FC2ブログ

ち×ぽの歌が聴こえる

前回のエントリで、私は次のように書きました。

「(スペインでは)オープンリーのLGBTアーティストの数は、まだそれほど多くはないようです。

つーか、私が知らないだけかも知れませんが。」



そうなんです。



私が知らないだけでした。



スペインにも、オープンリーのLGBTアーティストはそれなりの数で存在しているようです。



あははははははははは。



アタシ間違えましたが、それが何か?
メンチ切りコンドリーザ
(逆ギレ)


それはそうとして。

確かにスペインにも、オープンリーのLGBTアーティストは何組も存在しているんですが。

前回紹介したエンリケ・デル・ポソのような、「かつての人気歌手が同性愛をカミングアウト!」みたいなケースは、やっぱりそれほど数がないみたいです。

そう感じた理由というのはですね、スペイン語版 Wikipedia のエンリケ・デル・ポソのページを開くと、ページ下部に関連カテゴリの一覧があるんですが、そこには「スペインのLGBTの歌手」とか「スペインのLGBTの芸能人」といったカテゴリが見当たらないからなんですよ。

それは見様によっては、「そういったカテゴリを設けられるほどには、現在のスペインにはLGBTの著名人の数が多くはない」と解釈することも、あながち不可能ではないわけです。

まあ、穿ち過ぎではあるかもしれませんが。

一方、インディーの世界では、LGBTであることを公にしているアーティストたちが、スペインでも頑張っているようです。

スペインのLGBTミュージック事情を調べていく中で、私は Susurrando Records というインディー・レーベルの存在を知りました。

Susurrando Records の公式サイトはコチラ。
http://www.susurrando.es/


この Susurrando Records は、オープンリーのLGBTアーティストや、あるいは同性愛やトランスジェンダーを題材としているヘテロのアーティストたちの作品を専門に送り出している、スペインのインディー・レーベルです。

そこに所属しているアーティストたちのプロフィールを一度にドカッと紹介するのは、アテクシの語学力ではさすがに無理なので、それはまあ追々やっていくこととして。

私がこの Susurrando Records の存在を知ったのは、以下にリンクしたブログの記事を見つけたのがきっかけでした。

'OPUS GAY', musica en otra dimension(←もちろんスペイン語の記事です)

この記事に書かれているのは、スペインのゲイ・プライド・デーを記念して2007年6月4日に Susurrando Records からリリースされた、『Opus Gay』というコンピレーション・アルバムの紹介です。

Opus Gay ジャケット


その記事の中で名前が挙がっていたアーティストのうち、今回はラ・シェール(La Chel)というアーティストのヴィデオ・クリップを紹介したいと思います。

続きを読む

スポンサーサイト