上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
といんちピクルスショー フライヤー10月31日は、西麻布にある Rainy Day Bookstore & Cafe にて行なわれた、とんちピクルスさんの5曲入りの新作『RECODAS』のレコ発ライヴ『10" PICKLES SHOW(といんちピクルス ショー)』に足を運んでまいりました。

『RECODAS』は、サニーデイ・サービスの曽我部恵一さん主宰による ROSE RECORDS から10月10日にリリースされた、アナログの10インチ盤です。取り扱いのある JET SET RECORDS や ROSE RECORDS のオンラインショップでは、店頭発売開始前から既にソールド・アウトという人気ぶり。リリースから1ヶ月を経ずして、あとは店頭かライヴ会場での販売分を残すのみとなっています。アナログ盤ゆえの完全限定生産品なので、とんちピクルスさんのファンのかたは、急いでご購入を! アナログ・プレーヤーが手元になくとも、デジタル版のダウンロードに必要なコードも一緒に封入されているので大丈夫ですよー!

会場の Rainy Day Bookstore & Cafe は、雑誌『SWITCH』や『Coyote』のスイッチ・パブリッシングさん直営のブック・カフェです。東京メトロ表参道駅からは徒歩15分、隠れ家的な雰囲気の洒落たカフェやレストランがあちこちに点在している住宅街の中にあります。文学部の学生にはきっとたまらないであろう、知的で落ち着いた雰囲気の、素敵なカフェです。ちなみに、ここで私が注文したドリンクは、とんちピクルスさんも大絶賛という特製のサングリア。飲みやすくて美味しかったです。

Rainy Day Bookstore & Cafe 店内
※今回のライヴは演奏中の写真撮影は不可だったので、
開演前の店内の様子をば。


今回のレコ発ライヴには、ゲストとして ROSE RECORDS の曽我部恵一さんもご出演。そして、曽我部さんととんちさんが出会うきっかけを作った小池アミイゴさんが、PAやDJ、イラストの上映、さらには鍵盤ハーモニカの演奏で自らもゲスト出演なさるなど、八面六臂の大活躍でした。

全体の構成は、最初にとんちさんのステージ。続いて曽我部さんのステージ。そして後半は、とんちさんと曽我部さんのトーク・ショーからスタート。レーベル運営のあれやこれやについて、とんちさんが曽我部さんにインタヴューするという、興味深い内容でした。そして最後は、再びとんちさんのステージ。

ちなみに私は、曽我部さんのパフォーマンスを生で拝見するのは、今回が初めてでした。不勉強ゆえ、曽我部さんの熱心なファンのかたたちからすれば素人めいたことしか書けないのですが、私が受けた印象を素直に言葉にすると、曽我部さんの歌と音楽は、生きていく上での不安というネガティヴな感情を背景にしつつも、しかしリスナーやオーディエンスの不安を煽るような形ではなく、むしろ励ましたり寄り添ったり、前向きな気持ちにしてくれる、そんな印象でした。今回パフォーマンスされた楽曲の中では、特に「おとなになんかならないで」が説明しやすいのですが、幼い我が子への愛情が優しく感動的に歌われているこの曲の背景にあるのは、実は「いつかはこの子も大人になって、自分のもとから離れていってしまうのだろう」という不安、というか寂しさ、なんですよね。だからこそ、とても切ない。また、ラストに歌われた「満員電車は走る」も、先の見えない人生の不安が歌われているのだけれど、リスナーの不安を煽り立てるような曲ではなくて、リスナーの人生を肯定し、寄り添ってくれる、力強い曲です。だからこそ、精神的な拠り所を求めている人の心に、曽我部さんの歌はザクザクと突き刺さってくる。私は今回のライヴを最前列で拝見していたのですが、この「満員電車は走る」の終盤部分の演奏を生で、しかも最前列で観ると、本当に圧倒されます。すごい体験でした。私と一緒にライヴを観ていた曽我部さんのファンの女性のかたは号泣なさってました。みなさんも、オフィシャルのミュージック・ヴィデオをご覧になって、その凄まじさを是非イメージしてみてください。いや、本当に凄かったんですってば。

曽我部恵一BAND「満員電車は走る」【Official Music Video】(YouTube)



さてさて、私のお目当てであった、とんちピクルスさんのステージ。

... 続きを読む
スポンサーサイト
2012.11.04 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。