上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
秋分の日の9月23日は、銀座6丁目の Miiya Cafe にて行なわれた、『たけださとしの歌のフリーマーケット実写版「とんちピクルス×鹿嶋敏行 秋分の日の五分五分スペシャル!」』に、お出かけしてまいりました。

全体は3部構成。まず第1部は、とんちピクルスさんのソロ。第2部は、サポートに竹内大輔さんを迎えての鹿嶋さんのソロ。そして第3部が、とんちさんと鹿嶋さん、さらに竹内さんも加わってのセッション・タイム。

とんちピクルスさん1 鹿嶋敏行さん1
鹿嶋敏行さん2 とんちピクルスさん2


とんちピクルスさんと鹿嶋さんの、おふたりの個性の好対照ぶりは、ご本人たちも今回のライヴのMCで「白と黒」「水と油」などといった自虐ジョーク的表現でネタにされていたんですが、藤嶋個人の感触としては、とんちピクルスさんと鹿嶋さんのあいだには、かねてから同じ匂いを感じていたのですよね。ご本人たちにもそのことは以前からお伝えしていたのですが、今回のライヴを企画なさったたけださとしさんも、たぶん藤嶋と似たようなことを感じていらっしゃったと思うんです。

ただ、その同じ匂いというのが何なのか、今まではうまく言語化できていませんでした。でも、今回のツーマン・ライヴを拝見したことで、ようやく言葉になってくれそうです。

とはいっても、厳密な音楽理論に基づいた話などではなくて、限りなく文芸解釈に近い、それでいていささかロジカルに過ぎるものかもしれないのですが。

     ☆

藤嶋によるとんちピクルス論は、既に Queer Music Experience.本編に記しています。その文章は本来 Q.M.E.のために書いたものではないので、文体がガチガチに堅いのですが、この中で述べていることをものすごく簡単にまとめてしまうと、とんちピクルスさんの世界観というのは、将来が保証されている安定した人生からはみ出してしまっている(あるいははみ出さざるを得ない)生き方への、共感とか感情移入によって成り立っている、ということです。

そして、ここからが今回の本題なんですが、そうした種類の共感や感情移入は、おそらく鹿嶋さんにも通ずる要素だと思うんですね。

... 続きを読む
スポンサーサイト
2011.10.11 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。