FC2ブログ

まえけん♂トランス.pj/東京チャランス

2006年8月23日、まえけん♂トランス.pjのニュー・シングル「東京チャランス」がリリースされました。

リリース当日、前田健さんが『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」に出演しているのを見たら、「あ、買わなきゃ」と思って、その日のうちに購入しました。

自分はコギャル文化とは縁がないので、コギャル文化の観点から見たまえけん♂トランス.pjの評価は、よくわからないんですが、自分がこのニュー・シングルを聴いて思ったのは、「もしも前田健さんが、これからも CD のリリースを続けていくのであれば、次の3作目こそが勝負になるのでは?」ということでした。

前田健さんは、歌とダンスを武器としている歌まね芸人さんなので、まえけん♂トランス.pjの性質は、単なる企画ものの領域を、もはや超えていると思うんですよね。

女性ボーカルの曲を元キーで歌ったり、コレオグラファーとしても活動しているまえけんさんが CD をリリースする場合、そこでセールス・ポイントになってくるのは、まえけんさんのパフォーマンスのスキルの高さです。

だからこそ、まえけん♂トランス.pjの新作には、企画ものとしての内容の面白さよりも、職業歌手の場合と同じように、新作ならではの新しい切り口を求めてしまうんです、私は。

「東京チャランス」の構成は、前作「恋のブチアゲ♂天国」とまったく同じなんですよ。

タイトル・トラックはトランスのカバー・バージョンのメドレー。トラック2はショート・コント、トラック3はメドレーのうちの1曲のフル・コーラス・バージョン、そして4と5がカラオケ。

この構成が少しも変化していないことに、自分は正直、物足りなさを感じました。

ただ、もしもまえけん♂トランス.pjが、ターゲットを完全にコギャルだけに絞り込んでいるのであれば、コギャルからは大好評だった前作の構成を全面的に踏襲した「東京チャランス」は、たぶん同じように歓迎されるのではないかと思います。

でも、冒頭でも述べたように、自分はコギャル文化に縁のない人間なので、もしも3作目をリリースする予定があるのであれば、次はもう少し冒険してほしいなー、と思いました。そのころまでには、コギャル文化の流行も変化しているだろうし。

なんだか批判的なことばかりを書いてしまいましたが、それでもじゅうぶん楽しく聴いています。

コギャルたちの、いかにもダルそうな「ハイハイハイハイ、ハハハハイ、ハハイ」という合いの手とか、まえけんさんの地声による「後ろに下がってくださーい!」が、結構笑えます。

“東京チャランス”
(2006)

スポンサーサイト

カルチャー・クラブの新ヴォーカリスト決定

いよいよ、カルチャー・クラブの新ヴォーカリストが決定したそうです。

その人の名は、サム・ブッチャー。

29歳。

男性。

7月25日、ロンドンのToo2Muchというクラブで、カルチャー・クラブの新ヴォーカリストお披露目ギグが行なわれたそうです。

New Culture Club singer recruited on website (Yahoo! UK)

このYahoo! UKの記事は、他のニュース・サイトにもそのまま本文が流用されているんですが、ここではサム・ブッチャーが「どのように応募してきたか」を紹介しているだけで、カルチャー・クラブの新ヴォーカリストに選ばれたサムの心境については、何にも触れられていないんですよ。

サム・ブッチャー本人のコメントを掲載している記事はないものか、と引き続き探してみたところ、以下の2つの記事を見つけました。

NEW CULTURE CLUB SINGER ALREADY FEELS LIKE A STAR (PR inside)

NEW CULTURE CLUB SINGER HAS BOY GEORGE'S BLESSING (contactmusic.com)



……というわけで、この2つの記事に掲載されていた、サム・ブッチャーの発言を、以下にまとめてみます。




続きを読む