上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
 やったよ! やってくれましたよ!

 当ブログの昨年(2013年)11月14日付の記事で紹介した、今年度(2014年)のユーロヴィジョン・ソング・コンテストのオーストリア代表、ドラァグ・クイーン・シンガーのコンチータ・ヴルスト (Conchita Wurst)が、5月10日の夜(日本時間の11日未明)にデンマークのコペンハーゲンにて開催された決勝で、見事、優勝を果たしました!

コンチータ、おめでとう!!


コンチータ・ヴルスト バイオグラフィー (Queer Music Experience.)←新しい情報を書き加えてあります。

コンチータ・ヴルスト
(画像は Attitude Magazine 公式サイトの記事から)


Austria’s Conchita Wurst wins Eurovision Song Contest (Attitude Magazine, 2014.05.11)

Conchita wins Eurovision (Gay Star News, 2014.05.11)

 コンチータ・ヴルスト優勝のニュースは、ここ日本の大手メディアでも報じられました。

オーストリア代表の「ひげの女装歌手」が優勝、欧州歌謡祭ユーロビジョン(AFPBBNews, 2014.05.11)

(この AFP やロイターの日本語記事、さらにはフジテレビ系列で5月17日に放映された『世界 HOT ジャーナル』などといった、大手メディアによる日本での報道の大半は、コンチータ・ヴルストの名前を、英語読みの「ウルスト」と表記・発音しています。私に確認できた範囲内での例外は TVK テレビ[テレビ神奈川]で、この局で毎週水曜日に放送されている『Billboard TOP40』の5月14日放送分では、VJ の中村真理さんが、コンチータのことを「コンチータ・ヴルスト」と、ドイツ語読みで紹介なさっていました。)



 さて。

 この記事の冒頭でリンクを張った、当ブログの昨年11月14日付の記事の中でも触れているように、昨年の10月、コンチータ・ヴルストがユーロヴィジョンのオーストリア代表に決定した直後には、Facebook 上にアンチ・コンチータ・ヴルストのページが作成され、「いいね!」の数が40,000を超えるという騒動が起こりました。

 また、ベラルーシでは、ユーロヴィジョン本選でのコンチータ・ヴルストの出演場面を放送禁止にするよう、2,000人が署名したという請願書が、ベラルーシの情報省に提出されるという事態も起こりました。

 これらの反発は、いずれも彼女がトランスヴェスタイト(異性装)のゲイであるという、たったそれだけの理由からでした。

 特に、ベラルーシでの署名運動の中心人物の一人であったアルチョーム・キラショウなどは、その同性愛嫌悪を全く隠そうともしていませんでした。露骨なまでの嫌悪ぶりを、キラショウは、マス・メディアを通じて、全世界に向けて発信していました。

 こうした騒動があったことから、コンチータ・ヴルストの存在は、今大会の大きな話題の一つとなっていました。そして、5月8日のセミ・ファイナル前に開かれた記者会見の様子は、日本のマス・メディアでも報じられました。

「ひげ面の女装歌手」が話題独占、欧州歌謡祭(AFPBBNews, 2014.05.09)

 同じく5月8日付で、イギリスのメジャー・ゲイ雑誌『Attitude』誌のサイトに掲載された記事の中では、コンチータは、「どうして女装姿なのに髭を生やしているのか」という質問に、次のように答えています。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2014.05.21 Top↑
 このブログでは、2007年から2008年にかけての一時期、ユーロヴィジョン・ソング・コンテストについて集中的に書いた時期がありました。

※当ブログのユーロヴィジョンについてのカテゴリはこちらです。

 今回のエントリでは、そのユーロヴィジョン・ソング・コンテストに関する話題について、久々に書いていきます。

 来年(2014年)にデンマークのコペンハーゲンにて開催されるユーロヴィジョン・ソング・コンテストの、オーストリア代表に選ばれているのが、漆黒のラウンド髭をたくわえたドラァグ・クイーンの、コンチータ・ヴルスト (Conchita Wurst)です。

 ユーロヴィジョンにドラァグ・クイーンのシンガーが登場するのは、これが初めてではありません。髭を生やしたドラァグ・クイーンのシンガーも、既にブルガリアのアジスや、スペインのラ・シェールといった例を、このブログで紹介しています。

※当ブログのアジスについてのカテゴリはこちら

※スペインの髭付きドラァグ・シンガーのラ・シェールを紹介した当ブログのエントリはこちら

 そんなわけで、私にとっては、ユーロヴィジョンに出演する髭付きドラァグ・クイーン・シンガーというのは、これといって珍しくも目新しくもなく、むしろ見慣れていてもおかしくないくらいのはずなんですが、それにもかかわらず、コンチータ・ヴルストのアーティスト写真を初めて見たときには、かなりのインパクトを受けました。

コンチータ・ヴルスト1

コンチータ・ヴルスト2


 このコンチータ・ヴルストのヴィジュアルは、かつては日本にも存在していたゲイ・インディーズ・シーンの黎明期に大活躍をなさっていた Fiction Mitz さんの、髭を生やした時の顔にそっくりだったので、個人的にはかなりウケました。

Fiction Mitz バイオグラフィー(Queer Music Experience.)

2001年8月25日の
東京レズビアン&ゲイパレード2001前日祭 GLORY
(東京・代々木公園イベント広場)に
出演した時の Fiction Mitz
Fiction Mitz


 まあ、それはそうとして。

 このコンチータ・ヴルストに限らず、髭付きのドラァグ・シンガーというのは、その強烈なヴィジュアルゆえに、どうしても色モノのように思われがちなんですが、ブルガリアのアジスがそうであったように、コンチータ・ヴルストもまた、ユーロヴィジョンのオーストリア代表に選出されたがために、ホモフォビアの人々から政治的な圧力を加えられているそうなんです。

 そうした事態に至るまでのコンチータ・ヴルストのキャリアの変遷については、親サイトの Queer Music Experience.に、新しくコンチータ・ヴルストのバイオグラフィーをまとめたので、ぜひそちらもお読みになってみてください。

コンチータ・ヴルスト バイオグラフィー(Queer Music Experience.)

 さて、上にリンクしたバイオグラフィーにも記していますが、先月(2013年10月)に ORF(オーストリア放送協会)が、ユーロヴィジョンの2014年度のオーストリア代表にコンチータ・ヴルストを選出したという、その決定に反発する声が、国内外から挙がっているそうなのです。

2013.11.14 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。