FC2ブログ

"Serious Playground"観覧記

2013年1月17日(木)は、池袋にあるライヴ・ハウス、鈴ん小屋(りんごや)さんにて行なわれた、鹿嶋敏行さんの企画ライヴ、"Serious Playground"に足を運んでまいりました。

会場の鈴ん小屋さんは、まるで日本料理屋さんのような内装の、和風ライヴ・ハウスです(実際に有機創作料理をいただくこともできます)。受付には玉砂利が敷かれていて、床はつやつやの板敷き。当然、土足は厳禁。入口で靴を脱いで中に上がります。出演者のみなさんも全員、靴下や裸足でパフォーマンスをなさいます。

あ、そうそう、受付でドリンクチケットとして渡されたのが、なんと本物のどんぐりでした。こういう遊び心も素敵な鈴ん小屋さんです。

※鈴ん小屋さんのサイトは、こちら

さて、今回の"Serious Playground"なんですが、このライヴは鹿嶋さんが鈴ん小屋さんからツーマン・ライヴをすすめられ、そこから企画がスタートしたのだそうです。最終的にはツーマンではなく、鹿嶋さんが「大好きな音楽仲間」と絶賛するアーティストさんが3組も出演されるイヴェントとなりました。

タイトルの"Serious Playground"は、鹿嶋さんの敬愛するローラ・ニーロの曲のタイトルから採られています。日本語にすると「真剣な遊び場」。今回の3組のアーティストさんとの共演、そしてそこから生まれるケミストリーが、鹿嶋さんには楽しくて楽しくて仕方がないのですが、だからといって馴れ合いになってはいけないという、つまりこれは、楽しい真剣勝負。まさしく"Serious Playground"なのです。

そして、これは私がまったく個人的に感じたことなのですが、この"Serious Playground"は、鹿嶋敏行版の『ソラニワ』でもあったのではないかと、そんな気がしました。

音楽性やパフォーマンスのスタイルはさまざまでありながら、そこに集った出演者たちの根底には、共通した何かがあり、その何かが響き合って、とても温かい時間と空間が生まれる――かつて鹿嶋さんが出演された『ソラニワ vol.3』(2010年11月23日開催)は、そんなライヴ・イヴェントでありました。

『ソラニワ vol.3』観覧記(2011年2月1日掲載)

今回の"Serious Playground"に出演なさった4組のみなさんも、やはり根底の部分では何かが共通しているという感触を、私は受けました。それをあえて言葉にするならば、この4組のみなさんは、世の主流に流されたりおもねったりすることなく、固有の表現世界を築き上げていて、しかもそれでいて排他的には決してならずに、いつでも扉を開いていて、どんなお客さんをも受け入れ、うたの力で温かく歓待するという、その懐の広さ、受容力の大きさこそが、根底の部分で共通していたように思うのです。

単に固有の表現世界を持っているだけでなく、その世界にオーディエンスをいざない、うたの力を媒介にして、そこにいる全員が存在を許される、誰にでも居場所がちゃんとある空間を作り出してしまう――それが、"Serious Playground"に出演なさった4組のみなさんに共通する特性であったと、私はそう思います。

うたの力が作り出す、誰もが等しく受け容れられる、遊び場。

sola さんがオーガナイズした場合に、それは『ソラニワ』と呼ばれ、鹿嶋さんの場合には"Serious Playground"と呼ばれる。

『ソラニワ』と"Serious Playground"のあいだには、同じ種類の優しさがあると、私は感じました。



今回の"Serious Playground"に集った4組のアーティストのみなさんの顔触れはというと、鹿嶋さんのほかには、アコースティック・ギターの弾き語りスタイルのヒラヲユミさん、アフリカの民俗音楽に他ジャンルの要素を加味している3ピース・バンドの Zawadi Band さん。

そしてもう1組が、とんちピクルスさんです。

続きを読む

スポンサーサイト