上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
アメリカのメジャー・ゲイ雑誌『Out』誌のサイトに、"The 100 Greatest, Gayest Albums (of All Time)"という記事が掲載されています。アップロードされたのは今年の3月なので、決して新しい記事ではありませんが、現在でも『Out』誌のサイトのトップページからリンクが張られています。

The 100 Greatest, Gayest Albums (of All Time) (Out Magazine, 2012.03.19)

100作品のジャケットと解説が、スライド・ショー形式で閲覧できます。実際に見ていただいたほうが望ましいのですが、このエントリの最後にも100作品のラインナップと順位を書き出しておいたので、ぜひ参照なさってみてください。

さて、このリストが、どのような基準の下に、どのような方法で選出されたのか、それはわかりませんが、ここではLGBTのアーティストの作品だけではなく、異性愛のアーティストによるLGBT的な内容の作品や、ゲイから多く支持されている女性アーティストの作品なども選出されています。良く言えばLGBTカルチャーの多様性を反映した、悪く言えばLGBTカルチャーの定義の曖昧さをそのまま表したようなリストになっています。オルタナティヴ・ロックも多く含まれているところや、映画やブロードウェイ・ミュージカルのサントラ盤も含まれているところが特徴的です。後者については計5作品が選出されています。

そして、そのタイトルにわざわざ括弧書きで"of All Time"と付け加えられていることからも見て取れるように、このリストの中心となっているのは、ロック/ポップス史上での評価が既に定まっている作品群です。21世紀に入ってからデビューした新進アーティストのうち、このリストに選出されているのは、わずかにシザー・シスターズとザ・ゴシップの2組があるだけで(10月28日追記:アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズも選出されているのを見落としていました。計3組です。ご指摘をくださったみなさま、ありがとうございました。)、近年の作品でランク・インしているのは、既に実績のあるアーティストの近作やベスト・アルバムなどです。

それから、ゲイに多く支持されている女性アーティスト、いわゆる歌姫のうち、90年代以降に登場した歌姫たちの作品も、そのほとんどがスルーされています。レディー・ガガやケイティ・ペリーはもちろんのこと、ブリトニー・スピアーズやクリスティーナ・アギレラ、さらにはヴェテランの域に達しているマライア・キャリーでさえも、このリストには名前が見当たりません。そのかわり、80年代に登場した、ゲイ・イコンの代名詞的存在であるマドンナの作品は、ベスト・アルバムも含めて、実に5作品が選出されています。

そのマドンナこそが、このリストで最も多く作品が選出されているアーティストなのですが、マドンナに次いで作品が多く選出されているのが、ザ・スミス。4作品が選出されています。モリッシーのソロ・アルバムも含めると、合わせて5作品が選出されており、モリッシーはマドンナと並んで最多選出のアーティストとなります。が、ザ・スミスの作品はいずれも上位にランクされているので、印象の強さからいえば、このリストにおけるモリッシーの存在感は、マドンナのそれを上回っています。

次いで3作品が選出されているのが、デヴィッド・ボウイ、ペット・ショップ・ボーイズ、クイーンの3組。2作品が選出されているアーティストとなると、これは数が多いので、ここから先は実際の順位を見てご自身で確認なさってみてください。

ちなみに、トップ3の顔触れなんですが、1位の作品は異性愛のアーティストの作品。そして2位と3位のアーティストは、それぞれ世間的にはLGBTと認知されており、特に日本では彼らはオープンリーのLGBTだと思われていて、日本語版ウィキペディアでもLGBTのカテゴリに含まれてしまっているのですが、実は彼らは性的指向を自ら明言してはいません(つまり英語版 Wikipedia ではLGBTのカテゴリには含まれていない、ということです)。以前、イギリスのゲイ雑誌『Gay Times』誌の編集者が述べた、「性的指向を曖昧にしているアーティストのほうが、オープンリー・ゲイのアーティストよりも優れたレコードを作る。『俺はゲイだ』なんて歌っても、良いレコードはできない」という趣旨の発言を、このブログで紹介したことがありましたが(そのエントリはこちら)、この『Out』誌による"The 100 Greatest, Gayest Albums (of All Time)"は、その『Gay Times』誌の編集者と同じような評価基準が反映されていると言えるかもしれません。



さて、それでは100作品を100位から順に並べていきます。

... 続きを読む
スポンサーサイト
2012.10.25 Top↑
『五十六億七千万』表紙男性歌手としてCDデビュー後、性同一性障害を公表、そして性別適合手術を経て、現在では女性シンガー・ソングライターとして、主に関西方面で活動なさっている、麻倉ケイトさんの自叙伝『五十六億七千万』が、先月(2012年9月)、光文社より刊行されました。

私が麻倉ケイトさんのことを知ったのは、下のリンク先の記事がきっかけでした。

ケイト再出発!男性アーティストから歌姫に“転性”(スポニチ大阪、2010.11.20)

この時点での名義は「麻倉ケイト」ではなくシングル・ネームの「ケイト」でしたが、この記事を読んで私はケイトさんに大きな関心を寄せるようになりました。その理由は、ケイトさんが初めてメディアに登場した時から既に MtF(Male to Female)だったのではなく、一度は男性歌手として世に出ていたかただったからです。

男性歌手として大手のレコード会社からCDをリリースしていたアーティストが、性別適合手術を経て再デビューしたというケースは、海外ならばマーシー・フリーなどの例が既にあります(マーシー・フリーについての当ブログのエントリはこちら)。あるいは、女性歌手としてデビューしていたかたが男性歌手として再デビューというケースであれば、日本でも既に Girls to Men のサクヤさんなどの例があります(当ブログの Girls to Men についてのカテゴリはこちら)。が、男性歌手としてメジャー・デビューなさっていたかたが女性歌手として再デビューしたケースは、日本ではケイトさんが最初ではないでしょうか。

そうしたケイトさんの経歴は、上のリンクの記事中でも触れられていますが、このブログでも紹介させていただきます。

2012.10.21 Top↑
ほぼ1年ぶりの更新となります。このブログをお読みくださっていたみなさまには、長きに渡って更新をお休みしてしまったことを、ここにお詫びいたします。本当に申し訳ありませんでした。

この1年間、どうしていたのかというと、昨年末から体調が大幅に悪化し、今年の初めごろから3週間に渡って入院していました。退院後も体調は安定せず、発熱や咳が続いていただけではなく、手足に力が入らなくなり、ペットボトル飲料のフタを自力で開けることができなかったり、横になっている状態から自力で立ち上がることさえ困難な状況でした。

現在では発熱も治まり、手足も普通に動くようになって、どうにか普通の生活を送れるまでには回復しましたが、気管支にできものがあるのが原因で、依然として咳には苦しんでいます。薬での治療のため、回復に時間がかかっており、飲食店のような場所で友人と歓談に興ずることもできません(声を発すると咳が止まらなくなるのです)。また、映画館や図書館、コンサート・ホールやライヴハウスといった場所も、咳のせいで他のお客さまがたに迷惑をかけてしまうので、長く足を運んでいません。

そのようなわけで、以前のような頻度でライヴ・レポを更新していくことは現状では無理なのですが、できる範囲でブログの更新を再開していきます。

いったいどの程度のかたが、このブログの再開を待ってくださっていたのか、私にはわからないのですが、今後もご高覧をいただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。
2012.10.21 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。