FC2ブログ

藤本大祐、藤井 周ライヴ@秋葉原 PAGODA 観覧記

1月9日に二子玉川の Lasah にて開催された、鹿嶋敏行さんのワンマン・ライヴを拝見後に、鹿嶋さんからいただいた言葉が、とても印象に残っています。

「やっと『普段着』のステージを観てもらえた」

それまで藤嶋が観てきた鹿嶋さんのステージは、たとえば第1回LGBT音楽祭であったり、すこたんソーシャルサービスさん主催のライヴであったり、あるいは『ソラニワ』であったりと、いずれもLGBTの主題性が強いものだったんですね。

これらの鹿嶋さんのステージが、鹿嶋さんにとっても特別な、通常とは異なる性質のものであることは藤嶋にも想像できていたし、実際1月9日の Lasah でのワンマンは、藤嶋がこれまでに観てきた鹿嶋さんのステージとは明らかに印象が異なっていて、そのことはライヴ・レポのほうにも記しているのですが、それを読んでくださった鹿嶋さんから、前述のお言葉をいただいたときに、その「普段着」という表現に、藤嶋はハッとさせられたのです。

これって、単に出演イヴェントの性質が異なっているというだけの話ではないのだなー、と。



ゼロ年代前半のころは、LGBTミュージシャンが一同に集うライヴ・イヴェントが、東京でも頻繁に開催されていました。特に2002年から2004年にかけては、ゲイ・インディーズの対バン・ライヴ・イヴェント『Ball de Musa(バル・ダ・ムサ)』が、新宿一丁目のライヴ・ハウス HEAD POWER を会場に、なんと隔月で(←今じゃ考えられない話だけど)、開催されていました。そして、そのようなゲイ・コミュニティの音楽イヴェントをホームとしているミュージシャンも、大勢いたんですよ。ゲイ・インディーズの黎明期を牽引した genetic LOADGALE といったユニットは、まさしくそういうミュージシャンでした。

つまり、ゼロ年代の前期は、ゲイ・インディーズのライヴ・イヴェントに足を運びさえすれば、それだけで大勢のLGBTのインディー・ミュージシャンのみなさんのパフォーマンスに触れることができたし、そこでのパフォーマンスこそが、それらのミュージシャンのみなさんの「普段着」のステージだった、ということなんです。

でも、今はそういう時代ではないのだよなー、と。

ゼロ年代初頭のころから日本のゲイ・インディーズ・シーンを追いかけてきた習い性で、これまで藤嶋がもっぱら足を運んでいたのは、LGBTのミュージシャンが一同に集うライヴ・イヴェントが中心でしたが、現状下でそうやって腰が重いままでいると、「LGBTミュージシャン」であることを引き受けて音楽活動を行なっているみなさんの、「普段着」のステージを知らずにいることになってしまう。

そのことを、鹿嶋さんの言葉によって実感したのです。

     ☆

さてさて、長ーい枕は、これにておしまい。ここからがようやく本題。

2月23日、秋葉原 PAGODA にて開催された、『店長 SHIDA-X 俺様わがまま Birthday 5Days』1.st Day に、藤本大祐(ふじもと・だいすけ)さんと、藤井 周(ふじい・あまね)さんのおふたりが、そろって出演されました。

この秋葉原 PAGODA は、藤本さんと周さんの、ホーム・グラウンドです。

そして藤嶋は、今まで PAGODA に足を運んだことがありませんでした。

これっていうのは、つまり。

藤嶋は、藤本さんや周さんの「普段着」のパフォーマンスを、今まで一度も観ていない、ということになるわけです。

特に藤本さんについては、初めて彼のライヴ・パフォーマンスに接してから、それなりの年数が経過しているというのに、いまだに彼の「普段着」を藤嶋は知らない、ということ。

ダメじゃん、アタシ!

というわけで、藤本さんと周さんの「普段着」のパフォーマンスを観るべく、藤嶋は秋葉原 PAGODA に初上陸をしたのです。

続きを読む

スポンサーサイト