FC2ブログ

ポップの叔父さん、アンディー・ベル

イレイジャーのヴォーカリスト、アンディー・ベルの初めてのソロ・アルバム『Electric Blue』が、10月3日に、イギリスで発売された。

Electric Blue


アンディーの公式サイトを見ると、どうやらこのアルバムは、イギリスとドイツ、U.S.A.のみの発売のようで、輸入盤が入荷されるのをずっと待っていたのだが、ようやく先日、TOWER RECORDSの新宿店で購入できた。

一足先に購入していた先行シングル「Crazy」を聴いた限りでは、それほど大幅にイレイジャーから路線変更しているようには感じなかったのだが、アルバムを通して聴いてみると、イレイジャーにはない曲調の作品も多く収録されている。

特に、シザー・シスターズのジェイク・シアーズと共演した「I Thought It Was You」は、ジェイクのイメージを充分に意識したディスコ・ミュージック調で、こういうタイプの曲を、ヴィンスはまず書かない。

ジェイクのソロ・パートが大サビだけなのが少し物足りないが、楽曲全体はまさにイレイジャーとシザー・シスターズの融合といった雰囲気で、期待に違わぬイメージ。

デビュー20年目にして初のソロ・アルバムであり、今が旬のシザーズとの共演という話題性もある『Electric Blue』だが、しかしどういうわけか、世間の反応は鈍いようだ。

このあとに紹介するインタヴューの中でも、アンディー自ら「オンラインでの反応をまるで見かけない」と述べている。

ヒット・チャートの成績も、シングル「Crazy」が全英35位、アルバムのほうは全英119位と、アンディーのこれまでの実績を考えると、ちょっとあり得ない数字である。

原因はいろいろあるだろうが、1つには、レーベルの宣伝不足が考えられる。アルバムのクレジットを見ると、「Andy Bell appears courtesy of Mute Records」とあり、そうした契約の仕方が、販売戦略には裏目に出たのかもしれない。



国内盤の発売はない上に、イレイジャー自体が日本では決して知名度が高いとは言えないので、『Electric Blue』発売にあたってのアンディーのインタヴューが、日本で活字になることは、ほとんど期待できない。

そこで、Gay.com UKに10月10日付で掲載された、『Electric Blue』についてのアンディーのインタヴューを、全文翻訳してみた。それを以下に掲載する。


続きを読む

スポンサーサイト