをクリックして、『Fragiler』の全曲紹介をご覧になってみてください。58:40前後から全曲紹介が始まります。

http://www.ustream.tv/recorded/29006057

さらに、たけださとしさんのポッドキャスト『たけださとしの歌のフリーマーケット』でも、Men⇔Dy さんをゲストに迎えた前後編が、やはり2月3日から配信開始となっています。

第185回★Men⇔Dyの地味なニューアルバムに込められたアーティスト魂! 2/9のイベントもよろしく(前編)★(たけださとしの歌のフリーマーケット、2013.02.03)

第186回★Men⇔Dyの地味なニューアルバムに込められたアーティスト魂! 2/9のイベントもよろしく(後編)★(たけださとしの歌のフリーマーケット、2013.02.03)

この『歌のフリーマーケット』の前後編や、『ジェンダラスナイト』の中でも語られているように、今回の Men⇔Dy さんのニュー・アルバム『Fragiler』は、Men⇔Dy さん曰く、「地味」なアルバムです。

どう「地味」なのかというと。

これまでの Men⇔Dy さんの楽曲にあったような、明るくダンサブルな要素が影を潜め、バラードや、あるいはプログレ色のある暗いイメージの楽曲が、その中心となっています。

そして、全体のテーマは、タイトルにもあるとおり、「コワレモノ」。

Men⇔Dy さんはご自身のブログの中で、今作について、次のように記していらっしゃいます。

「人は皆コワレモノ。
儚いモノを抱え、健気に生きようとすればするほど傷ついてしまうものです。

でも、私はそんな人間が好きです。
先にある砂粒くらいの光に向かって、もがきながらも進もうとする人の方を押してあげる事が出来るように、そういう気持ちで今作は作っていきました。

もがく事、絶望。
私にとって絶望は、先に進もうとする人が誰しもが味わうプロセスだと思っています。
そう考えると、絶望という言葉そのものは、けっしてネガティブな言葉には思えないのです。

いつかどこかで、絶望のふちにいる誰かの耳にこの作品が届いて、少しでも後押しする事が出来たなら、その時ようやくこのアルバムを出した事に達成を感じる事が出来るような気がしています。」


私が Men⇔Dy さんのことを知ったのは、実は比較的近年のことです。だから、Men⇔Dy さんのデビューから今日までの変遷を、すべて見てきたわけではありません。そんな俄かファンの私であっても、今回の『Fragiler』が、これまでの Men⇔Dy さんのパブリック・イメージに比して相当「地味」な作品に仕上がっていることはわかります。むしろ、昔から Men⇔Dy さんのことを知らなかったぶん、Men⇔Dy さんの表現の引き出しの多寡がわかっていないからこそ、今回の変化の振幅が、なおさら大きく感じられるのです。

しかしながら、この「地味」なテイストこそが、Men⇔Dy さんが前々から取り組んでみたかった路線であるということは、たけださんの『歌のフリーマーケット』の中で、Men⇔Dy さんご自身の口からじっくりと語られています。「地味」であるせいで、ひょっとしたらこれまでのリスナーが離れていってしまうかもしれないことすら、Men⇔Dy さんは覚悟なさっているようで、それだけ強い思い入れが、この『Fragiler』には込められているのだということが、『歌のフリーマーケット』での Men⇔Dy さんのインタヴューを聴けばよくわかります。

さて。

Men⇔Dy さんが音源上でこれだけ大きな変化を示したとなれば、次に気になってくるのは、Men⇔Dy さんのライヴ・パフォーマンスの内容が、楽曲の雰囲気の変化に伴って、いったいどのように変貌するのか、ということ。

アルバムの発売開始からほぼ一週間後の2月9日には、Men⇔Dy さんと小松美佳さんの共同企画によるライヴ・イヴェント『Men⇔Dy × 小松美佳 presents 「shimokita 雪山ロッヂ」』が、下北沢 MOZAiC にて開催されました。出演は、Men⇔Dy さんと小松美佳さんのほかには、HIRUGI.co さんと、そして Men⇔Dy さんと共に『ジェンダラスナイト』のパーソナリティを務めていらっしゃる ooming.さんをヴォーカルに擁するロック・バンド、わるだくみの、計4組。

この『shimokita 雪山ロッヂ』は、『Fragiler』の発売記念ライヴではなく、会場を雪山のロッジに見立てた、コンセプト・ライヴです。架空のロッジから届けられる架空のラジオ・プログラムという体裁で、ライヴの全体が進行します。舞台転換のあいだには Men⇔Dy さんを始めとする出演者のみなさんによるラジオ風のトークも繰り広げられ、単なる対バン・ライヴとは一線を画した、テーマ・パーク感覚のライヴ・イヴェントでした。

これを企画した Men⇔Dy さんとしては、当日いらっしゃったお客さんから感想をいただくのであれば、ご自身のライヴ・パフォーマンスへの感想だけではなく、企画そのものへの感想や、共演者のみなさんのライヴ・パフォーマンスの感想なども、当然お聞きになりたいことと思います。だから、『shimokita 雪山ロッヂ』の観覧記を私も書くのであれば、Men⇔Dy さんについてだけではなく、イヴェント全体についても述べるべきだとは思うのですが、いかんせん字数が膨大になってしまうので、ここではあえて、このイヴェントにおける私のいちばんの関心事であった、『Fragiler』発売後初の Men⇔Dy さんのライヴ・パフォーマンスについて、話題を絞らせていただきます。



というわけで、先にも述べたとおり、私は Men⇔Dy さんのライヴを拝見するようになってから、実はまだそれほどの年月を経てはいませんが、その程度の俄かファンである私にも、Men⇔Dy さんのライヴ・パフォーマンスにはダンサブルなイメージがありました。

と同時に、そのダンサブルなイメージは、アーティストとしての Men⇔Dy さんの偽りなき一つの側面ではあったとしても、決して本質ではない、という感触も、実はありました。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2013.02.12 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。