上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
ここのところ、アメリカのメジャー級の女性アーティストが、次々とカミング・アウトしています。

まず4月13日には、クリスチャン・フォークのジェニファー・ナップがメジャー級のクリスチャン・アーティストとしては初めて、レズビアンであることをカミング・アウトしました。

そして4月21日には、女性ラッパーのニッキー・ミナージュがメジャー級の黒人ヒップ・ホップ・アーティストとしてはたぶん初めて、バイセクシュアルであることを公的に認めました。

ジェニファー・ナップ バイオグラフィー ←読んでね。

ニッキー・ミナージュ バイオグラフィー ←読んでね。

この2人のカミング・アウトで興味深い点は、クリスチャン・ミュージックにしてもヒップ・ホップにしても、LGBTであることを公にしているメジャー級のアーティストがほとんどいないジャンルである、ということです。

そのような傾向のあるジャンルに属しているメジャー級の女性アーティスト2人が、同じようなタイミングでカミング・アウトしたのは、まあ単なる偶然だとは思いますが、だからこそ私はそこに、時代の変化の潮流を感じます。

って、口にするのも恥ずかしいくらいベタなフレーズですが。



そして、また1人。

クリスチャン・ミュージックやヒップ・ホップ以上に保守的と言われている音楽ジャンルに属するメジャー級の女性アーティストが、レズビアンであることをカミング・アウトしました。

カンサス出身のカントリー・シンガー、シェリー・ライトが、今日(5月5日)発売の『The Advocate』誌、および『People』誌のインタヴューを通じて、レズビアンであることを公にしたそうです。

それに先立つ5月3日、Advocate.com は一足先に、記事の予告篇のような形で、シェリーのカミング・アウトの事実だけを報じました。

Country Music Star to Come Out (Advocate.com, 2010.5.3)

実はですね、この5月3日の記事が出た直後に、Advocate.com は本来なら5月5日に掲載するべきインタヴュー記事の全文をフライングで掲載していたんです。数時間後には削除されてしまいましたが、そのうち改めて掲載されることと思います。このエントリを書いている時点では、まだ削除されたままです。

その数時間限りのフライング掲載のあいだに、件のインタヴューでの彼女の発言のいくつかを実は訳出しておいたので、今回のエントリではその内容を紹介していきたいと思います。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2010.05.05 Top↑
遅かれ早かれ、いつかはこういう話が出てくるだろうと思ってました。

そうしたら、案の定。

やっぱり出てきました。

マイケル・ジャクソンはゲイだった、という暴露話が。

マイケル・ジャクソンさんはバイ・セクシャル?皮膚科医のアシスタントの男性がテレビで激白 (シネマトゥデイ、2010.4.30)

上記の日本語記事でも触れられているとおり、マイケル・ジャクソンはゲイだったという話が出てきたのは、実はこれが初めてではありません。

日本では早川書房から刊行されている評伝『マイケル・ジャクソン 仮面の真実(UNMASKED: The Final Years of Michael Jackson)』の中で、著者のイアン・ハルパリンは、マイケル・ジャクソンはゲイであったと主張しています。

マイケル・ジャクソン 仮面の真実マイケル・ジャクソン 仮面の真実
(2009/09/04)
イアン・ハルパリン

商品詳細を見る


しかし、これはあくまでも評伝の中の話です。しかも証言している人物は匿名。

そうではなく、テレビのゴシップ・ニュース番組に一般人の男性が実名で出演して、「私はマイケル・ジャクソンの恋人だった」とか語り始めるような事態が、いつか始まるんじゃないか? と前から思ってたんです。

だから、今回の記事を読んで、やっぱり出てきたか、と。



こうしたテレビ番組を通じての証言は、安易に鵜呑みにしてはいけないと思います。

というのもですね、このジェイソン・ファイファーなる人物は、まず間違いなく、テレビ局から謝礼金を受け取っているはずなんですよ。アメリカのテレビ界ではそういうルールになっているから。

かつて、マイケル・ジャクソンが児童虐待疑惑の渦中に放り込まれていたころ、こうしたテレビ番組の中で、マイケルが児童を虐待する現場を目撃したと証言していた人々は、そのほぼ全員が、メディアからの謝礼金を目当てに作り話をしていた疑いが、極めて濃厚なんですよ。

というか、現在ではそれが定説です。

メディアからの謝礼金の額を吊り上げようとして証言の内容をエスカレートさせた結果、以前の証言との食い違い、矛盾が起きてしまっているという例が、現在では幾つも立証されています。先述した『マイケル・ジャクソン 仮面の真実』の中でも、そうした醜い実例が取り上げられています。

そのような先例があるので、たとえ今回の証言の内容が真実であったとしても、それがゴシップ番組への出演を通じて行なわれているという点で――言い換えれば、証言者とマスコミのあいだに金銭の授受が発生している可能性が非常に高いという点で――私は、今回の証言を鵜呑みにはできません。

たとえ真実を語っているのだとしても、こういう形で明らかにするのは、かえって信憑性を危うくしてるんじゃない? という気がする。少なくとも私は。

2010.05.03 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。