上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
2月1日付の記事です。

マドンナ、2ndシングルのリミックスはアノ人が担当(Listen Japan)

「アノ人」というのは、ペット・ショップ・ボーイズ。

ペット・ショップ・ボーイズの1988年の全英No.1シングル「Heart」は、もともとはマドンナに歌ってもらおうと思って書いた曲だという話が、ペット・ショップ・ボーイズのベスト・アルバム『Discography』のセルフ・ライナーには書いてあります。

しかし、断わられたときのことを考えると怖くて、結局は自分たちで歌ったんだそう。

この記事によると、『Confessions on a Dancefloor』からの2ndシングルである「Sorry」のリミックスには、ニール・テナントの声もバック・コーラスで微妙にフィーチャーされているとのこと。

以前、ペット・ショップ・ボーイズは、デヴィッド・ボウイの'96年のアルバム『Outside』からの2ndシングル「Hallo Spaceboy」のリミックスを依頼された際に、ボウイのヴォーカルの一部をニールのものと差し替えて、勝手にデュエット・ナンバーに仕立ててしまったという実績があります。

でも、さすがに相手がマドンナだと、「微妙にフィーチャー」程度で済ませているらしい。まあ、まだ聴いたわけではないので、その「微妙」というのがどの程度のサジ加減なのかは、よくわからんのですが。

いずれにせよ、ペット・ショップ・ボーイズとマドンナの初のコラボ、非常に楽しみです。


スポンサーサイト
2006.02.02 Top↑
マドンナのニュー・アルバム『Confessions On A Dance Floor』からの先行シングル、「Hung Up」が、アメリカのBillboard誌の11月5日付のシングル・チャートで、20位に初登場した。

Madonna / Confessions On A Dance Floor


前作『American Life』は、世界各国のアルバム・チャートでNo.1を記録してはいるものの、これまでの売り上げは400万枚で、彼女の歴代アルバムの中では最低の数字である。

このマイナスを取り戻すため、今度のアルバムは、完全なダンス・アルバムになっているらしい。さすがはマドンナ、20年に渡ってトップの座を維持してきただけあって、ファンが彼女に何を望んでいるのかを、適確に理解している。

そしてマドンナは、ゲイのファンに向けてのアピールも、忘れてはいない。


2005.11.03 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。