FC2ブログ

柏本 圭二郎/イルミナシオン

「イルミナシオン/恋の曲がり角」CD ジャケット

ジャケットはレトロな昭和歌謡風味。イントロで鳴り響くトランペットの音色も、場末感ただようムード歌謡風。

……と思いきや、そこにすかさずドスドスと被さってくる、バスドラの重低音。

あれよあれよという間に、セピア色の昭和歌謡の世界は、きらびやかなエレクトロニック・ダンス・ミュージックの世界へと早変わり。

私の目下のヘビーローテーション曲、「イルミナシオン」とは、そんな曲です。

この曲を歌う柏本 圭二郎(かしもと・けいじろう)さんは、東海地方で活躍されている、いわゆるオネエキャラのタレントさんです。でも、見た目は野郎系、というところがポイント。

オネエキャラは所作や口調だけではなく見た目もフェミニンと理解されているノンケの方たちにとっては、圭二郎さんのキャラ設定は、ひょっとしたら軽いカルチャー・ショックかもね。

でも、藤嶋の周囲にいるゲイの友人のみなさんって、圭二郎さんのようなタイプの方が多いんですよ。

ノンケの方が「ゲイ」と聞いてパッと思い浮かべるような、華奢でフェミニンな方はむしろ少なくて、「ヒゲに短髪、でも中身は乙女」みたいな方のほうが、あくまでも藤嶋個人の場合は、圧倒的に多い。

だから、藤嶋には圭二郎さんのようなタレントさんのほうが、より身近な存在として感じられます。

さて、今年(2010年)の4月28日に発売された、柏本 圭二郎さんの初めての CD「イルミナシオン/恋の曲がり角」は、ダブル A サイド・シングルです。

圭二郎さんは現在コミュニティ FM で2本のレギュラー番組を担当していらっしゃいますが、そのうちの1本、『柏本圭二郎のとりあえず、生!?』で、圭二郎さんのためのオリジナル楽曲の募集をおこない、そして誕生したのが「イルミナシオン」なんだそうです。

昭和歌謡的なネオンの街の物語を、エレクトロニック・ダンス・ミュージックにのせて歌うという組み合わせの妙が、この曲の面白さだと思うのですが、でもこの組み合わせを実現するのは、かなり難しかったんじゃないかという気がします。

というのも、エレクトロニック・ダンス・ミュージックって、実は時代の流行にものすごく縛られているジャンルなんですよね。

ロックとは違って、音を聴いただけで、どの時代に制作された楽曲なのかが、だいたいわかってしまう。

たとえば、シンセサイザーの音色の違いとか、プログラミングによるドラムスの音色の違いとか、そういった要素に、時代性がものすごく出てしまう。

しかも、最先端の音作りを狙えば狙うほど、リリースからほんの少し時間が経過しただけで、時代遅れ感がかえって MAX になってしまう。

ということは、裏を返せば、レトロ感を意図的に演出するのも難しい、ということでもあるんです。

だから、往年のダンス・ミュージックの再現を試みたとしても、同時代性からは決して離れられない。

ところが、「イルミナシオン」のアレンジメントって、不思議とタイムレスな仕上がりなんですよね。

たとえば、この曲のピアノの鳴らし方って、明らかに80年代末の、初期のハウス・ミュージック風です。でも、全体のアレンジメントは、決して初期のハウス・ミュージックを再現したものではありません。

うねるようなシンセ・ベースの鳴らし方は、90年代前半のテイストだし、それらのシンセサイザーの音色自体は、2000年代以降のエレクトロニカ風です。

このように、それぞれの時代の流行が、決してあからさまではないサジ加減でミクスチャーされていることによって、「イルミナシオン」のアレンジメントは、たぶん二十代の人が聴いても、三十代以上の人が聴いても、懐かしさと新しさが程よく入り混じった、同時代性の縛りからは自由なエレクトロニック・ダンス・ミュージックになっているんです。

だから、昭和歌謡的な世界観の歌詞と組み合わせても、エレクトロニック・ダンス・ミュージックが半ば必然的に帯びている同時代性とのギャップが、この曲の場合は、ほとんど生じていません。

それどころか、その昭和歌謡的な世界観までもが、アレンジメントの力によって、タイムレスなものになっている。

どんな世代の人が聴いても、新しさと懐かしさの両方を感じることができる。それが、「イルミナシオン」という楽曲の魅力だと思います。

それともうひとつ、というよりも、これこそがいちばん肝心な点なんですが、この「イルミナシオン」で特筆すべきは、柏本 圭二郎さんのオネエというキャラクター設定が、曲中にはまったく持ち込まれていない、ということです。

通常、オネエキャラのタレントさんが CD をリリースされるときには、そのタレントとしてのキャラクター設定が、そのまま曲中に持ち込まれている場合がほとんどです。

たとえば、IKKO さんや、はるな愛さんのデビュー CD では、「どんだけ~」や「いうよね~」といった決めフレーズが、楽曲のタイトルやサビの部分の歌詞にも、そのまま用いられています。

また、オープンリー・ゲイのタレントの前田健さんが CD を出された際には、持ちネタのひとつである「前田健子」というキャラクター設定が持ち込まれていました。

このような手法を、私は批判的に見ているわけではないです。このほうが購買層にとっては親しみやすいものができあがりますから。

ただ、こうした手法は、「本業は歌手ではないタレントさんの、企画モノ作品」という色合いが強くなってしまうので、継続的な歌手活動にはつながりにくいんですよね。それが残念で。

柏本 圭二郎さんの場合も、もうひとつのダブル A サイド曲であり、番組で共演されている“H♡美”さんこと沢野ほなみさんとのデュエット曲「恋の曲がり角」のほうでは、ふだんの圭二郎さんのオネエキャラの設定が、そのまま持ち込まれています。

ところが、「イルミナシオン」のほうには、そうしたキャラ設定は持ち込まれていないんですね。

つまり、「イルミナシオン」という楽曲は、圭二郎さんがパーソナリティーを務めておられるラジオ番組の企画から誕生した作品でありながら、実は圭二郎さんのタレントとしてのキャラ設定に基づいて成立している楽曲では、ないんですね。

ということは、この曲を歌っているのは、実は「オネエタレントの柏本 圭二郎」ではなく、あくまでも「歌手・柏本 圭二郎」なんです。

これこそが、この楽曲のいちばん肝心な点だと、私は思います。

“イルミナシオン”
(Live, 2011)


「イルミナシオン/恋の曲がり角」のネット通販は、こちらでどうぞ。
OTAI RECORD

柏本圭二郎 MySpace

柏本圭二郎 HP
スポンサーサイト

エクスポゼの光と影

三十代以上のみなさんであれば、森川由加里さんのシングル曲 「SHOW ME」の大ヒットを、よくご記憶のことと思います。明石家さんまさんと大竹しのぶさんが主演した元祖トレンディ・ドラマ『男女7人夏物語』の続篇『男女7人秋物語』の主題歌でした。

※森川由加里「SHOW ME」
(PVが存在していたことを、今回初めて知りました)


この「SHOW ME」は、森川由加里さんがオリジナルではありません。アメリカの3人組ガール・グループ、ザ・カヴァー・ガールズによるクラブ・ヒットが原曲です。

※カヴァー・ガールズ「Show Me」のPV


カヴァー・ガールズは、フリースタイルというジャンルに属しています。これがどういう種類の音楽なのかというと、それこそ「SHOW ME」がいちばんわかりやすい例なのですが、一口で説明してしまうと、ラテン・ミュージックの要素が強いエレクトロニック・ダンス・ミュージックのことです。前奏や間奏のリフレイン、そしてサビの部分の裏メロなどに大きな特徴があります。マイアミのクラブ・シーンが発信源で、'80年代後半から'90年代初頭にかけて、世界中のクラブ・シーンで流行しました。

このフリースタイルに分類されるアーティストのうち、最も大きな成功を収めたのが、今回のエントリの主役、エクスポゼ(Exposé)です。

エクスポゼは、ジーネット・ジュラドゥ、アン・カーレス、そしてジョイア・ブルーノの3人の女性によるヴォーカル・グループです。

彼女たちはクラブ・シーンだけではなく、『Billboard』誌の Top100でも次々と Top10ヒットを放った、'80年代におけるガール・グループの最高峰の1つです。1987年の1st アルバム『エクスポージャー (Exposure)』からは、4曲のシングルが Top10ヒットを記録。そのうち5th シングル「シーズン・チェンジ (Seasons Change)」は全米 No.1。1989年の2nd アルバム『恋のダンス・パラダイス (What You Don't Know)』からは、3曲の全米 Top10ヒットが生まれました。

女性3人によるヴォーカル・グループという形態は、アメリカの音楽界においては、実は伝統的といってもいいほどありふれたものですが、エクスポゼがそれ以前のガール・グループと大きく異なっていたのは、曲によってリード・ヴォーカルの担当が入れ替わる、ということでした。それ以前のアメリカのガール・グループは、映画『ドリームガールズ (Dreamgirls)』を観てもわかるとおり、リード・ヴォーカルとコーラスの役割分担は、完全に固定されているのが一般的でした。ところが、エクスポゼの3人は、曲によって「グループの顔」が入れ替わるというスタイルを採用し、しかも継続的に Top10ヒットを生み出した、当時としては画期的なガール・グループでした。

エクスポゼの3人のうち、最もオーソドックスなヴォーカルを聴かせてくれるのが、ジーネット・ジュラドゥ。アップテンポからバラードまで、どんな曲調でも器用に歌いこなす、誰の耳にも心地良い歌声の持ち主です。アン・カーレスはジーネットよりも幾分細い、響きの少ない声質。そしてメンバーの中でいちばん個性的なヴォーカルを聴かせるのが、ジョイア・ブルーノです。もしも英語にべらんめえ調というものがあったなら、きっとこういう感じだろうというような、ねっとりと絡みつく、ドスの効いたハスキー・ヴォイスが彼女の特徴です。

1st アルバム『エクスポージャー』からのシングルのうち、最初にヒットした3rd シングル「カム・ゴー・ウィズ・ミー (Come Go With Me)」(全米5位)のリードはジーネット。リイシューされて Top5を記録した1st シングル「ポイント・オブ・ノー・リターン (Point of No Return)」(全米5位)のリードはアン。4th シングル「レット・ミー・ビー・ザ・ワン (Let Me Be The One)」(全米7位)のリードはジョイア。そして、再びジーネットがリードを取った5th シングル「シーズン・チェンジ」で、ついに彼女たちは全米 No.1を手にしました。

エクスポージャーエクスポージャー
(1987/11/10)
エクスポゼ

商品詳細を見る


さてさて、LGBTミュージックがテーマのこのブログで、どうしてこんなにも長々とエクスポゼについて書いているのかというとですね、実は先日(6月24日)、アメリカのメジャー・ゲイ雑誌『The Advocate』誌のサイトに、ジョイア・ブルーノが薬物の不法所持で昨年の4月に逮捕されていたという記事が、掲載されていたからなんです。

続きを読む