FC2ブログ

LIVE STARTING OVER VOL.4観覧記

既に先月の話となってしまいましたが、11月16日、大阪で年に一回開催されているゲイ・インディーズのライヴ・イヴェント、LIVE STARTING OVER に、藤嶋も行ってまいりました。

今年で4回目の開催ですが、藤嶋にはこれが初体験。

毎年 LIVE STARTING OVER を観ていらっしゃるかたには自明のことばかりを書いちゃうかもしれませんが、藤嶋にとっては新鮮な発見がたくさんありました。

たとえば、オーディエンスのみなさんが醸し出していた一体感。

これは福岡の SOUND SUMMIT を観たときにも感じたことなんだけど、この種の一体感って、東京のゲイ・インディーズ・ライヴには、あんまりないんだよねー。

東京以外の地域で活動されているゲイ・インディーズのアーティストさんが、東京でライヴをされたときに、その感想を個人的に伺うと、ぶっちゃけた話、「東京は演りづらい」という言葉をいただくことが、結構多いんですわ。

なにがどう演りづらいのか、その理由というのは、たとえば福岡の SOUND SUMMIT や、今回の LIVE STARTING OVER を実際に体験してみると、なんとなくわかります。

東京以外の地域で開催されているゲイ・インディーズ・ライヴのオーディエンスのみなさんの雰囲気って、すごくフレンドリーなんだよね。

出演者に対してもフレンドリーだし、オーディエンスのみなさん同士も、すごくフレンドリー。

もっと具体的に言うと、「ライヴの楽しみ方」とか「楽しいと感じるツボ」みたいなものが、出演者も含めた箱全体で、しっかりと共有されている、という感じ。

一方。

東京、というか新宿エリアで開催されるゲイ・インディーズ・ライヴのお客さんは、そうした「ライヴの楽しみ方」とか「楽しいと感じるツボ」が、完全にまちまちなんだよね。

どういう人脈を通じてそのライヴに足を運んだかによって、「ライヴの楽しみ方」が、もー全然違う。

しかも、ただ違うだけならともかく、ノリとかツボが自分とは異なる人に対して、東京のオーディエンスのみなさんって、すんごい冷ややかなんですよねえ……。「お前、空気読めよ!」みたいな視線が、箱のあちこちで盛んに飛び交ってるの(笑)。

結局、地域性に基づいた共有感覚がないということが、新宿の地域性なんだよね。

ゆえに、箱全体のまとまりが、あんまりない。

と断言しちゃうのも乱暴かもしれないけど、とにかく「オーディエンスのあいだの温度差」を感じるケースがすごく多い。

東京以外の地域で活動しているゲイ・インディーズのアーティストのみなさんにとって、だから東京でのライヴっていうのは、箱全体の空気をつかむのが、とにかく難しい。笑いのツボも、お客さんによってホントにまちまちだから、MCがすべっちゃうこともままある。

そういう難しい空気が当たり前になっちゃってる藤嶋にとっては、東京以外の地域のゲイ・インディーズ・ライヴに接したときに先ず感じるのが、「箱全体の一体感」、なんですよね。

特に、今回初めて体験した LIVE STARTING OVER の、オーディエンスのみなさんの一体感。これはもう、新宿のライヴ・イヴェントでは実現がすごく難しいだろうなー。

たとえば、出演者を同じ1つの人脈だけで固めちゃうとか、あるいはすべての出演者を同じ系統で固める(打ち込み系オンリーとか、バンド系オンリーとか、ガチムチ系オンリーとか、要するに「出演者の多様性を排する」形に)しないと、対バン形式のライヴ・イヴェントでオーディエンスが1つになって盛り上がるということは、少なくとも新宿では、今のところは難しい気がする。

まあ、もちろん、どのようにライヴを楽しむかは、完全にお客さん1人ひとりの自由であって、一定の楽しみ方を強制するべきではないし、むしろ自分は強制されたくないタイプなんだけどね(笑)。わはは。

でも、LIVE STARTING OVER の雰囲気っていうのは、すごくフレンドリーでウェルカムだから、こちらのほうから自然と積極的に、郷に入っては郷に従ってしまいたくなる感じ。

その意味で、今回 LIVE STARTING OVER を観て藤嶋が思ったのは、とにかく、「うらやましい」ということですね。

こんなふうに、「出演者の多彩さという『多様性』を実現した上で、出演者もオーディエンスも一緒に、箱全体で盛り上がれるゲイ・インディーズ・ライヴ・イヴェント」が定期開催されているということが、藤嶋にはとにかくうらやましかった。

んでもって、大阪以外の地域で活動しているゲイ・インディーズ・アーティストにとっても、LIVE STARTING OVER は、お客さんから手応えがちゃんと得られて、しかもみなさんすごくフレンドリーだから、1回出演したらまた出演したくなっちゃうライヴ・イヴェントなんじゃないかと思うんですよ。しかも、地元アーティストのみなさんは、そうしたアウェー組をも、ちゃんと「ファミリーの一員」として受け入れてる雰囲気が、客席から観ているだけの藤嶋にも、ちゃんと伝わってくるんですよね。ROD とか大吾ちゃんのようなアウェー組が、毎年 LIVE STARTING OVER に欠かさず出演を続けてるのって、たぶんそういう理由も大きいんじゃないかなー、と思います。

1組につき40分×7組という、非常に長時間のイヴェントで、観ている側にもそれなりの持久力が要求されてくるんだけど、それでも最初から最後まで楽しく観ることができたのは、やっぱり箱全体が一体感をもってまとまっていたという、イヴェント全体の雰囲気の良さ、これに尽きます。



アウェー組である ROD と大吾ちゃん、そして東京でも頻繁にライヴを行なっている屋良朝友さん以外は、どの出演者のかたも、藤嶋にとっては初めてパフォーマンスを拝見させていただくアーティストさんばかりでした。

トップバッターは、ふぐりさん。

続きを読む

スポンサーサイト