FC2ブログ

アメリカ中西部から、初のカミング・アウト。

ここのところ、アメリカのメジャー級の女性アーティストが、次々とカミング・アウトしています。

まず4月13日には、クリスチャン・フォークのジェニファー・ナップがメジャー級のクリスチャン・アーティストとしては初めて、レズビアンであることをカミング・アウトしました。

そして4月21日には、女性ラッパーのニッキー・ミナージュがメジャー級の黒人ヒップ・ホップ・アーティストとしてはたぶん初めて、バイセクシュアルであることを公的に認めました。

ジェニファー・ナップ バイオグラフィー ←読んでね。

ニッキー・ミナージュ バイオグラフィー ←読んでね。

この2人のカミング・アウトで興味深い点は、クリスチャン・ミュージックにしてもヒップ・ホップにしても、LGBTであることを公にしているメジャー級のアーティストがほとんどいないジャンルである、ということです。

そのような傾向のあるジャンルに属しているメジャー級の女性アーティスト2人が、同じようなタイミングでカミング・アウトしたのは、まあ単なる偶然だとは思いますが、だからこそ私はそこに、時代の変化の潮流を感じます。

って、口にするのも恥ずかしいくらいベタなフレーズですが。



そして、また1人。

クリスチャン・ミュージックやヒップ・ホップ以上に保守的と言われている音楽ジャンルに属するメジャー級の女性アーティストが、レズビアンであることをカミング・アウトしました。

カンサス出身のカントリー・シンガー、シェリー・ライトが、今日(5月5日)発売の『The Advocate』誌、および『People』誌のインタヴューを通じて、レズビアンであることを公にしたそうです。

それに先立つ5月3日、Advocate.com は一足先に、記事の予告篇のような形で、シェリーのカミング・アウトの事実だけを報じました。

Country Music Star to Come Out (Advocate.com, 2010.5.3)

実はですね、この5月3日の記事が出た直後に、Advocate.com は本来なら5月5日に掲載するべきインタヴュー記事の全文をフライングで掲載していたんです。数時間後には削除されてしまいましたが、そのうち改めて掲載されることと思います。このエントリを書いている時点では、まだ削除されたままです。

その数時間限りのフライング掲載のあいだに、件のインタヴューでの彼女の発言のいくつかを実は訳出しておいたので、今回のエントリではその内容を紹介していきたいと思います。

続きを読む

スポンサーサイト