FC2ブログ

知れば知るほど奥の深い、ニューヨークのクィア・ラップ・シーン。その2。

前回のエントリでは、ニューヨークのボールルーム・シーンを発信源とするクィア・ラップと、そこで活躍しているラッパーで、先月末に新作ミックステープをリリースした二組のうちのひとり、Le1f(リーフ)の音源や映像を紹介しました。

そして今回は、その二組のうちのもうひとり、ケイクス・ダ・キラー (Cakes Da Killa)について書いていきます。

ケイクス・ダ・キラーは、2011年に最初のミックステープ『Easy Bake Oven EP』を発表しています。そして、Le1f の新作『Fly Zone』の配信開始と全く同日の先月(2013年1月)29日に、ケイクス・ダ・キラーも、新作ミックステープ『The Eulogy』をリリースしました。

『Easy Bake Oven EP』ジャケット
『Easy Bake Oven EP』ジャケット

『The Eulogy』ジャケット
『The Eulogy』ジャケット


『The Eulogy』からの先行シングル「Goodie Goodies」のミュージック・ビデオは、今のところはまだ制作されていないようですが、前作『Easy Bake Oven EP』の収録曲「Whistle (Beat It Up)」のオフィシャル・ミュージック・ビデオは、YouTube にて視聴が可能です。ご覧になってみてください。

"Whistle (Beat It Up)"
(2012)


というわけで、ケイクス・ダ・キラーは女装ラッパーではありませんが、前回のエントリで紹介した Le1f と同様(か、あるいはそれ以上に)、日本でいうところのオネエキャラで、ギャングスタ・ラップをパフォーマンスしています。

日本のオネエタレントのみなさんをテレビ番組で見慣れている方たちの目から見ても、ケイクス・ダ・キラーのオネエっぷりは、かなりのものである気がするのですが、こうしたスタイルを採択しているにもかかわらず、意外にもケイクス・ダ・キラーは、そのインタビューの中で、クィア・ラップについて懐疑的な発言が目立っているのが私には興味深くあります。

たとえば、今月(2013年2月)8日に『Out』誌のサイトに掲載された、『The Eulogy』の紹介記事によると、ケイクス・ダ・キラーは、「『クィア・ラップ』のトレンドがどこに向かっているのかが僕にはわからなかったし、その一部にはなりたくなかった」と発言しています。

LISTEN: Cakes Da Killa's 'Goodie Goodies' (Out Magazine, 2013.02.08)

また、前回のエントリからリンクを張っている Pitchfork.com の記事によると、ケイクス・ダ・キラーは Le1f やその他のクィア・ラップの先人たちに畏敬の念を抱いてはいるのですが、しかしその一方で、ゲイのラッパーであるというだけで、彼らの二番煎じ、後追いだと思われてしまうことを、非常に嫌がり、怖れているんですね。

(註:Le1f がラッパーとしてデビューしたのは、ケイクス・ダ・キラーよりも後のことですが、すでにそれ以前から Le1f はプロデューサーとしてクィア・ラップ・シーンではよく知られた存在でした)

これらのインタビュー記事を読むかぎりでは、ケイクス・ダ・キラーというアーティストは、ゲイであることにはオープンである一方で、自分がオープンリー・ゲイのラッパーであることや、そうであり続けることについては、迷いとか怖れのような感情がある、という印象です。

『Easy Bake Oven EP』のダウンロードは、下の URL からどうぞ。
http://downtownmayhem.com/DTMRecords.html


『The Eulogy』のダウンロードは、下の URL からどうぞ。
http://mishkanyc.bandcamp.com/album/the-eulogy




さて、私は前回のエントリで、ニューヨーク・クィア・ラップが現地ではどのように受容されているのかが、インターネットによるリサーチだけではわかりづらい、と書きました。

その感触に、依然として変化はないのですが、先に紹介した YouTube の「Whistle (Beat It Up)」のコメント欄に、興味深い投稿がありました。

続きを読む

スポンサーサイト