FC2ブログ

COCOの話(乙女塾に非ず)

今さら『yes』第4号の内容を話題にするのも、なんだか旬を外しているような観が、なきにしもあらずですが、9月16日に書いたエントリへの反響が、予想以上に長引いていたので、書くタイミングを失していました。

『yes』第4号のメイン記事は、アジアのレポートでした。

私は以前、このブログの2005年11月6日のエントリの中で、「Q.M.E.で紹介しているアジアのアーティストはフトンだけだ」、と書いたことがありました。

たぶん、日本以外のアジアの国々にも、オープンリーのLGBTのアーティストはいるだろう、とは思ってました。でも、他のアジアの国々のショー・ビジネス事情を、自分はよく知らなかったんですよ。これまで知っていたのはレスリー・チャンぐらいで、彼以外にもオープンリーのLGBTアーティストがいるのかどうかすら、ちゃんとつかめていなかったんですよね。

そんな自分にとって、『yes』第4号のアジア・レポは、とても参考になりました。



今回、このブログで紹介したいのは、『yes』第4号にインタヴューが掲載されていた、上海のジャズ・シンガー、COCO

私は、彼の名前を、『yes』を読んで初めて知ったんですが、彼は現在の上海のジャズ・シーンを牽引している人気シンガーなんだそうです。そして、ゲイであることをオープンにしているようです。


続きを読む

スポンサーサイト