FC2ブログ

ベスト・レズビアン・バンド TOP10

イギリスの LGBT 向けポータル・サイト、GaydarNation.com に、今月の4日、「Top Ten: Lesbian Bands」というコラム記事が掲載されました。

Top Ten: Lesbian Bands(GaydarNation.com, 04 January 2008)

この記事が非常に面白かったので、今回はその全文翻訳を掲載します。

私がこの記事を面白いと感じた点は、おもにふたつ。

まずひとつは、筆者のシャーロット・クーパー氏のチョイスによるベスト・レズビアン・バンド10組の紹介を通じて、レズビアン・ミュージックの歴史がこの記事では大まかに俯瞰できるということ。非常に史料性の高い記事です。

ただし、ここにあるのはあくまでも「バンド」の紹介なので、クィアーコアやライオット・ガールといった特定のジャンルやムーヴメントへの偏りがおのずと生じています。というのも、クィアーコアやライオット・ガールに分類されるアーティストに、ソロの人はほとんどいないので。トップ10の紹介のあとにズラズラッと名前が列挙されているバンド群も、ほとんどがクィアーコアに直結しています。

そしてもうひとつの面白い点は、クィアーコアへの偏向を是正するという意味合いもたぶん含まれているとは思うんですが、トップ10のバンド群の中に t.A.T.u.の名が含まれているところでした。って、ネタバレですが。

t.A.T.u.のレナとユーリャのふたりが、実はゲイ女子ではなくストレートであるということは、日頃は洋楽を聴かない方でもきっとご存知の有名な話です。しかしながら、レズビアン・ミュージックの歴史を語る上では、t.A.T.u.の功罪について触れるのはもはや避けて通れない道なのかなと思いました。ゲイ・ミュージックの歴史を語る上でデヴィッド・ボウイの功罪には触れざるを得ないのと同じように。



さて、それでは以下からが GaydarNation.com の記事の翻訳です。本文中で紹介されている各アーティストの公式サイトへのリンクや、ビデオ・クリップの動画などは、私のほうで付け足したものです。

続きを読む

スポンサーサイト