FC2ブログ

肉体派のジェンダー・ベンダー・アーティスト、サー・ジェット。

アメリカのゲイ向けポータル・サイト、EDGE on the Net は、政治やビジネスに関するニュースも掲載されてはいますが、中心となっているのは、全米各地のナイトライフ情報。

写真によるイヴェント・レポートも非常に充実していますが、これもやはり、多くはクラブ・イヴェントのものです。

昨年末には全米各地でニュー・イヤーズ・イヴ関連のクラブ・イヴェントが開催されたようですが、それらの様子も EDGE on the Net ではフォト・アルバム形式で紹介されています。そのフォト・アルバム群を眺めていて、ひときわ強く私の目を惹きつけたのが、今回紹介するサー・ジェット (Sir JET)というシンガーです。

サー・ジェットは、ロサンゼルスを拠点としている、オープンリー・ゲイのシンガーです。昨年末の12月29日に行なわれた Anthem Saturdays というクラブ・イヴェントでのライヴの模様が、EDGE on the Net で紹介されていました。

Sir JET Live At Anthem Saturdays @ MJ's Bar :: December 29, 2012 (EDGE on the Net, 2012.12.31)

このフォト・アルバムを見て私は初めてサー・ジェットのことを知ったのですが、これがなかなかインパクトのあるヴィジュアルでした。

こんな感じ。
Sir JET Live At Anthem Saturdays @ MJ’s Bar


たくましく鍛え上げられた男性の肉体美を誇示しつつ、その男性の肉体美を装飾しているのは、女性用のファッション・アイテムとメイク。

こうしたスタイルのパフォーマーは、トランスヴェスタイトとはまた違いますが、強いて分類するならばドラァグ・クイーンに属します。このスタイルは何もサー・ジェットの専売特許ではなく、有名なところではケヴィン・アヴィアンスや、近年では日本で人気のジョンテ☆モーニングなども、男性のたくましい肉体美の誇示と女性用のグラマラスなファッション・アイテムの融合スタイルの持ち主です。

こうしたスタイルのドラァグ・パフォーマーの多くは、実は黒人のアーティストです。その理由はわかりませんが。

それなので、白人のサー・ジェットは、私には非常に珍しいタイプのアーティストに思えたのです。鍛えられた肉体美を誇る白人ゲイ・シンガーは、大抵は野郎っぽさを強調しているので。

サー・ジェットの経歴について調べてみると、そのステージ・ネームとヴィジュアルが次々と変遷しているところも、興味深い点でした。

続きを読む

スポンサーサイト