上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
こういうタイトルをつけると、あたかも藤嶋が新宿二丁目のベローチェで痴話喧嘩をして号泣したかのようですが、実は全然そんなことはなく、ただ単にニチョベロで本を読んでいて、内容に感情移入して号泣した、というだけの話です。

読んでいた本はというと、いま流行りの号泣系純愛小説ではなく、元アニメ脚本家だった辻真先のユーモアミステリ、『迷犬ルパンと里見八犬伝』(笑)。

好きなんですよ、『迷犬ルパン』シリーズが。それがナニか?(笑)

『迷犬ルパン』は、赤川次郎の『三毛猫ホームズ』の向こうを張って書かれたシリーズ作品で、チャウチャウと柴犬の混血の「ルパン」が、警視庁捜査一課の朝日正義(まさよし)刑事とコンビを組んで活躍する、ドタバタ調のミステリ。紙の本ではとうの昔に絶版になっていて、古本屋でもあんまり見かけないんだけど、電子書籍のほうではシリーズ全作が復刊されているので、藤嶋はPDAを使って愛読してるんですね。

で、昨日読み始めた『迷犬ルパンと里見八犬伝』が、異常に面白かったんですよ。

ミステリとして面白いというより、犬のキャラクターが大量に登場してくるところが、犬好きの藤嶋にはたまらない。もー、感情移入しまくり。

舞台は千葉県。里見八犬伝ゆかりの富山(とみさん)の山麓で、人間に捨てられた犬や猫を三十三匹も飼っている親切なお婆さんが、事故に見せかけて何者かに殺され、そのお婆さんの無念を、シリーズのレギュラーキャラクターたちが、お婆さんに飼われていた犬たちと共に晴らす、というストーリー。

犯人の醜い陰謀に巻き込まれた犬たちが、もー可哀そうで可哀そうで仕方なくて。

読んでいた場所がニチョベロだったにもかかわらず、思わず泣いちゃったんですよ。

目が潤むとかいうレヴェルじゃなくて、頬の上を、涙がツーッと。

涙を拭こうと思って眼鏡を外して、目頭を押さえたら、それが反っていけなかったらしくて、堰を切ったように、涙と鼻汁がダーッと(笑)。

しかも、読んでいたのは紙の本ではなく、PDAを使っての電子書籍だから、はたから見たら、本を読んで泣いているのではなく、ゲームか何かをやりながら泣いている、ワケわからん人に見えたに違いない。

読むのを途中で中断できなくて、結局ニチョベロで結末まで一気読み。

やっぱ、犬のキャラクターの出てくる小説はイイわー。優しい気持ちになれます。


スポンサーサイト
2005.05.31 Top↑
昨日(日曜日)は、G-men主催による、映画『ノミ・ソング』の特別試写会(つまりゲイ・オンリー)に行ってきました。

『ノミ・ソング』は、ロック/ポップスの分野でいちばん最初にエイズで命を落としてしまったアーティスト、クラウス・ノミのドキュメンタリー映画です。

製作されたのは2003年なんですが、ようやく日本でも正式公開されることが決まり、クラウス・ノミの国内盤も、2枚のオリジナル・アルバムと1枚のベスト・アルバムが、今月25日にめでたく発売されました。

G-men主催の試写会の雰囲気と、『ノミ・ソング』を観ての感想は、後日Q.M.E.のほうにレビューとしてアップロードする予定です。こちらのブログのほうでは、26日に東京国際フォーラムで行なわれた『ノミ・ソング』試写会について書きたいと思います。


2005.05.30 Top↑
海外のゲイ・インディーズのCDを日本で手に入れようとすると、大半は海外のサイトから直に通販で購入するしかないのですが、メジャー並みの資本力を持つ大手インディー・レーベルと契約しているアーティストに関しては、TOWER RECORDSやHMVなどの大型店舗で輸入盤が購入できる場合もあります。

藤嶋はこれまでにも、アリ・ゴールドの『Space Under Sun』や、レイチェル・セイジの『Ballads & Burlesque』といった、アメリカのインディーズのクイアー・アーティストのCDを、TOWER RECORDS新宿店で購入しているんですが、今日は、藤嶋が以前から注目していたジム・ヴェラロスの最新アルバム『Rollercoaster』を、やはりTOWER RECORDS新宿店で見つけたので、即購入しました。

jim_verraros_rollercoaster.png


ジム・ヴェラロスについては、既にQ.M.E.で詳しいプロフィールを紹介していますが(Q.M.E.のジム・ヴェラロス紹介ページはこちら)、彼はアメリカFOXテレビの人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』の第1シーズンのファイナリスト(最終候補者)でした。

つまり彼は、目下「Since U Been Gone」がロング・ヒットを続けている、あのケリー・クラークソンの同期なんですね。



2005.05.28 Top↑
5月24日のYahoo!ニュースの、下記のURLの記事を、お読みになった方も多くいらっしゃることと思います。

「一番好きな曲」ビートルズはゼロ…BBCが人気投票
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050524-00000503-yom-ent

読売新聞から転載されている、この記事の書き方というのは、普通だったらビートルズの曲が1位に選ばれるであろうはずのところが、どの年代においても選ばれなかった、それは意外だ――、という書き方ですよね?

このBBSラジオ2の人気投票の結果を、しかしGay.com UKが記事にすると、全く違った切り口になります。


2005.05.26 Top↑
Gay.comの以下のURLでは、シザー・シスターズ「Filthy/Gorgeous」のヴィデオ・クリップの、アンカット・ヴァージョンを視聴することができます。

http://www.gay.com/entertainment/news/?sernum=978&navpath=/channels/entertainment/music

メジャーのオープンリー・ゲイ・アーティストが、こういうヴィデオ・クリップを作るのは、まさに社会への挑戦。

ぜひ観て。


2005.05.20 Top↑
新しいトピックを見つけるたびに、Queer Musician.の紹介ページのテクストを書き換えるのは大変なので、いずれは手を加えるための資料をストックするというのも兼ねて、先ずはこちらのブログで紹介していこうというつもりでいます。

その第1弾が、ボーイ・ジョージについてのトピックだったんですが、第2弾はシザー・シスターズ。やはりBARKSからの記事です。

シザー・シスターズのアナ、父親の恋人を探す(2005年2月8日付)
http://www.barks.jp/news/?id=1000005364

シザー・シスターズのヴォーカルの1人である、アナ・マトロニックの父親が、エイズで亡くなっているということは、既にQ.M.E.のシザー・シスターズ紹介ページでも触れていますが、その父親の恋人だったドンという男性の行方を、アナは探しているようです。

また、アナが父親の死因について公表することを決意したのは、シザー・シスターズの大ファンであるエルトン・ジョンとの交流がきっかけだったということも、この記事の中では触れられています。



2005.05.18 Top↑
2ヶ月近く前のトピックになりますが、ボーイ・ジョージが、マドンナやエルトン・ジョン、ジョージ・マイケルを批判したという記事が、BARKSに掲載されていました。

ボーイ・ジョージ、マドンナの信仰を批判(2005年3月8日付)
http://www.barks.jp/news/?id=1000006037

ボーイ・ジョージ、標的はマドンナだけにあらず(2005年3月14日付)
http://www.barks.jp/news/?id=1000006170


2005.05.18 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。