FC2ブログ

True Colors / Gay Men's Chorus of Los Angeles

当ブログの2008年12月21日のエントリでは、ゲイ・メンズ・コーラス、つまりゲイ・オンリーの男声合唱団を、いくつか紹介しています。

そのうちの一つである、ゲイ・メンズ・コーラス・オブ・ロサンゼルス (Gay Men's Chorus of Los Angeles)が、シンディ・ローパーの「True Colors」をパフォーマンスする映像を、新たに公開しています。Out.com が、11月3日付の記事でこれを紹介しました。

It Gets Better: The Musical (Out.com, 2010.11.03)

この「True Colors」の映像は、前回前々回のエントリでも触れている It Gets Better Project のサポートとして収録されたものです。

上のリンク先の記事によると、このパフォーマンスには、ゲイ・メンズ・コーラス・オブ・ロサンゼルスのメンバーのみなさんの友人やアライのみなさんも加わっており、プレスビテリアン教会の体育館で映像の収録が行なわれたそうです。

どうか、ご覧ください。

"True Colors"
(2010)

http://www.youtube.com/watch?v=KnYa9R4N-8c


スポンサーサイト

Things Will Get Better / Nhojj

前回のエントリでも触れていますが、今アメリカでは、同性愛を理由に残酷ないじめに遭ったティーンネイジャーたちが、次々と自らの命を絶っています。

こうした事態を受けて、オープンリーのLGBTの著名人や、さらには年齢や性別、職業もさまざまな一般のLGBTの当事者のみなさん、そしてLGBTを支援するアライのみなさんなど、実にたくさんのかたたちが、YouTube を通じて、"It Gets Better."のメッセージを発信し続けています。

It Gets Better Project

そして、以前このブログでも紹介したことのある、ガイアナ共和国出身のオープンリー・ゲイのソウル・シンガー、ノッジ (Nhojj)が、この It Gets Better Project にインスパイアされた新曲「Things Will Get Better」を発表しました。

ノッジ バイオグラフィー (Queer Music Experience.) ←読んでね。

孤独に苛まれているLGBTのティーンネイジャーたちに寄り添うかのような、静かで優しい旋律は、やがてトライバルな躍動感を増していき、「人生は必ず、もっと明るいものになる、僕は約束する」という、前向きで力強いメッセージが歌われます。

生きることに絶望し、死の淵へと吸い寄せられている10代のLGBTに向けて、ノッジから送られた生命のメッセージ、「Things Will Get Better」。この曲のフル・コーラス試聴は、下のリンク先のサイトで可能となっています。歌詞も掲載されているので、このブログをご覧くださっているみなさんも、ぜひ聴いてみてください。

New Music Monday - Things Will Get Better (Nhojj.com)

「Things Will Get Better」ジャケット