FC2ブログ

屋良朝友ワンマン・ライヴ@風に吹かれて 観覧記

3月22日(火)は、東京・大森にあるフォーク居酒屋“風に吹かれて”にて行なわれた、屋良朝友(やら・あさとも)さんのワンマン・ライヴに、足を運んでまいりました。

屋良さんが“風に吹かれて”に出演なさるのは、これが4度目。そのうちの3度がワンマン。その3度のワンマンを、私は現在までのところ、すべて拝見させていただいています。

今回のワンマンの第1部は、「しつこいおかま」「悪いけれど・・・」「雲雀」など、明確にゲイの恋愛をテーマとした楽曲のオン・パレード。そして第2部は、今回のツアー終了後に制作が開始される(んですよね? ね? と念を押してみる:笑)新作CDに収録予定の楽曲が中心でした。

屋良朝友さん1 屋良朝友さん2

屋良朝友さん3 屋良朝友さん4


藤嶋にとって、この日のライヴは、東北地方太平洋沖地震発生後に足を運んだ、3本目のライヴだったのですが、この日も途中で余震があったにもかかわらず、現在では非・日常になってしまった日常へと、ようやく戻ることができたような、そんなくつろいだ気分に浸ることができました。

いま思えば、13日のとんちピクルスさんのライヴのときには、出演者の側も、私たちオーディエンスの側も、巨大地震発生のショックが、まだまだ続いていた状態だったように思います。もちろん、不安や緊張も大きかったんだけど、この日の段階では、まだ動揺のほうが強かった。

だからこそ、13日のライヴでは、とんちピクルスさんも NON HAWAIIAN さんも、たとえ普段とは違う演奏条件ではあっても、そのパフォーマンス自体は、地震発生前と変わらない、普段の状態に近いものだったように感じます。

対して、19日の『土曜日の旅人達』では、出演者の側も、オーディエンスの側も、ライヴ・ハウス側も、巨大地震発生による大きなショックがひとまず過ぎ去り、その代わり、日々拡大していく被害状況や、停電による混乱、買占めによる物資不足、原発への危惧などによって、むしろパニック心理のほうが強くなっていたように思うんです。

そして、出演者のパフォーマンスにより直接的な影響を及ぼすのは、おそらくはショック状態ではなく、パニック心理のほうなのではないか、という気がしました。

巨大地震の二日後に行なわれたとんちピクルスさんのライヴよりも、一週間後に行なわれた『土曜日の旅人達』のほうが、出演者も、主催者も、私たちオーディエンスも、みなメンタルの面で、巨大地震の影響を、より強く受けていたように思うんです。

ところが、22日に観た屋良朝友さんのパフォーマンスは、そうではなかった。

続きを読む

スポンサーサイト



風太郎企画25th『土曜日の旅人達』観覧記

3月19日(土)は、風太郎企画25th『土曜日の旅人達』@阿佐ヶ谷 NEXT SUNDAY に、足を運んでまいりました。

実は藤嶋、風太郎企画を観るのは今回が初めてでした。そんな藤嶋であっても、今回の『土曜日の旅人達』が普段の風太郎企画とは異なった雰囲気であったろうことは、想像に難くありません。

節電のためにマイクやアンプは一切使用せず、照明も大幅に落としていましたが、そうした演奏条件の違いだけを取り沙汰して言っているのではなく、出演者のみなさんの心理状態そのものが、普段とは違っていたと思います。

今回の出演者のみなさんのうち、このブログではおなじみの藤本大祐(ふじもと・だいすけ)さんと藤井 周(ふじい・あまね)さんのおふたりを除いては、今回初めてパフォーマンスを拝見させていただくかたばかりでした。したがって、いつものライヴと比べてどうこうという種類の話は、私にはできないはずなのですが、おそらく今回の『土曜日の旅人達』でのパフォーマンスは、その心理状態ゆえに、普段とは違うものだったのではなかろうかと推察しています。

実際、今回5番手にパフォーマンスされた、いろは。さんは、そのMCの中で、「いつもどおりに演ろうとしたけど、りきんでしまっている」という趣旨のことをおっしゃっていました。たとえば、いきなり歌い出しから歌詞が飛んでしまったりとか(笑)。

いつもどおりであろうとしているが故の、りきみ。

このりきみは、いろは。さんだけでなく、他の出演者のみなさんにも、大なり小なりあったのではないかと思うんですよね。

出演者だけでなく、オーガナイザーである風太郎さんや、NEXT SUNDAY のスタッフのみなさんにも、同じようにしてあったと思うんです。

そして、たぶんオーディエンスの側にも。

藤嶋自身、普段どおりの精神状態とはおよそ言い難かった。

無理に明るく振舞おうとしていたわけではなかったけれども、一種の臨戦態勢にあったと思うのですよね。震災後の日本に蔓延している、娯楽産業への「不謹慎」というレッテルに反発する気持ちとか、イヴェントの最中に地震が起こっても冷静でいようと身構えている緊張感とか。

そのようなわけで、今回の『土曜日の旅人達』で拝見させていただいた、出演者のみなさんのパフォーマンスは、決して普段どおりのものではなかったと思うのですが、しかし。

このような状況下でのライヴだったからこそ、出演者のみなさんの、アーティスト/パフォーマーとしての決意や揺るぎなさ、音楽/パフォーマンスへの愛情が、全篇から迸り出ていました。

いつもどおりのライヴではむしろ出会えないであろう、出演者のみなさんの熱い姿に、この日、私は触れることができたと思っています。

いつもどおりではない状況下で、いつもどおりを取り戻すための、いつもとは違う熱さのある、特別で、大切なライヴになりました。

続きを読む