FC2ブログ

ジェニファー・ナップ、カミングアウト。

1999年のメジャー・デビュー盤『カンサス(Kansas)』が日本でも発売されていた、アメリカのクリスチャン・フォーク・ミュージシャン、ジェニファー・ナップが、2010年4月13日、アメリカのメジャー・ゲイ雑誌『The Advocate』誌、およびキリスト教誌『Christianity Today』のインタヴューを通じて、レズビアンであることをカミングアウトしました。

Christian Singer Jennifer Knapp Comes Out (The Advocate, 2010.04.13)

Jennifer Knapp Comes Out (Christianity Today, 2010.04.13)

クリスチャン・ミュージックというジャンル区分は、日本人にはあんまり馴染みのないものだと思うし、私自身クリスチャンではないので、クリスチャン・ミュージックの何たるかを正しく把握しているとは言えないのかもしれませんが、クリスチャン・ミュージックを簡単に説明すると、キリスト教信仰をテーマとしたポピュラー音楽、ないしはクリスチャンであることに立脚したポピュラー音楽、のことです。

ゴスペルもクリスチャン・ミュージックの一種です。でも、だからといってクリスチャン・ミュージック=ゴスペル、というわけではありません。あくまでも歌詞の内容やアーティストのパーソナリティに基づいた区分なので、その曲調はさまざまです。ロックあり、ポップスあり、フォークあり、テクノあり。

件のジェニファー・ナップは、クリスチャン・フォーク・ロックに属します。

彼女のこれまでの経歴については、Queer Music Experience.に新しくジェニファー・ナップのバイオグラフィーを掲載したので、そちらも併せてお読みになってください。

ジェニファー・ナップ バイオグラフィー (Queer Music Experience.) ←読んでね。

さてさて、ゲイ女子であることをカミングアウトしたジェニファー・ナップですが、先月末のリッキー・マーティンのカミングアウトに比べると、世間からの反響はそれほど大きくはないみたい。まあ、アーティストの側にしてみれば、あんまり騒いでほしくはないのだと思いますが。

しかし。

アメリカの福音派のクリスチャン・コミュニティのあいだでは、ジェニファー・ナップのカミングアウトは、かなりの一大事であるようです。

Christian musician Jennifer Knapp comes out (AfterEllen.com, 2010.04.13)

ジェニファー・ナップのカミングアウトを報じている、この AfterEllen.com の記事を執筆したヘザー・ホーガンさんも、やはりクリスチャンであり、レズビアンです。そんな彼女の視点から書かれた AfterEllen.com の記事は、ジェニファー・ナップのカミングアウトがアメリカのクリスチャン・コミュニティにとってはどれだけ重大事なのかということを、私のようにクリスチャンではない読者に、リアリティをもって伝えてくれます。

この記事の主要部分を、以下に引用してみます。

続きを読む

スポンサーサイト