FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾辻かな子/Running to the rainbow

尾辻かな子「Running to the rainbow」

アウティングという事態を避けるため、このブログでは日本のゲイ・インディーズについて書くのを、最近では控え気味にしていたんですが、このかたについては、もうガンガン書いちゃっても全然 OK でしょう。

今回は、尾辻かな子さんの CD について書きます。

このブログは洋楽ブログとしての性質も強いので、ふだんからこのブログを読んでくださっているみなさんのあいだで、尾辻さんの名前がどのていど知られているのか、ちょっとわからないんですが、だったらなおさら、みなさんには尾辻さんの名前を、ぜひ知っていただきたいと思います。

ゲイ女子であることをカミング・アウトされている、前大阪府議の尾辻かな子さんが、今年の夏、国政にチャレンジします

その尾辻さんが自ら歌うキャンペーン・ソングが、「Running to the rainbow」です。

作詞を担当したのは、3ピース・バンド SPEEDER のボーカル/ベースで、ゲイ女子アーティストの kkjk (カケジク)、そして作・編曲を担当しているのが、日本のゲイ・インディーズの黎明期から活躍を続けているキーボーディストであり、現在は SPEEDER のプロデューサーでもある南部直史。SPEEDER のギタリストの tam さんも、ギターで参加しています。

南部直史 バイオグラフィー(Queer Music Experience.)

タイトル・トラックの「Running to the rainbow」も、そしてカップリングの「祝福」も、雰囲気は80年代後半の商業ロックに非常に近いです。

まあ、商業ロックという呼び方にはあんまり良い意味が込められていないんだけど、呼び方がどうであれ、私はスゴい好きなんですよ、商業ロックの音作りが。

たとえばスターシップの「We Built This City」とか、Mr.ミスターの「Kirie」とか。

とにかく明快で、前向きで、力強い。

それと同じ雰囲気が、この「Running to the rainbow」には強く感じられます。

全編からあふれ出している、その明快さ、前向きさ、力強さ。

それらを味わうことこそが、この作品の正しい聴き方です。

と、断言しちゃいますよ、私は。

尾辻さんは本職のボーカリストではないので、決して歌唱力でねじ伏せるタイプの作品ではないんだけれど、自分が「オッ!?」と思ったのは、「Running to the rainbow」と「祝福」とでは、尾辻さんの声の表情が、まったく違うこと。

聴いてて本気でびっくりしました。

歌唱力でゴリ押しするタイプではないからこそ、尾辻さんの歌い分け方は、決して技巧に頼ったものではなく、曲調や詞の内容に尾辻さん自身が完全に感情移入することでチューニングされている感じ。

本職が政治家である以上、音楽活動を続けていくわけにもいかんのでしょうが、このまま歌い続けていったとしたら、おもしろいことになるかも……(いやいや、国政に邁進していただかなくては)

来月2日から3日にかけて名古屋で開催される HIV/AIDS 啓発イベント Lyce'e NLGR で、尾辻さんはライブをおこなうとともに、パートナーのかたとの結婚式も挙げられます。

残念ながら、私はそこに足を運ぶことができそうにないのですが、ひとりでも多くの LGBT の方々と、フレンドリーなみなさんが、6月2日と3日、名古屋市栄の池田公園に足を運んでくださることを望みます。

たぶん「祝福」では、会場中が大泣きになりそうな予感。

もし私が足を運ぶことができたなら、まず間違いなく泣くね。

結構、人前でボーボー泣くんですよ、私。

またひとつ、日本のゲイ・カルチャー史に残る素敵なプライド・ソングが誕生しました。

Lyce'e NLGR 公式ブログ

"Running to the rainbow"
(2007)


↓↓↓「Running to the rainbow」CD の通販はコチラ!↓↓↓

尾辻かな子サポーターサイト
http://www.ok-otsuji.org/

スポンサーサイト

林一峰はディーヴァがお好き

今回は、香港のフォーク・シンガーソングライター、林一峰(チェット・ラム)について書きます。

私が林一峰の名前を知ったのは、昨年10月26日のエントリに brue さんからいただいたコメントがきっかけです。

そのエントリを書いた当時は、アジアのLGBTアーティストといえばレスリー・チャンぐらいしか名前が思いつかなかったので、他にもLGBTのアーティストがいたら情報提供をお願いしますと書いたところ、brue さんが教えてくださったのが、林一峰でした。

林一峰の詳しいプロフィールを、Wikipedia の記事などで調べてみました。以下にそれを簡単にまとめてみます。



続きを読む

中国初の、レズビアン・シンガー

アジアのLGBTアーティスト・シリーズ、さて今回は。

中国では初めてとなる、オープンリーのレズビアン・シンガー、QiaoQiao を紹介します。

ていうか、この名前をカナ表記にする場合には、いったいどう書いたらいいの?

キャオキャオ?

――なんだか、カナ表記の仕方がよくわからないので、とりあえずここでは、参照元の英文記事にしたがって、QiaoQiao と表記することにします。

日本の人に親しみをもってもらうためには、本当はカナ表記にしたほうが望ましいんですけどねー。

QiaoQiao の最も適切なカナ表記をご存知のかたがいらっしゃいましたら、ぜひとも私めにご教授ください。



で。

私がこの QiaoQiao のことを知ったのは、先月4日付の、以下のリンクの記事が最初でした。


続きを読む

中国のボーイ・ジョージと呼ばれたジャズ・シンガー

以前から書こう書こうと思いつつ先送りにしていた、アジアのLGBTアーティストについての話題を、これから順次放出していきます。

まずは上海のジャズ・シンガー、CoCo の話題からです。

CoCoについては、既に昨年10月26日のエントリで紹介しています。

COCOの話(乙女塾に非ず)

この上記のリンク先のエントリで紹介したインタヴューを読んでからというもの、CoCo が実際に歌っている映像を観てみたいなーと、ずっと思ってたんですが。

いやー、ようやく見つかりましたよ。

続きを読む

LGBT音楽祭としてのユーロヴィジョンの歴史

引き続き、今回もユーロヴィジョンについての話題です。

アメリカのLGBT向けニュース・サイト、365gay.comのトップページに貼りつけてあった、LGBT向けのケーブルTV局、LOGOのニュース映像では、今年度のユーロヴィジョンで優勝した、セルビアのマリヤ・シェリフォヴィッチの凱旋帰国の模様が報じられていました。

キャスターの語る内容によれば、今年度のユーロヴィジョンは、例年以上にゲイ色が強く出た年なんだそうです。優勝したマリヤ・シェリフォヴィッチも、その性的指向について噂になっているようです。

まあ、彼女は見るからにダイクなんですが。

そして、AfterElton.com には、「The Gayest Pop Show on the Planet」と題した、ユーロヴィジョンについてのコラムが掲載されていました。

このコラムが、非常に面白かったんですよ。

続きを読む

今年度のユーロヴィジョン最終結果

さて、久々に他愛のない話題です。

そろそろ今年度のユーロヴィジョン・ソング・コンテストの結果が出たころだよなーと思っていたら、以前に書いたユーロヴィジョン関連のエントリに、最新のコメントをいただいたので、旬を外さないうちに、今年度のユーロヴィジョンの最終結果について書いてしまいます。

参考までに、このブログでこれまでに書いてきた、今年度のユーロヴィジョンについての話題は、以下の通りです。

1)今宵、私はあなたのドラマ・クイーン(2月13日)
 ※デンマーク代表のドラァグ・シンガー、DQを紹介しています。

2)英国版「おどるポンポコリン」(3月20日)
 ※イギリス代表のゲイ・フレンドリーなポップ・グループ、スクーチを紹介しています。

3)今年のユーロヴィジョンはドラァグのガチンコ対決か(3月24日)
 ※ウクライナ代表のドラァグ・シンガーソングライター、ヴェルカ・セルデュシュカを紹介しています。



今年度のユーロヴィジョン・ソング・コンテストは、フィンランドのヘルシンキで開催されました。まず、5月10日にセミファイナルが行なわれ、2日後の5月12日に、ファイナルが行なわれました。

続きを読む

選択的バイセクシュアル・アーティストの系譜・女子篇

選択的バイセクシュアル・アーティストの系譜についてのこれまでの内容は、以下のとおりです。

1)選択的バイセクシュアル・アーティストの系譜・序章

2)選択的バイセクシュアル・アーティストの系譜・その1

3)選択的バイセクシュアル・アーティストの系譜・その2

4)選択的バイセクシュアル・アーティストの系譜・幕間



さてさて。

今回は、「選択的バイセクシュアルの女性アーティスト」について書いてみます。



続きを読む

選択的バイセクシュアル・アーティストの系譜・幕間

前回のエントリの最後に、「次回は女性の『選択的バイセクシュアル・アーティスト』について書く予定」、と記したんですが。

その前に、「選択的バイセクシュアル・アーティスト」の概念について、今一度、内容を整理したいと思います。

何よりも、これを書いている本人が、頭の中身を整理したいので。



続きを読む

選択的バイセクシュアル・アーティストの系譜・その2

今回のエントリを読む前に、前々回と前回のエントリを読んでくださいねー。

前々回:
選択的バイセクシュアル・アーティストの系譜・序章

前回:
選択的バイセクシュアル・アーティストの系譜・その1



さてさて。

前回のエントリでは、デヴィッド・ボウイとブレット・アンダーソンの、1993年の対談を紹介しました。

今回紹介するアーティストは、この人。


続きを読む

選択的バイセクシュアル・アーティストの系譜・その1

今回のエントリを読んでいただく前に。

まずは前回のエントリと、その基となっている、『に し へ ゆ く ~Orientation to Occident』さんの5月2日のエントリ「ナタリー・ポートマンは「選択的バイセクシュアル」になるのか?」を読んでくださいねー。

じゃないと、今回のエントリはワケわかんないと思いますよー。



ナタリー・ポートマンは「選択的バイセクシュアル」になるのか?(に し へ ゆ く ~Orientation to Occident)

選択的バイセクシュアル・アーティストの系譜・序章



では、続きをば。



続きを読む

選択的バイセクシュアル・アーティストの系譜・序章

このブログに、いつも温かいコメントを寄せてくださっている、りょうたさんのブログ『に し へ ゆ く ~Orientation to Occident』の5月2日のエントリ、『ナタリー・ポートマンは「選択的バイセクシュアル」になるのか?』は、非常に面白い内容でした。


続きを読む

ボーイ・ジョージの逮捕に関する私的憶測

このブログではおなじみの『Brits on TV』さんが、私が抱いていたのとほぼ同じ見解を書かれていたので、それに力を得ました。

というわけで、前々回のエントリでは「疑問点は多々あれど、憶測を書くのは控えます」と書いていたんですが、今回のエントリは、私の憶測で埋め尽くしたいと思います。

もしも、以前に私が遭遇したケースのように、「~と書かれたブログを見かけたんですが、それは本当ですか?」と他所様のBBSに垂れこみしたいかたがいらっしゃるのであれば、その場合には「Queer Music Experience.というサイトのブログに書いてあったんですけど」と、ちゃんと出所を明示した上で垂れこんでください。

出所を明示せずに、「~らしい」という伝聞形で話を広めるのは、デマや都市伝説と同じです。それはやめてください。お願いします。

私は私の責任において、私個人の憶測を書くのですから、私の憶測を他所様のサイトに書き込みたい場合は、出所はQ.M.E.ブログであるということを明示してください。私の推測が事実無根であった場合に、DQN扱いされるのは私1人で充分です。



さて、以下は私個人の憶測です。


続きを読む

ボーイ・ジョージの件・続報

ボーイ・ジョージ逮捕の件についての追加記事です。

日本のスポーツ紙は、『The Sun』紙の記事を元に報じていますが、『The Sun』以外のタブロイド紙はどのように報じているのか、少し調べてみました。


続きを読む

どうして懲りない、ボーイ・ジョージ

案の定といいますか。

「ボーイ・ジョージ 逮捕」という検索語でこのサイトを訪れている方々や、『Brit on TV』さんのボーイ・ジョージのページからジャンプしてきている方々が、この半日で大激増しています。

で。

私が主観を交えてあれこれ書くと、それを斜め読みして事実と勘違いした人が、

「~という記事を読んだんですが、それは本当ですか?」

という形で他所様のBBSに書き込みをして、それがデマゴーグとして広まりかけたということが以前にあったので、この件に関しても、憶測を交えて書くことは控えます。



続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。