FC2ブログ

元ゲイ・ポルノ・スターの肉体派シンガー、コルトン・フォード

今回は、ゲイ・ポルノ・スターからダンス・ミュージック・アーティストへと転身を遂げて活躍している、コルトン・フォードについて書いていきます。

私がコルトン・フォードを紹介するのは、これが初めてではありません。当ブログの昨年3月8日のエントリ『歌うゲイ・ポルノ・スターたち』の中で、ジェフ・ストライカー、ジェフ・パーマー、ガス・マトックスといったゲイ・ポルノ・スターたちと併せて、コルトン・フォードのことも紹介しています。

※歌うゲイ・ポルノ・スターたち(当ブログの2007年3月8日付のエントリ)
http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/blog-entry-140.html

4月4日には、『まだまだいるよ! 歌うゲイ・ポルノ・スターたち』のタイトルで、音楽活動も併行して行なっている2人の現役ゲイ・ポルノ・スター、ジョニー・ハザードとフレドリック・フォードも紹介しています。

※まだまだいるよ! 歌うゲイ・ポルノ・スターたち(当ブログの2007年4月4日付のエントリ)
http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/blog-entry-149.html

これらのゲイ・ポルノ・スターのうち(コルトン・フォードとガス・マトックスについては既にゲイ・ポルノ界を引退していますが)、音楽活動を最も活発に推し進めているのが、今回改めて紹介するコルトン・フォードなんです。

昨年3月8日のエントリでは、コルトン・フォードのアルバムのリリースについて、「2007年度中にはファースト・アルバムが発売されるようです」と書いていたんですが、昨年の12月11日、ついに待望のファースト・アルバム『Tug of War』が、ダウンロード販売でリリースされました。

来月の19日には、いよいよCDでも『Tug of War』がリリースされる予定です。

そして、つい先日には、『Tug of War』の収録曲「That's Me」のヴィデオ・クリップの公開が開始されました。既に Queer Music Experience.でバイオグラフィーを紹介済みのニューヨーク出身の白人ラッパー、キャズウェルが、この「That's Me」にはフィーチャーされています。

キャズウェル バイオグラフィー(Queer Music Experience.)

で、コルトン・フォードについてあれこれ語り始める前に、まずはその「That's Me」のヴィデオ・クリップを観ていただいたほうが、このブログをご覧の皆様には、より積極的にコルトン・フォードへの興味を持ってもらえるような気がします。

特に野郎系好きなゲイのかたには。

鋼のように鍛え上げられた不惑の男の肉体美が存分に味わえる、すんげーセクシーなヴィデオ・クリップです。

続きを読む

スポンサーサイト