FC2ブログ

ヘイ! ミカジュー一丁!

今回のタイトルは、魔夜峰央先生の名作ギャグ漫画『パタリロ!』からのセリフの引用です。

いったいどーゆーシチュエーションで、このセリフが放たれたのかというと。

ひょんなことから、マリネラ王国の国家元首であるパタリロは、日本の喫茶店のお手伝いをすることになります。その店のお客さんが、トマトジュースのことを「トマジュー」と注文するのを見て、パタリロは、「ああ、ここでは短く縮めて言うのが粋なんだな」と勘違いしてしまいます。

郷に入っては郷に従え。別のお客さんからミカンジュースのオーダーを受けたパタリロは、

「ヘイ! マスター! ミカジュー一丁!」

と厨房に向かって指を鳴らします。

すると、なぜかミカちゃんというウエイトレスが、マスターに店の奥に呼び出されます。そして、パタンと閉じられた扉の向こう側から、「ギャーッ!」というミカちゃんの悲鳴と、それに続いて、ギュウギュウ……ポタリポタリ……、という謎の音が聞こえてくるではありませんか!

思わぬ事の成り行きにおののくパタリロの前に、包丁を片手にしたマスターが運んできたのが、

謎の液体、ミカジュー。



つーか、まあ、そんなことはどーだっていいんです。

本題。



続きを読む

スポンサーサイト