上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
イレイジャーのヴォーカリスト、アンディー・ベルの初めてのソロ・アルバム『Electric Blue』が、10月3日に、イギリスで発売された。

Electric Blue


アンディーの公式サイトを見ると、どうやらこのアルバムは、イギリスとドイツ、U.S.A.のみの発売のようで、輸入盤が入荷されるのをずっと待っていたのだが、ようやく先日、TOWER RECORDSの新宿店で購入できた。

一足先に購入していた先行シングル「Crazy」を聴いた限りでは、それほど大幅にイレイジャーから路線変更しているようには感じなかったのだが、アルバムを通して聴いてみると、イレイジャーにはない曲調の作品も多く収録されている。

特に、シザー・シスターズのジェイク・シアーズと共演した「I Thought It Was You」は、ジェイクのイメージを充分に意識したディスコ・ミュージック調で、こういうタイプの曲を、ヴィンスはまず書かない。

ジェイクのソロ・パートが大サビだけなのが少し物足りないが、楽曲全体はまさにイレイジャーとシザー・シスターズの融合といった雰囲気で、期待に違わぬイメージ。

デビュー20年目にして初のソロ・アルバムであり、今が旬のシザーズとの共演という話題性もある『Electric Blue』だが、しかしどういうわけか、世間の反応は鈍いようだ。

このあとに紹介するインタヴューの中でも、アンディー自ら「オンラインでの反応をまるで見かけない」と述べている。

ヒット・チャートの成績も、シングル「Crazy」が全英35位、アルバムのほうは全英119位と、アンディーのこれまでの実績を考えると、ちょっとあり得ない数字である。

原因はいろいろあるだろうが、1つには、レーベルの宣伝不足が考えられる。アルバムのクレジットを見ると、「Andy Bell appears courtesy of Mute Records」とあり、そうした契約の仕方が、販売戦略には裏目に出たのかもしれない。



国内盤の発売はない上に、イレイジャー自体が日本では決して知名度が高いとは言えないので、『Electric Blue』発売にあたってのアンディーのインタヴューが、日本で活字になることは、ほとんど期待できない。

そこで、Gay.com UKに10月10日付で掲載された、『Electric Blue』についてのアンディーのインタヴューを、全文翻訳してみた。それを以下に掲載する。


... 続きを読む
スポンサーサイト
2005.10.26 Top↑
今月の『G-men』(12月号)の「くまかべ」(P146)では、「熊系オペラ歌手」として、アメリカのカウンター・テナー、デイヴィッド・ダニエルズが紹介されている。

デイヴィッド・ダニエルズ、ジャケット


このデイヴィッド・ダニエルズは、単に熊系というだけではなく、「くまかべ」の記事によると、オープンリー・ゲイのオペラ歌手であるという。


2005.10.22 Top↑
10月15日付のYahoo!ミュージックの記事で、初めてFutonというバンドのことを知った。

無国籍、無性別?! 謎のバンドFutonがリリース!
http://music.yahoo.co.jp/rock/music_news/barks/20051015/lauent010.html

記事の冒頭にある、
「無国籍、無性別(ゲイあり!ヘテロあり!)のとんでもない奴らが、日本に乗り込んできた!」
という1文が気になり、avexの日本語公式サイトを見てみた。

http://www.avexnet.or.jp/futon/

このavexの公式サイト、すごいですよ。

なにがって、情報の出し惜しみっぷりが。

試聴データも、今のところは1曲のみ。

情報の露出を極度に抑えることで、リスナーの興味を煽る戦略か。

avexのことだ、きっとそうに違いない。

ならば、自力で調べてやる。

そう思い、いろいろとインターネットで検索してみた。


2005.10.16 Top↑
藤嶋の好きなサイトの1つ、Brits on TVの10月13日付の記事で、イギリスのチャンネル4の深夜番組、「Whatever Happened to the Gender Benders?」という番組のことが紹介されていた。

この番組は、Brits on TVの記事によると、「80年代に英国で台頭したゲイ・カルチャーや女装ムーヴメントについて、過去のフィルムなどを交えて検証すると言うもの」だそうである。

そして、この番組には、当時のポップ・カルチャーを代表する人物として、ボーイ・ジョージがコメンテーターとして登場していたらしい。

この番組の放映は、彼の逮捕前から予定されていたそうで、今回の逮捕劇とは何ら関係がないのだが、実にタイミングの悪いことに、彼は番組の中で、クラブ・シーンとドラッグの関わりについて、しっかりと言及してしまっていたらしい。

このコメントが、今後の彼に不利に働かなければいいのだが。



さて、ボーイ・ジョージ以外にも、この番組には、ニュー・ロマンティック・ムーヴメントの中から登場したアーティストが、コメンテーターとして登場していたそうだ。

その1人が、かつてボーイ・ジョージの友人として有名だった、マリリン


2005.10.15 Top↑
10月13日付のBARKSの記事によると、フレディ・マーキュリーの車がオークションにかけられているらしい。

http://www.barks.jp/news/?id=1000012592&m=oversea

それにしても、この「ティッシュの箱付き」というのが記事の中で妙に強調されているのは何なんだ。


2005.10.15 Top↑
Gay.comに掲載された、ボーイ・ジョージ逮捕についての記事を、翻訳してみました。



2005.10.13 Top↑
ボーイ・ジョージのファンである藤嶋には、ショックなニュースだった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051008-00000039-jij-ent

この記事だけでは、事件の全貌がよくわからないのだが、結局ボーイ・ジョージは、ドラッグ中毒から立ち直ってはいなかったということなのだろう。

残念だ。


2005.10.08 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。