上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
DEN『標された道』CDジャケット今年の5月15日に新宿で開催されたLGBTミュージック・ライヴ・イヴェント『INSIDE OUT the LIVE 2010』にも出演されていた、LGBTシンガーのDEN さんが、8月31日、ついにデビュー・アルバム『標された道』をリリースなさいました。

このアルバムについて語り始める前に、まずはジョーイ・カルボーンさんのインタヴューでの発言を、ここで紹介させてください。ジョーイ・カルボーンさんは、1983年の日本映画『里見八犬伝』のサウンドトラックを手がけたのを皮切りに、数多くの日本人アーティストに楽曲を提供してきた、アメリカのソングライター/プロデューサーです。

「日本にも沢山の作曲家がいるのに、アメリカ在住の JOEY が作った曲が日本で売れるのはどうしてなんだろう?」との質問に、ジョーイ・カルボーンさんは英語まじりの日本語で次のように答えていらっしゃいます。

「僕は外人だからチョット違うね。それ以外にも僕は20年前に JPOP を自分で勉強した。日本人が好む曲はAメロー、Bメロー、サビがある曲。僕はブルックリン育ちで、アメリカンポップミュージックの中で育ち、特にその頃の音楽は今のアメリカ音楽と違ってVERY MELODIOUSだったし、あと僕はイタリアの音楽、カンツォーネを聴いて育った。だから、僕の作る音楽はアメリカンポップスとカンツォーネのミックス!」

「日本人は昔、カンツォーネ、フランスの曲や南ヨーロッパの曲を聴いたと思うんだよね。最近のアメリカンポップはRBミュージックでグルーブだけで、サビで歌詞はちょっとだけ変ってコードは同じ、Too Straight。僕の前の彼女は日本人で『最近のアメリカンポップはつまんないね』と言ってた。それに対してJPOPは昔も今もAメローとBメローとそれに変調もするし、サビは音程が高い。特に、サビが耳に残るから、15秒のサビだけでCMが作れるくらい強烈な印象を与える。例えば FUJITV の CM は40秒だけど、スゴイ耳に残る。もちろん。アメリカのシンガー、特に黒人は歌はめちゃくちゃうまいし、歌だけでやっていける。それに対して、日本のシンガーは黒人ほどパワフルな歌唱力はないから、メロディアスな曲を作ってやらないといけないから作曲家としては、とてもチャレンジング!」


言語や地域、人種の違いが、文化の嗜好性の違いにどの程度の影響を与えているのか、そこにははたして因果関係があるのか否か、そうした考察は、専門の研究者のみなさんにお任せします。私はここでそれを議論するつもりはありません。私が言いたいのは、カルボーンさんが指摘したような音楽的嗜好の違いは、一つの傾向として確かに存在しているであろう、ということです。この傾向を踏まえた音作りによって大成功を収めたのが、あの小室哲哉さんだったと思うんですね。

全盛期の小室さんが作曲・プロデュースしたシングル曲は、海外のクラブ・シーンでの流行を次々と取り入れつつも、特に日本で好まれている要素――たとえば、Aメロ+Bメロ+サビというわかりやすい曲構成や、転調の多用、高い音程のサビ、etc――を、しっかりと備えていました。そして、そうした要素が後退し始めた時期(安室奈美恵さんの「toi et moi」や「LOVE 2000」あたりから)と、小室サウンドの大衆的な人気が下降線をたどり始めた時期は、ほぼ重なり合っています。

DEN さんのデビュー・アルバム『標された道』も、そのキャッチで謳われている「どこか懐かしいメロディー/“和”と“洋”を融合した Pop sound」という言葉のとおり、非常に洋楽的な音色やリズムを用いながらも、メロディーそのものは先に挙げたような日本で好まれる要素に則って作られています。たとえば、2曲目の「なくしたこころ」や7曲目の「キャンディラビット」のリズムにはニュー・ジャック・スウィングが取り入れられていますが、メロディーそのものは日本で昔から好まれている――言い回しを変えれば、一定の地域内での最大公約数的な嗜好の傾向を示す言葉としては日本的という形容も可能な――伝統的なポップスのスタイルです。

この“和”と“洋”の融合というコンセプトは、洋楽的なサウンドと日本語へのこだわりが強くうかがわれる歌詞との対照にも表れ出ていると思います。よく J-POP の歌詞には英語のフレーズが部分的に用いられていますが、DEN さんの書かれた歌詞には英語のフレーズは部分的にも使われていません。これは意識的にそうなさっているのだと思います。「シグナル」や「キャンディラビット」といった楽曲のタイトルも、これが一般的な J-POP の発想ならば英語で表記するところを、あえてカナで表記しています。ジャケットに印字されたアルバムのタイトルも、毛筆フォントで縦書き表記されています。

こうした日本語へのこだわりは、欧米産の文化を否定するような排他的性質のものでは決してありません。あくまでも“和”と“洋”の融合――しかも DEN さんの場合は、両文化を均質化するというよりは、両文化の良いところを際立たせながら等分に取り入れるという試み――に基づくものです。

そういえば、DEN さんは5月15日に『INSIDE OUT the LIVE 2010』でパフォーマンスされた際には、和服をアレンジした衣装を着ておられました。サウンドが洋楽風であるからこそ際立つ、そんなコーディネイトであったと思います。

“シグナル”
(Live, 2010)


この「シグナル」という楽曲は、ライヴ動画の中で DEN さんご自身がザックリと語っておられるように、俗に言うハッテン場でのカジュアル・セックスを題材としたものです。

DEN さんの書かれる歌詞は、ゲイ男性だけでなく異性愛の男性でも感情移入ができるような作りになっていますが、そこで描かれている切ない恋愛模様の中に、男性性の神話・幻想は、いっさい持ち込まれていません。「シグナル」の歌詞にしても、かなり直截的な性描写が行なわれている一方で、しばしば「男役」とか「女役」などという言葉で説明されてしまうような、性行為における能動性と受動性の役割分担が、決して固定的には描かれていません。

こうした描写のあり方は、LGBTシンガーならではのものであると同時に、DEN さんというシンガー・ソングライターさんが、属性から来る差異というものに非常に敏感で、その差異を優劣や正誤でとらえるのではなく、あくまでも対等にとらえ、その差異を一人でも多くの人たちに共感してもらえるような形にアレンジして、異なる文化のあいだに共感の輪を広げていこうとする、そうした姿勢の持ち主であることの表れなのではないでしょうか。

このブログをご覧のみなさまもぜひ、DEN さんのデビュー・アルバム『標された道』を、実際に手に取ってみてください。

標された道標された道
(2010/08/31)
DEN

商品詳細を見る



※アルバム『標された道』の試聴はこちらからどうぞ。

※DEN さんのオフィシャル・ブログはこちら


スポンサーサイト
2010.09.25 Top↑
9月23日、東京・初台 TheDOORS にて、4人組のFtMアイドル・ユニット、GtM (Girls to Men)のデビュー・イヴェントが開催されました。

女性から男性へチェンジ!GtMお披露目(nikkansports.com, 2010.09.23)

GtM が所属しているのは、人気女性アイドル・ユニット、制服向上委員会の所属レーベルである、アイドルジャパンレコード株式会社です。上記の日刊スポーツの記事によると、リーダーのサクヤさんは、以前は制服向上委員会のメンバーだったそうです。

GtM が9月23日にデビュー・イヴェントを開催するという情報を、私は Twitter を通じて数ヶ月前から知っていました。しかし、私が情報を知った当時は、まだユニット名も決定しておらず、それ以上の詳細を知ることができなかったので、このデビュー・イヴェントに実際に足を運ぶことは叶いませんでした。

ああ、観に行きたかったなあ……。

私は、この GtM に非常に大きな注目を寄せています。というのも、FtMの歌手のかたというのは、世界的に見ても、その数は決して多くはないんです。私がパッと思いつくところでは、アメリカのヒップ・ホップ・ラッパー、カタストロフがいますが、彼はインディペンデントで活動しているので、日本ではほぼ無名だと思います。

カタストロフ バイオグラフィー (Queer Music Experience.) ←読んでね。

これがMtFの場合であれば、たとえばイスラエルのダナ・インターナショナルさんや韓国のハリスさん、そして日本の中村中さんなど、有名なかたが何人かいらっしゃいます。

ダナ・インターナショナル バイオグラフィー (Queer Music Experience.) ←読んでね。

ハリス バイオグラフィー (Queer Music Experience.) ←読んでね。

ところが、メジャー配給のFtMの歌手のかたとなると、本当に数が少ない。ましてや、メンバー全員がFtMのアイドル・ユニットとなると、日本初どころか、世界初じゃないでしょうか?

もちろん、世界中のありとあらゆる地域のショー・ビジネス界を厳密に調査した上での話ではないので断言はできませんが、少なくともクイアー・ミュージック(LGBTミュージック)の歴史において、今回の GtM の登場は、世界的に見てもエポック・メイキングな出来事であることは、間違いありません。

つい先日にデビュー・イヴェントが開催されたばかりなので、このエントリを執筆している現時点では、GtM の公式サイトはまだ稼動していないようです。所属レーベルであるアイドルジャパンレコードのサイトでも、制服向上委員会オフィシャルサイト内に23日のデビュー・イヴェントの告知が掲載されているのみです。しかし、上記の日刊スポーツの記事によると、12月1日には GtM のデビューCD「声を聴いて~エコーズ~」がリリースされるそうです。その発売が今から本当に楽しみです。

同じ記事の中で、リーダーのサクヤさんは、次のように語っておられました。

「1歩踏み出すと、みんな後についてきやすい。今はニューハーフの方がメディアにも出るようになってカミングアウトもしやすくなったけど、悩んでいる人たちの力になるような活動をしていきたい」


また、メンバーのトワさんは、Twitter のほうで次のように語っておられます。

「当事者からの厳しい声は多いだろうと予測はしていました。グループ名や売り出し方もかなり事務所と話し合いました。イベントのトークショーで当事者から頂いた言葉はこちらの励みになる様な言葉でした。まずは有名になり、生の言葉や思いを伝えられる様になりたいです。」

「自分たちも事務所と話したオフレコな部分をかなり重ねてきていたので心の準備はできてました。しかし、トークショーでは言いましたが鬱をもっていたり、いま苦しいと思っていたり『芸能界だぜ!いぇい!』と簡単なもんじゃなかったんですよとそのうち伝わればと(笑)」

「例え一人でも、知るだけで楽になる人はいると思う。今はFTMを全押しですがアーティストとして昇華すれば知らなかった人が知る機会になると思うのです。」


私は、メンバーのみなさんのこれらの発言を読んで、GtM を応援していこうと強く思いました。まだ音も聴いていないし、ステージも観ていない段階だけれど、私の心を揺さぶるのは、こうした熱い志をもったかたたちの歌なんです。

だから私は、GtM を応援していきます!



2010.09.24 Top↑
1991年11月24日にエイズによる合併症で亡くなったフレディ・マーキュリーの伝記映画の主演俳優が、『ボラット』『ブルーノ』で知られているイギリスの喜劇俳優、サシャ・バロン・コーエンに決定したそうです。

サシャ・バロン・コーエンがフレディ・マーキュリー役に決定(MTV JAPAN, 2010.09.17)

これを報じる Advocate.com の記事のコメント欄には、現時点で既にいくつかの投稿が読者のかたから寄せられていますが、早くも賛否両論となっています。

Sacha Baron Cohen to Play Freddie Mercury in Biopic (Advocate.com, 2010.09.17)

サシャ・バロン・コーエンは2009年の主演映画『ブルーノ』でオーストリア人のゲイのファッション・レポーターの役を演じていますが、このブルーノというキャラクターをゲイ・フレンドリーなものと解釈するか、それともゲイを茶化したものと解釈するかによって、それを演じたバロン・コーエンの評価も、Advocate.com の読者のあいだでは二分されている印象です。

しかし、フレディを演じる俳優にはゲイ・フレンドリーであってほしいという思いそのものは、賛成派にも否定派にも共通しています。

男性同性愛がどのように描かれるかという点については、主演のバロン・コーエンがゲイ・フレンドリーであるかどうかよりも、むしろこの映画の監督(現時点では未決定)や脚本家のピーター・モーガンが、男性同性愛についてどのような視点を映画の中に持ちこむかが、より重要な要素になってくると思います。

Advocate.com の記事によると、今回の映画で描かれるのはクイーンの初期から1985年のライヴ・エイドまで。フレディの晩年は描かれないそうです。つまり、今回の映画ではエイズの問題にはスポットが当たらないということであり、どうやら私人としてのフレディ・マーキュリーを描くのではなく、ステージ・パフォーマーとしてのフレディの姿に焦点を絞り込んだ映画になるのではないか、と私は勝手に予測しています。



ちなみに、私個人は、サシャ・バロン・コーエンがフレディを演じることについて、少なくとも現時点では不安のほうが大きい、というのが正直なところです。『ブルーノ』での役柄がどうこうというよりも、『ボラット』のイメージのほうが、私にはいまだに強烈なんですよね。

『ボラット』でのサシャ・バロン・コーエン
『ボラット』でのサシャ・バロン・コーエン


確かに、『ボラット』でのサシャ・バロン・コーエンの顔はフレディに似ていなくもないし、フレディのステージ衣装も、ボラットのように胸毛と股間の膨らみを強調したものが多い。だからこそ、フレディの衣装を身にまとったバロン・コーエンの姿は、クイーンのリアルタイムを知らない若い世代のオーディエンスの目には、むしろボラット的な文脈のものに見えてしまうのではないかという気が、私はするんですよね……。

とはいうものの、制作発表の段階では非難の声のほうが大きかったキャスティングも、いざ本編が公開されると絶賛の嵐に取って代わったという例は、過去にいくつも存在しています。すぐに思いつくところでは、『バットマン』のマイケル・キートンがそうでした。

というわけで、サシャ・バロン・コーエンには名演を期待しています。


2010.09.18 Top↑
ボーイ・ジョージが9月13日付で、下の画像のツイートを投稿しました。

ボーイ・ジョージのツイート


このツイートで紹介されているのが、この動画です。

"Madman"
狂った抱擁
(1979)


この曲を演奏しているカドリー・トイズは、1979年に日本で先行デビューした、イギリスのニュー・ウェイヴ系バンドです。そしてカドリー・トイズのドラマーを務めていたパディ・フィールド(Paddy Phield)さんは、1977年に16歳で渡英して、カドリー・トイズやパナッシュといったイギリスのバンドで活躍していたという、伝説の日本人ドラマーです。現在では音楽活動の拠点を日本に置いています。

この「狂った抱擁(Madman)」が収録されているカドリー・トイズの1st アルバム『倒錯のギロチン・シアター(Guillotine Theatre)』は、2007年にDVD付で再発されました。この再発のニュースは、日本のゲイ雑誌『Badi』の2007年10月号にも掲載されましたが、その中でパディ・フィールドさんは「オープンリー・ゲイの日本人ドラマー」として紹介されていました。

ボーイ・ジョージがカドリー・トイズの動画を Twitter で紹介しているのを見て、「そういえばパディ・フィールドさんについては、まだ一度も書いていなかったなー」と思い、パディ・フィールドさんのバイオグラフィーを、ごくごく簡単にではありますが、Queer Music Experience.のほうにまとめてみました。ぜひご覧になってみてください。

パディ・フィールド バイオグラフィー (Queer Music Experience.) ←読んでね。



倒錯のギロチン・シアター  スペシャル・エディション(DVD付)倒錯のギロチン・シアター スペシャル・エディション(DVD付)
(2007/08/08)
カドリー・トイズ

商品詳細を見る




2010.09.13 Top↑
ラスベガスの観光名所として知られていたリベラーチェ博物館が、30年以上に及ぶその歴史に、いよいよ幕を下ろすこととなってしまいました。Advocate.com が9月11日付で報じています。

Liberace Museum Closing (Advocate.com, 2010.09.11)

リベラーチェ博物館
リベラーチェ博物館


リベラーチェは、1950年代にテレビを通じてスーパースターとなった、アメリカのピアニストです。派手な衣装と過剰なステージ演出が、後世のロック・スターにも大きな影響を与えました。1987年にエイズによる合併症で亡くなっています。詳しくは Queer Music Experience.本編をご覧になってください。

リベラーチェ バイオグラフィー (Queer Music Experience.) ←読んでね。

アメリカのゲイ向けニュース・サイト EDGE は、これよりも前の5月20日、リベラーチェ財団のジャック・ラパポート会長のインタヴューを掲載していました。このインタヴューの中で、ラパポート会長は、リベラーチェ博物館をストリップ(ラスベガスの繁華街)に移転する考えがあることを話していました。

Liberace Museum, steeped in the past, looks to the future (EDGE on the Net, 2010.05.20)

かつては年間で400,000人以上の集客があり、ラスベガスの代表的な観光名所にもなっていたリベラーチェ博物館ですが、今日では客足が鈍り、財政難に陥っていたようです。収蔵品の保存状態を良好に保っていくためにも、より多くの収益が必要となることから、観光客が立ち寄りやすいストリップ沿いへの移転を、ラパポート会長は考えていたようです。

このインタヴューを読んで以降、私はリベラーチェ博物館の今後が気になっていたのですが、ついに先日(9月11日)、博物館がその扉を永遠に閉ざす予定であることが報じられました。

Advocate.com の記事によると、リベラーチェ財団取締役会のジェフリー・コープ氏は、パートタイムも含む博物館のスタッフ全員に、10月17日付での解雇を言い渡したそうです。これは純然たるビジネス上の決断であり、取締役会としても苦渋の決断であったことを、コープ氏は語っています。

こうした施設の経営について、私は大した知識があるわけではなく、ましてやアメリカでの話なので、こうしたらいいのではないかとか、ああしたらいいのではないかとか、そうした建設的な意見を述べることは難しいのですが、あくまでも一個人の素朴な感想として、博物館や美術館や図書館などの施設が財政難によって姿を消していくのは、非常に残念です。

新しい文化を創造・享受するだけでなく、古い文化を遺していく(つまり、文化の歴史を学ぶ)ことの重要性を、私たちはもっと見直さなければいけないように思うのです。

生前のリベラーチェの、ラスベガスでのショーの模様です。




2010.09.12 Top↑
横浜市イギリス館開催から1か月以上を経てのレポートとなってしまい大変に恐縮なんですが、2010年8月8日に、音楽発表サークル La vie en rose Yokohama のコンサート『La vie en rose Yokohama CONCERT 2010 白い夏―届かなかった愛の歌』が、神奈川県横浜市で開催されました。このサークルには、当ブログの8月1日のエントリでもご紹介させていただいた、ゲイ・ミュージシャンの Yosuke さんも参加なさっています。その Yosuke さんからお声をいただき、私はこのコンサートで、当日のスタッフとして、舞台設営のお手伝いをさせていただきました。

会場の横浜市イギリス館は、港の見える丘公園の中にある、由緒ある洋館です。この建物の1階にあるホールで、今回のコンサートは開催されました。

La vie en rose Yokohama は、クラシカル・ミュージックに軸足を置いた音楽発表サークルです。出演者のみなさんはゲイのかたが中心ですが、だからといって演者の性的指向を決して限定するものではなく、ストレートのかたも出演されています。今回のコンサートでは、6組のみなさんが演奏をなさいました。クラシカル・ミュージックには明るくない私でも、これが非常にヴァラエティに富んでいるということがよくわかる、そんな内容のコンサートでした。

2010.09.09 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。