上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
 昨年(2013年)にイギリスでブレイクを果たして以降、既に3曲のシングルが全英チャートの No.1に輝いている、現在大躍進中のブルー・アイド・ソウル・シンガー、サム・スミス (Sam Smith)

 そのサム・スミスの性的指向が、かねてから英米のゲイ・メディアでは、話題になっていました。

サム・スミス


 5月22日には、彼の最新のミュージック・ヴィデオ「Leave Your Lover」が、YouTube で公開されたのですが、その内容には男性同性愛の要素があり、公開開始の翌日には、アメリカのメジャー・ゲイ雑誌『Out』誌のサイトに、サム・スミスの性的指向を憶測する記事が掲載されました。

 その記事が、こちら。

 ※Did Sam Smith Come Out in His Latest Video? (Out Magazine, 2014.05.23)

 この記事の中で、憶測の根拠として挙げられていたのは、彼がその交際関係を常に曖昧にしていることと、『The New York Times』紙からのインタヴューに答える中で、ビヨンセやホイットニー・ヒューストンといったディーヴァたちや、ジョージ・マイケル、エルトン・ジョンといったアーティストたちが好きだと語っていたこと、などでした。

 そして、この記事は、最後には、“Is this Smith’s subtly not-so-subtle way of coming out? Or just a tease to get us riled up?”という一文で締めくくられていました。

 私個人としては、こうした性的指向の憶測報道は、それが異性愛者側からのものであれ、LGBT側からのものであれ、好ましいとは思っていません。

 同性愛の指向を、あくまでも仄めかし程度に留めておいて、わざと曖昧にするという表現方法も、それはそれで、性的指向について表現者としてどのようなスタンスをとるかという表明の、一つの形なのだから、オーディエンスはそれをそのまま受け止めればいいというだけの話であって、少なくともマス・メディアが一喜一憂する必要はないと思っています。

 だから、サムのように、性的指向を曖昧にしているアーティストに対して、「白か黒かハッキリしろ」と、マス・メディアが苛つくのは、それがたとえ『Out』誌のようなゲイ・メディアであっても、大きなお世話でしかないと、理屈の上では思います。

 とはいうものの、サム・スミスがゲイであったとして、彼のように今が旬のアーティストが、ゲイであることをカミング・アウトしてくれたら、と期待する気持ちが、私の中にあったのも、また事実でした。

 だから私は、『Out』誌の記事が出て以降は、サムの性的指向にも個人的には関心を寄せていました。

 そして、5月26日、サム・スミスの待望のデビュー・アルバム『In the Lonely Hour』が、ついにリリースされました。

サム・スミス『In The Lonely Hour』ジャケット


 その『In the Lonely Hour』のリリースから2日後の5月28日、サムは、アメリカの音楽誌『The FADER』からのインタヴューに応えて、このアルバムは、彼自身の報われなかった男性との恋愛体験にインスパイアされたものであるということを、明らかにしました。

 『The FADER』誌のインタヴューの全文は、こちら。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2014.05.30 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。