上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
昨年(2009年)の10月10日に33歳の若さで亡くなったスティーブン・ゲイトリーが、1999年にゲイであることをカミング・アウトして以降、イギリスのポップス界では、ゲイであることをカミング・アウトする男性アイドル・シンガーが、継続的に現れています。

Will Young / All Time Loveまず、2002年には、人気オーディション番組『Pop Idol』の第1シーズンの優勝者であるウィル・ヤングが、デビュー・シングルのリリースからほどなくして、ゲイであることをカミング・アウトしました。

アンドルー・キンローカン2003年10月には、『Pop Idol』の後追い番組のうちの一つ、『Popstars: The Rivals』のファイナリストたちによって結成されたボーイバンド、フィックス(Phixx)のメンバーであるアンドルー・キンローカンが、フィックスの制式デビューに先立って、イギリスのゲイ雑誌『Attitude』の11月号の誌上で、ゲイであることをカミング・アウトしました。制式デビュー前からゲイであることを明かしていた男性アイドル・シンガーは、このアンドルー・キンローカンが初ですが、フィックスはアルバムを1枚リリースしたのみで活動を休止しています。

Westlife / Face To Face2005年8月には、イギリスでは並ぶ者のない人気ボーイバンド、ウエストライフのメンバーであるマーク・フィリーが、ボーイフレンドのケヴィン・マクデイドの存在を明かし、ゲイであることをカミング・アウトしました。

V『You Stood Up』そのケヴィン・マクデイドも、やはり男性アイドル・シンガーでした。彼が在籍していたのはというボーイバンド。Vもフィックスと同様、レコード会社が期待していたほどの成功を収められなかったため、アルバム1枚をリリースして解散してしまったのですが、このVからは、ケヴィン・マクデイドのほかにもアーロン・バッキンガムが、2006年の7月に、イギリスのゲイ雑誌『Attitude』の8月号にコラムを寄稿して、ゲイであることをカミング・アウトしています。

『Buzz』ジャケット2007年1月には、イギリスの大物プロデューサー・チーム、ストック/エイトケン/ウォーターマンによって世に送り出された男女混成のアイドル・グループ、ステップスのメンバーであったイアン・ワトキンスが、タブロイド紙『The Sun』のインタヴューに応えて、ゲイであることをカミング・アウトすると共に、ステップスのマネージャーであったティム・バーンと10年に渡って交際していたことを明らかにしました。

そして2009年7月には、人気ボーイバンド、ブルーのメンバーであるダンカン・ジェイムスが、タブロイド紙『News of the World』のインタヴューに応えて、バイセクシュアルであることをカミング・アウトしています。



このように、イギリスのポップス界では、男性アイドル・シンガーのカミング・アウトの例が、既にいくつも存在しているのですが、ここにまた一つ、新たな例が加わりました。

イギリスの人気オーディション番組『X-Factor』の昨年度(第6シーズン)の優勝者である、ジョー・マケルダリー(Joe McElderry)が、7月31日、『Daily Mirror』や『The Sun』などの複数のタブロイド紙のインタヴューを通じて、ゲイであることをカミング・アウトしました。

Joe McElderry: I'm gay - X Factor winner comes out in Daily Mirror interview (mirror.co.uk, 2010.7.31)

ジョー・マケルダリーは、弱冠19歳のティーンネイジャーです。そして現在までに単独でリリースした作品はシングルが1曲だけの、ピカピカの新人です。そのデビュー・シングル「The Climb」は、マイリー・サイラスのカヴァー曲です。昨年(2009年)の12月に、全英およびアイルランドのシングル・チャートで、見事 No.1を記録しています。

"The Climb"
(2009)


さて、今回のジョー・マケルダリーのカミング・アウトなんですが、先に列挙したこれまでのイギリスの男性アイドルのカミング・アウトに比べて特異な点があります。

それは、ツイッターがきっかけとなっている、ということです。

... 続きを読む
スポンサーサイト
2010.08.03 Top↑
毎年夏に開催されている、セクシュアルマイノリティによるアートの祭典、Rainbow Arts。今年は7月24日から31日までの一週間、新宿駅から徒歩5分のところにある全労済ホール スペース・ゼロにて、作品の展示が行なわれました。

その最終日の7月31日に、ゲイ・ミュージシャンの Yosuke さんが、Rainbow Arts の展覧会の中で、ライヴ・パフォーマンスを行ないました。Yosuke さんのライヴは、5月15日に開催された INSIDE OUT the LIVE 2010 以来となります。

※INSIDE OUT the LIVE 2010については、Gay Life Japan 内の『藤嶋隆樹のゲイミュージックワールド』にてレポート記事を掲載しているので、ぜひそちらも参照してください。→第11回 INSIDE OUT the LIVE 2010 観覧記


Rainbow Arts 2010 Yosuke ライヴ その1


Yosuke さんは、2001年の夏に、自作曲「CARNIVAL」が東京レズビアン&ゲイ・パレード2001の公式テーマ・ソングに選ばれ、日本のゲイ・インディーズ・シーンに初登場。当時の最年少アーティストとして、ゲイ・メディアからも脚光を浴びました。

そんな Yosuke さんが目指しているのは、「アートと音楽の融合」。

2010.08.01 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。