FC2ブログ

アンソニー・ウォンとデニス・ホーが展開する、LGBT擁護の一大キャンペーン。

数年前、このブログではアジアン・クイアー・ミュージックについて集中的に書いた時期がありましたが、私は基本的に、アジア諸国のLGBT事情、およびエンタテインメント情報について、それほど詳しいわけではありません。

※当ブログのカテゴリ「アジアン・クイアー・ミュージック」は、こちら

そういうわけで、ゲイ・コミック作家の田亀源五郎先生が1月24日付でツイートなさった内容を読んだとき、俳優のアンソニー・ウォンがゲイであることをカミング・アウトしていたのかと最初は勘違いしたのですが、そうではなく、話題になっていたのは歌手のほうのアンソニー・ウォンでした。私と同じ勘違いをしてしまったかたは、他に何人もいらっしゃったようです(笑)。

田亀先生の件のツイートが、こちら。
田亀先生の1月24日付のツイート


田亀先生は海外のゲイ関連のニュースも積極的にたくさんツイートしていらっしゃるので、そうした方面に関心のあるかたは、Twitter で田亀先生をフォローされることをおすすめします。

さて、件のツイートで名前が出てきているアンソニー・ウォン(黄耀明)は、1980年代に活躍した香港のポップ・ユニット、達明一派(タッミンペア)のヴォーカリストです。昨年(2012年)4月23日に行なわれたデビュー25周年記念コンサートの中で、ゲイであることをカミング・アウトしました。

デビュー25年目で同性愛を告白!耽美系歌手のアンソニー・ウォン―香港(Record China、2012.04.25)

【華流】達明一派アンソニー、25周年コンサートでカミングアウト(サーチナ、2012.04.26)

達明一派のメンバーは、ヴォーカルのアンソニー・ウォンと、ギターのタッツ・ラウ(劉以達)の二人。結成は1985年。UK ポップスからの影響を受けた音楽性とグラム・ロック的な耽美なヴィジュアルで人気を博しましたが、1990年には方向性の違いから解散。以降のアンソニー・ウォンはソロ・アーティストとして活躍を続けていますが、1996年と2003年、そして昨年(2012年)にも、達明一派は再結成を行なっています。

そのデビュー25周年記念コンサート『達明兜兜転転演演唱唱会』は4日間に渡って行なわれたのですが、最終日の23日のステージで、アンソニーは「忘記他是[女也]」「禁色」の2曲を歌った後、突如として自分がゲイであることをカミング・アウトしたのだそうです。

そのときのアンソニーのMCの具体的な内容が、下にリンクさせていただくブログ『華流 チャイナ日和 (又名:華流的一天)』さんの中で紹介されています。それをここにも引用させていただきます。

続きを読む

スポンサーサイト