FC2ブログ

ルーファス・ウェインライトが、パパになりました。

ルーファス・ウェインライト (Rufus Wainwright)が、代理母出産によって、同性パートナーのヨルン・ヴァイスブロット (Jörn Weisbrodt)とのあいだに女の子を授かったことが、昨日(2月18日)、彼の公式サイト上で発表されました。

The Official Community of Rufus Wainwright

アメリカのゲイ・メディアも、既に複数がこれを報じています。

Rufus Wainwright Announces He's a Dad! (AfterElton.com, 2011.02.18)

Rufus Has a Baby (Advocate.com, 2011.02.18)

これらの記事によると、女の子の名前はヴィヴァ・キャサリン・ウェインライト・コーエン。今月の2日に、ロサンジェルスの病院で産声を上げました。代理母となったのは、レナード・コーエンの娘のローカ・コーエンだそうです。

昨年の12月5日には、エルトン・ジョンが、同性パートナーのデイヴィッド・ファーニッシュとのあいだに、代理母出産によって、男の子を授かっています。また、昨年3月29日のリッキー・マーティンのカミング・アウトは、代理母出産によって授かった2人の男の子の人生に影を落としたくないという理由によるものでした。2008年8月のクレイ・エイケンのカミング・アウトも、ほぼ同様の理由によるものです。



ゲイやレズビアンが、同性パートナーと入籍を行ない、子どもを儲け、家族となる。こうした選択を、異性愛者の価値観やライフスタイルに迎合しているとして批判を展開している、オープンリー・ゲイの著名人もいます。

続きを読む

スポンサーサイト