FC2ブログ

ハード・ロック界にGIDを生きる

4月18日付のエントリで紹介させていただいたガックリ・カヴァー曲ブログの管理人(というご紹介の仕方もアレかとは存じますが:笑)である hina さんとは、作家の伏見憲明さんがマスターを勤めていらっしゃる、通称「Fメゾ」にて、よくお会いいたします。

その「Fメゾ」の席で hina さんから教えていただいたのが、1980年代中期のアメリカのハード・ロック・バンド、キング・コブラのヴォーカリストであったマーク・フリーが、性適合手術を受けて現在では女性ロック・ミュージシャンのマーシー・フリーとして活動している、という情報。この話は、藤嶋にはちょっとした衝撃でした。

というのも、ハード・ロック、あるいはヘヴィ・メタル界のLGBTアーティストというと、藤嶋の知る限りではジューダス・プリーストのヴォーカリストのロブ・ハルフォードぐらいしかこれまでは思いつかなかったので、ましてやMtFのアーティストがハード・ロック界に存在していたという事実は、正直なところ、藤嶋には意外でした。これがパンク・ロックの場合なら、既に Queer Music Experience.本編でバイオグラフィーを掲載しているジェイン・カウンティを筆頭に、MtFのミュージシャンは何組か存在しています。パンク・ロックという音楽はカウンター・カルチャーであることこそがその基本性質ですから、既存の価値観を打ち破らんとする部分において、LGBTカルチャーとの親和性は実は意外と高いのですが(トム・ロビンソンがまさにその好例ですよね)、ハード・ロック/ヘヴィ・メタルの分野で活躍しているオープンリーのLGBTミュージシャンとなると、これはもう本当に少数です。

80年代のハード・ロック/ヘヴィ・メタルは、そのヴィデオ・クリップの多くが、グラマラスな美女の悩殺映像をフィーチャーしています。それだけを根拠にして、ハード・ロック/ヘヴィ・メタルは男尊女卑的な音楽だと決めつけるのは、これもまた偏見の一つに他ならないとは思うのですが、やっぱり一般的なポップスと比べたときに、ハード・ロック/ヘヴィ・メタルにはマッチョな指向性があるのは、ある程度は否めない事実だと思うんですよね。あくまでも相対的に見ての話ですが。

心と体の性が一致しない苦しみを抱えながら、マッチョな指向の強いハード・ロックの世界に身を置いていたマーク・フリー。それがマーシー・フリーという本来あるべき自分を生きることができるようになるまで、いったいどれほどの葛藤を、彼女は経てきたのでしょうか。



キング・コブラの代表曲として最も有名なのは、1986年の映画『アイアン・イーグル』の主題歌「Iron Eagle (Never Say Die)」ではないかと思います。この曲のヴィデオ・クリップは、当時の日本の洋楽番組でも比較的頻繁にオンエアされていたように記憶しています。一聴しただけで覚えられる親しみやすいサビを持った佳曲です。

続きを読む

スポンサーサイト